「タリオ 復讐代行の2人」 最終話 ネタバレ感想~どうしても勧善懲悪を求めてしまう!

スポンサーリンク

「父は正義か悪なのか? 最後の復讐」

あらすじはコチラ

久しぶりに父親に会った真実(浜辺美波)。
12年前に崖から落ちて記憶喪失になっていた父(エンケン)は記憶喪失で真実の事も覚えていない。
父は詐欺事件の真相究明に繋がる資料を持っていた。
黒幕がエンケン父だったと思った真実は弁護士・鮫島(いとうせいこう)に資料を渡す

黒岩(岡田将生)は鮫島が怪しいと思い罠を仕掛けた。
鮫島にしか教えていないスマホの番号。
その番号に電話がかかってきて襲われてしまった。
黒幕は鮫島なのだ。
エンケン父は「正義の味方」だった。
鮫島に父の居場所を教えてしまった真実。
エンケン父は襲われていた。
エンケンに「もしかして娘なんじゃないか」と言われた真実だが、「おじさんの娘がこんなに美人なわけないじゃないですか」と答えた。
短刀を持って鮫島を襲おうとする真実を黒岩が止めた。
「お前は俺と一緒にいるからこんなバカなことを考えるんだ。
父さんの元に帰れ。」
・・・しかしエンケンは姿をくらましたあとだった。


翌日、鮫島の事務所に泥棒が入った。
何も取らずに逃げたが、デスクの上に怪しい書類が。
鮫島は横領で捕まった。
鮫島を危険人物と察知した政界の大物達が鮫島を警察に売った。

窃盗未遂をしたのは黒岩。
真実は黒岩の事務所を訪れた。
今回は鮫島を見逃す。
「いつか必ず弁護士に戻れ。
いいな。」
黒岩はしばらく姿をくらまそうとしていたが、真実はドラマのエキストラの中に父がいたから一緒に探しに行こうと黒岩を誘う。



このドラマの復讐は倍返しでも三倍返しでもなく・・・等倍返しだと説明されていたが・・・。
いとうせいこうは殺人未遂とか殺人教唆とか・・・してるよねぇ。
なのに横領だけで捕まるの・・・。
で、エンケンの記憶は戻らないまま。
多少、スッキリできるかと思ったんだけどなぁ。

浜辺美波ちゃんの滑舌。
それを補う岡田将生君の滑舌。
なんで父親を信じられなかったのか。
てっきり、真実も真相に気づいていると思ったのに。
案外どんくさい浜辺美波。
かなり有能な岡田将生
このコンビは良かったんだけど。
やっぱり・・・スッキリを求めてしまうw
やっぱり・・・勧善懲悪を求めてしまうのよねぇ。

父親を探しに行くのに黒岩を連れていくのは・・・なんか彼氏を紹介するみたいで可愛いなぁ。
まぁ、続編がありそうな終わり方かな。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

その他の感想はコチラ
「タリオ 復讐代行の2人」 第1話 ネタバレ感想~復讐弁護士と詐欺師のバディ
「タリオ 復讐代行の2人」 第2話 ネタバレ感想~伊藤歩教祖様~~~ッ!!!
「タリオ 復讐代行の2人」第3話 ネタバレ感想~岡田将生詐欺師の過去も知りたい!
「タリオ 復讐代行の2人」 第4話 ネタバレ感想~パパ活だと思ったらホントのパパだった!
「タリオ 復讐代行の2人」 第5話 ネタバレ感想~中山忍ですもの。
「タリオ 復讐代行の2人」第6話 ネタバレ感想~正義とはなんぞや

キャスト
白沢真実(浜辺美波)
黒岩賢介(岡田将生)

ゲスト
いとうせいこう,徳井優

コメント