「タリオ 復讐代行の2人」 第2話 ネタバレ感想~伊藤歩教祖様~~~ッ!!!

スポンサーリンク

あらすじはコチラ

教祖と敵対する旅館の辰造(阪田マサノブ)の手助けもあり・・・なんやかんやで真相にいきつく。
教祖の部屋にあった黄リン・・・リンと同素体のその薬品で、発火までの時間をコントロールすることができる。
ろうそくの芯に仕込んでおけば、一度消したろうそくに自然に火をつけることも可能。
やっと教祖(伊藤歩)を追い詰められる!

と思ったが拘束されてしまう白沢(浜辺美波)と黒岩(岡田将生)と辰造。
「あなたたちの中に 私の信者となると誓う者がいるのならば最初に名乗り出た1人だけは助けて差し上げます。
さあ どうする?」
と言い出した教祖様。
すかさず黒岩が寝返った。
教祖は火をつけられない。
辰造と仲間だったからだ!



辰造は黄リンが自然発火することも知っていたし、エーテルの瓶を置いたのも辰造だった。
教祖は火をつけようとしたが、辰造は教祖の仲間だと認めた。
「この男(黒岩)の言う通りだよ!村の人間から金をまきあげようとしたんだよ!」
教祖様逮捕。
しかし妻を呪い殺された和紙職人(竹原ピストル)の妻は帰ってこない。
教祖を殴ろうとしたが止める黒岩。
「あんたのせいで美代子は…。」
「これで満足?
あなたは 奥さんが こんな村でいつまでも和紙造りにこだわるあなたにとても大きな不安を感じていたのをご存じでしたよね。
私は彼女を癒やし その不安を取り除いて差し上げていたのです。
そんな彼女を あなたは厳しく責めた。
あなたの奥さんを殺したのはあなた自身だったんです。
わかっておられたんでしょ。
そうそう。
この村は間もなく地獄の炎に焼かれることになるでしょう。」
教祖は元薬品メーカーの営業部門のOL。
法律にも科学にも詳しかった。
未来に見切りをつけた教祖様と辰造は意気投合w

黒岩は辰造がグルだったかどうかは五分五分だと思っていたが、最悪自分は助かると思っていたらしい。
そんな黒岩だが報酬は白沢によって辞退されていた・。
自分たちがやったことが正しいか自信を持てなかったからだと言う。
そして白沢・・・黒岩の事務所に引っ越し!!


ひたすら伊藤歩ちゃんの動きに驚く。
振り切ってたなぁ、キレがあったなぁ(爆)
もう「トリック」だなぁ。
どうしても山田奈緒子を思い出すよね。
寝言まで言うんだもんなぁ。
「トリック」同様、この雰囲気のドラマはゴールデンではないほうが良かったかも時間帯は「よるドラ」のほうが良いかもねぇ。

浜辺美波ちゃんは・・・仲間由紀恵さんより聞き取りづらく。
「私たちはどうかしている」のときはそこまで気にならなかったけれど、弁の立つ弁護士役だとちょっと聞き取りづらいわ。
その点・・・岡田将生くんは滑舌が良いので助かる!
補完できる!!

竹原ピストル・・・妻を亡くしたというのに、教祖に「あなたが殺した!」なんて言われちゃって。
誰かフォローしてやれよ。
悪いのは教祖じゃねーか。
そりゃ人間は弱い生き物だから、誰かにすがりつきたいのはわかりますよ?
だけど・・・インチキ教祖にあんなふうに罵られるなんて・・・。
やっぱりフォローしてあげてよって思っちゃうよね。
黙っているとこをみると、みんな教祖と同じように夫が悪いって思っているのか?
もうあの村で生きていけねーな、ピストル。

で、あの村・・・ホントに燃えたんだけど・・・ま・・・偶然よね?

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

その他の感想はコチラ
「タリオ 復讐代行の2人」 第1話 ネタバレ感想~復讐弁護士と詐欺師のバディ
キャスト
白沢真実(浜辺美波)
黒岩賢介(岡田将生)

ゲスト
伊藤歩,竹原ピストル

コメント