「恋する母たち」 第5話 ネタバレ 感想~吉田羊がメスだった

スポンサーリンク

「恋の代償を払う時」


柴門ふみ『恋する母たち』

あらすじはコチラ→

石渡杏(木村佳乃)
息子・研(藤原大祐)の誤解は解けたもののちょっとギクシャク。
しかも斉木(小泉孝太郎)が元妻・由香(瀧内公美)と会っているのを見て、嫉妬。
斉木はユカが肺がんだから相談に乗っていたというが信じられない。
ユカが働くスナック?に行ったもののバカにされているように感じてしまう。
そんな時、元夫・慎吾(渋川清彦)が「助けてくれ」と杏に会いに来た。

蒲原まり(仲里依紗)
丸太郎(阿部サダヲ)と一晩を過ごすが最後の一線だけは越えなかった。
帰宅すると夫・繁樹(玉置玲央)のテレビの密着取材が。
繁樹は長男・繁秋(宮世琉弥)はハワイに留学中だということにしろと命令。
繁樹の傲慢さに耐えられないまり。
そんな時シゲアキは落語家になりたいと言い出す。
丸太郎に相談したまりだが、弟子にはしないと言われてしまう。


林優子(吉田羊)
シゲオ(矢作兼)に赤坂(磯村勇斗)とキスをしているところを見られた優子。
シゲオは大介(奥平大兼)を連れて与論島へ移住すると宣言。
離婚はしない。
大輔は実は優子の不倫相手の子供だった。
シゲオとも別れて一人で出産しようと思ったが、シゲオは受け入れてくれた。
そしてまた好きな人ができた。
そんな時優子は栄転が来ます。
赤坂に別れを告げる。
大輔が与論島に旅立つ日。
「研が好きだ」
と告白され驚く。
男の人を好きになってしまった。
東京にいるのは苦しい。
だから与論島に行くのだ。
優子は男が男を好きでも女が女を好きでも、男が女を好きでもおかしくはない。
恋は尊いと伝えた。



木村佳乃のターンが一番面白く無いw
人ってのは不倫のほうが楽しいのかしら?
いや・・・楽しくはないけど。
「ちっ!めんどくせーな!」
と小泉孝太郎のセリフ。
予告で見たときは、孝太郎なんてことを!
なんて思ったけれど、木村佳乃・・・ホンマに面倒だった(爆)
そりゃさ、元妻と一緒にいるのを見るのはイヤだと思うけど、責めすぎ。
ま。。。ただ・・・小泉孝太郎の元妻はヤバすぎ。
そんな妻を選んだ孝太郎もヤバい。
良い人だと良いけど。

仲里依紗一家。
これは・・・あの不倫女に潰されるに100万点やな。
ただで清むとは思えないんだ、あの人。
子供は・・・中退するのかな?
落語家ねぇ・・・。
ボンボンなんだね。
落語家なんて。。。
丸太郎の弟子になれるのも微妙よね。
一線は越えていなくてもキスはしてるんだしw

で・・・一番ヘヴィーなのが吉田羊。
息子は夫の実子ではないし、不倫も何回目なのかわからんよ。
あんなに仕事が出来て有能な人が不倫をする。
これはリアルなのかねぇ。
不倫はバレたものの息子とのわだかまりは解けた感じ・・・。
そっか研が好きだったのか。
大輔は内部進学だけど研は外部から入学したんじゃなかったっけ?
登校拒否と言っても、何回か研に会っているのかな大輔は。
研は綺麗な顔しているしなぁ。
惚れちゃうよね。
来週は不倫の代償ってことは。。SNSも炎上しちゃうのかしらねぇ

しかし三人が集まるカフェ。
いくら食事しないと行っても、低すぎない?
もっと違う店にすれば良いのにw

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「恋する母たち」 第1話 ネタバレ 感想~ドキドキ不倫じゃないヤツ。でもベタなヤツ。
「恋する母たち」 第2話 ネタバレ 感想~落語家の不倫は許されるんでしょ?
「恋する母たち」 第3話 ネタバレ 感想~磯村勇斗が全裸待機!もうガマン出来ない!
「恋する母たち」 第4話 ネタバレ 感想~性欲に支配されている(驚)
キャスト
石渡杏(木村佳乃)
林優子(吉田羊)
蒲原まり(仲里依紗)
斉木巧(小泉孝太郎)
赤坂剛(磯村勇斗)
山下のり子(森田望智)
斉木由香(瀧内公美)
林大介(奥平大兼)
蒲原繁秋(宮世琉弥)
石渡研(藤原大祐)
八木尚人(カズマ・スパーキン)
石渡慎吾(渋川清彦)
蒲原繁樹(玉置玲央)
林シゲオ(矢作兼)
石渡綾子(夏樹陽子)
今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)

コメント