「先に生まれただけの僕」 最終回 ネタバレ 感想~専務と秘書のナゾ

スポンサーリンク

「先に生まれただけの僕」 最終回(第10回)

あらすじはコチラ→公式サイト
聡子(多部未華子)から別れを告げられた上に、加賀谷(高嶋政伸)からは京明館の校長を続けたいなら会社を辞めて転籍するよう迫られた鳴海(櫻井翔)。

思うように入学希望者が集まらないので焦る先生たち。
事務長(風間杜夫)は、多部ちゃんにフラれたことと、転籍の話を知っていた。
しかし、風間杜夫は櫻井校長の事を考え、樫松物産に戻って多部ちゃんと結婚した方がいいと勧める。
京明館への愛情を心に残しつつ、鳴海は樫松物産に戻ることを決意し、多部ちゃんにも再度プロポーズする。

いろ~~~んな先生から、相談を受けていた井川遥先生は、荒療治?で、多部ちゃんと蒼井優を引き合わせる。
飲みながら女子会。
酔っ払って女子会。
蒼井優・・・失恋。

櫻井校長は、樫松物産を辞め、校長になることを決意。
校長を続けるが、やっぱり結婚してほしいと多部ちゃんに
プロポーズ。

んでもって、2ヶ月後、入試。

5ヶ月後、部活動の成績もよく、去年の進学実績も良かったらしい。

高嶋政伸専務は、キングオブモンスターペアレントになっていた。




あらら。
駆け足だったわ。
こんなにサクサクうまくいくか!ってツッコミは否めない。
否めないけど、面白かった。
そして、あの終わり方はちょっとなぁ。
なんで、あんなふうにしたんだろう??

サトは嫌な女だったなぁ。
多部ちゃんだったから許せたけどw←多部ちゃん贔屓
大変な時期に、電話で別れを切り出したり、事務長に個人情報ダダ漏れにしたり、蒼井優先生に近づいたり・・・・。
そんなに婚約指輪が欲しいかなぁ。
ワタシだったら、自分で選びたいなぁ(爆)←どうでもいいかw
大変なときに支えあえない二人だからねぇ。
これから大変そう。
でも、二人が結婚したのは良かったよ。
櫻井校長は誠実だね~。
そんな誠実な男が惚れたんだから、きっといい娘さんだったんだろう。
何より、事務長が大喜びだったんだから、これで良かったんだ!!

瀬戸康史と蒼井優も恋が始まりそう。
まさか瀬戸康史までもがうまくいくとは思わなかったからw

で、専務と専務の秘書はなんだったんだろう?

なんで秘書は櫻井くんに校長を続けてほしかったの?
なんで専務はあんなに櫻井くんのことを目の敵にしてたの?

なんだかわからないまま、高嶋政伸の顔芸で終わってしまった。
顔、まっかっかやったなぁ(爆)

このドラマ、アラフォーのおばさんには響いたわ!!
小中高生が見て共感できれば良いんだけど。
小中高生にこそ見て欲しい。
櫻井校長は金八みたいに、説教臭くないとこが良かった~w

もっと時間があれば、専務の野望を見られたのかしら?
やっぱりあそこまで目の敵にする理由をはっきり知りたかった。
そして、木下ほうかのその後も気になる。
もう一回くらい出てくると思っていたのに。

櫻井くんが校長先生を辞めないなら、この後続編はいくらでも作れそう。
SPドラマにはもってこいだと思うんだけど??
視聴率も悪かったみたいだしないかねぇ。
櫻井くんは執事より、家庭教師より、この校長先生がハマリ役だったよ~。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッとしてくださると嬉しいッ!

主題歌はコチラ

「Doors ~勇気の軌跡~」嵐

感想はコチラ
「先に生まれただけの僕」 第1回 ネタバレ 感想~”zero”っぽい櫻井翔校長 
「先に生まれただけの僕」 第2回 ネタバレ 感想~女子3人グループは地獄 
「先に生まれただけの僕」第3回 ネタバレ 感想~高校生はそんなに子供ではないぞ!
「先に生まれただけの僕」 第4回 ネタバレ 感想~世の中理不尽なことばかり。
「先に生まれただけの僕」 第5回 ネタバレ 感想~ペップトークで先生も生徒もWINWIN
「先に生まれただけの僕」 第6回 ネタバレ 感想~ジャニーズで一番教師が似合う男・櫻井翔です。
「先に生まれただけの僕」 第7回 ネタバレ 感想~福士誠治がモラハラ夫予備軍に見えた件
「先に生まれただけの僕」 第8回 ネタバレ 感想~夢は諦めるな!とも諦めろ!とも言えない。
「先に生まれただけの僕」 第9回 ネタバレ 感想~多部ちゃんが歌上手だった件
出演
鳴海涼介 … 櫻井 翔
真柴ちひろ… 蒼井 優
島津智一 … 瀬戸康史
市村 薫 … 木南晴夏
矢部日菜子… 森川 葵
後藤田 圭 … 平山浩行
河原崎孝太郎…池田鉄洋
及川祐二 … 木下ほうか

松原聡子 … 多部未華子

綾野沙織 … 井川 遥
郷原達輝 … 荒川良々
杉山文恵 … 秋山菜津子
加賀谷圭介… 高嶋政伸
柏木文夫 … 風間杜夫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加