「コウノドリ」第3話 ネタバレ 感想~自分でイクメンって言う男が嫌い。

スポンサーリンク

「私はダメなお母さん・・・?」
気になる、メアリージュンの産後うつ・・・。

泣いてるよ?じゃねーーよ!!

こういう奴に限って「イクメン」って言うんだよね!って思ったら、ホンマに言いやがったぜインティライミめ!!!

そして迷信ばかり信じる川栄李奈の登場。

広告


金曜ドラマ「コウノドリ」第3話 第3話「母を救え産後うつと無痛分娩」
[あらすじ]

サクラ(綾野剛)の健診を受ける妊娠36週の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)。
素直な性格の麗子は、親や友人に言われた迷信をすぐに聞き入れてしまい、いつもサクラを困らせていた。この日、心臓病を抱える麗子に心臓への負担を考え、サクラは無痛分娩を提案するが、それに対しても麗子は周りの意見に左右されてしまい…

一方、無事に出産を終えたキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)は、生後2ヶ月半を迎える赤ちゃん・みなみの心室中隔欠損の診察の為、新生児科を訪れていた。診察している間も、みなみの顔を見ずに自分の仕事復帰の話をする彩加を見て白川(坂口健太郎)は違和感を感じていた。
さらに、サクラと小松(吉田羊)は偶然、診察のあとの彩加と出くわす。そこでも泣いているみなみをあやす事なく歩く彩加。その姿に、サクラはある妊婦の姿を重ね合わせていた。

そんな中、みなみを預ける保育園が見つからず、思いつめた彩加は、赤ちゃんを病院の受付に残したまま姿を消す───。

[HPから引用]

【メアリージュンの場合】

「泣きたいのはこっちだよ」

コレ、お母さんあるあるだよねぇ。
で、こんなことを思ってしまった自分に泣けたり。
そういうもんなんだよなぁ。
何年も経てば、毎日睡眠時間が無くても、赤ちゃんの時代が一番可愛いと思える時が来る!はずw

にしても・・・・実の母親にも夫にも追い詰められちゃって。
最後には、プロジェクトのリーダーが同期に変わった。
で、決定打。

赤ちゃんを道連れにせず屋上に行ったのはまだ良かった・・・。
いや・・・良くない。

警備員がいるのに、なんで屋上の鍵が空いてんだよ!!

死ぬか生きるかの時、やってきたのはしのりん(星野源)が止めに来た。

「先生に私の気持ちはわからない。」

わからないことは認めるしのりん。
でも・・・でも・・・・
暖かい手を差し伸べる。

+++++

「何やってんだよ。
夫婦は二人で一人じゃないか!」

てめぇこそ何やってんだよ!と思ったワタシ。
しのりんも同じ気持ち?だったらしく

「人間は死ぬまで一人だ」

と叱る。

だから尊重し合うんだと。

病院で飛び降りようとするのは本気で死にたいわけではないと思う。
誰かに止めてもらいたい。
誰かに話を聞いて欲しい。
インティライミが聞いてやらねーからこんなことになったんだよ。

「母親としても、ダメ。 」
「誰も私を必要としていない。」
こんなことを思わせたのは、誰?

責められるだけじゃ、夫も可哀想。
大森南朋先生が夫を慰める。
「僕も家に帰れていません。」
大森南朋先生も同じ。
ただ「イクメン」と思っているか思っていないか。
子育てを手伝えなくても、「感謝の気持ち」を伝えるか伝えないかできっと違うのよ。
お母さんは。

誰からも必要とされてないなんてことは絶対ないんだよ。
赤ちゃんはお母さんが大好きなんだから。
おっぱいがでなくても、仕事で保育園に預けられたとしても。

メアリージュンは精神科にかかることになった。

広告

【川栄の場合】
川栄はめっちゃ赤ちゃんのことを考えているんだねぇ。
考えているんだけど、婆ちゃんやかあちゃんや友達の意見に振り回される。
持病があるから「無痛分娩」で出産をすることになっているのに、痛みを感じなければ出産じゃないとか・・・。

まだまだいるよねぇ。こんなこと言う奴!

無痛分娩、帝王切開。
お腹を痛めた子じゃないといけない。
母乳育児でないといけない。
赤ちゃんを産んだばかりの母親や妊娠中の女性に、無責任なことを言って追い詰めるやつってただのバカ?
大きなお世話なんだよ。
同じ女なんだから、気持ちを推し量ってあげればいいだけなのに。

「子供を産んでいない女は一人前じゃない。」

なんて言う奴もいるよねぇ。
そういう奴って幸せじゃないんだろうねぇ。

おばあちゃんの
「火事を見たら赤ちゃんにあざができる。」
なんて、可愛いもんだねぇ。

こんなことで、診察を受けにこられたら、お医者さんも大変だねぇ。
ただ、この夫婦。
川栄の夫・喜矢武はチャラいけど、めっちゃええ子
この夫なら、川栄を支えてくれるし、勉強はできなくても、きっといい子に育てる。
今のところ、インティライミよりずっとお父さん。
でもインティライミもまだまだ取り返せる。
心を入れ替えて頑張れ!!←何様?

広告

メアリージュン、お芝居がうまい!

こんなにうまかったのねぇ。
本当に辛そうで、本当にうつに感じたよ。
「産後」って付くだけでカジュアルに捉える・・・ってありがち。
「うつ」って、産後だから更年期だからって軽いわけではない。

イクメンじゃなくて父親になるから

って言ってくれたから、きっとうまくいく____。
と思いたいっすね。

しっかし

もう産科にはくんな、バーカ

って言われちゃったジュニアくん。

内科でも「180」の血圧って高いんじゃないの?
ジュニアとコードブルーの有岡がかぶるよねぇ。
こういう役は病院ドラマには必要か。

しっかし、職場でビンタはアカンやろ!
んで、ビンタで終わるなよ!
ってか、松岡茉優の方がジュニアより年下に見える!

前作はコチラ

原作はコチラ

『コウノドリ』(講談社刊)/鈴ノ木ユウ

主題歌はコチラ

主題歌 – Uru「奇蹟」

感想はコチラ
「コウノドリ」第1話 ネタバレ 感想~志田未来ちゃんは常に妊娠している。
「コウノドリ」第2話 ネタバレ 感想~夫が福士誠治なら幸せ。
「コウノドリ」第3話 ネタバレ 感想~イクメンって言う男が嫌い。
「コウノドリ」第4話 ネタバレ 感想~ママタレを起用するリスク
「コウノドリ」第5話 ネタバレ 感想~篠原ゆき子さんの出産シーンが壮絶
「コウノドリ」第6話 ネタバレ 感想~救命を舐めるな!
「コウノドリ」第7話 ネタバレ 感想~甘えさせてくれる人は甘えるのが苦手
「コウノドリ」第8話 ネタバレ 感想~伸びた鼻は折られる
「コウノドリ」第9話 ネタバレ 感想~失うのが怖くて喜べない。
「コウノドリ」第10話 ネタバレ 感想~産まれる命と産まれない命
「コウノドリ」 第11話(最終回) ネタバレ 感想~羊水塞栓症が怖すぎて。
キャスト
鴻鳥サクラ … 綾野 剛
下屋加江 … 松岡茉優
小松留美子 … 吉田 羊
白川 領 … 坂口健太郎

大澤政信  … 浅野和之
向井祥子  … 江口のりこ
赤西吾郎  … 宮沢氷魚
倉崎恵美  … 松本若菜

四宮春樹 … 星野 源
今橋貴之 … 大森南朋

ゲスト
佐野彩加 … 高橋メアリージュン
佐野康孝 … ナオト・インティライミ
山崎麗子 … 川栄李奈36週の妊婦。
山崎友和 … 喜矢武 豊麗子の夫。
三浦芽美 … 松本穂香

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まるこ より:

    高橋メアリージュン、ついに追い詰められちゃいましたね。
    ナオト、何がイクメンだよ怒!!!って感じです。イクメンなら早く帰って奥さんに楽させろよ!!
    後輩が来ることになったら、高橋メアリージュン分かりやすいくらい気合い入れて部屋片付けて、お化粧もバッチリになってましたね。でも、仕事が自分の知らないところで進んでいたり、リーダー変えられてたりするとこういうバリキャリの人は焦っちゃうんでしょうね(-。-;

    警備員も、赤ちゃんを夜に連れて来る若い女の人いたら、止めてくれって感じですが笑。
    コウノドリ先生が行くのかと思いきや、しのりん登場!!素直に精神科行ってくれることになって良かったです笑。
    精神科とか出すと、拒否る人もいそうですよね。。。
    川栄は、ある意味なんでも信じちゃういい子なんでしょうけど、他人の意見を全部鵜呑みにしちゃうのはあかんです笑。
    しかし、出産間際の妊婦に、余計なこと言う友達は友達じゃないですよ!!!怒
    本当、今だに痛み感じないと出産じゃないとか言う奴いますよね!芸能人でも、下から産むことにこだわった人とかもいますしね。。。(-。-;
    産むことがゴールじゃないって、本当染みました笑!まさに、そうだ!!コウノドリ先生さすがって感じです(*つー`*)
    医療ドラマに、パパが医者の二世ってたしかに鉄板なのかもですね!
    川栄夫の喜矢武豊はナオトよりイクメンになりそうですよねo(^-^)o

    • tarotaro より:

      まるこさん、書き込みありがとうございます。

      ナオトのように「自称:イクメン男」が大嫌いです。
      1回おむつ替えたくらいで、イクメンとか言うやつ。
      奥さんが疲れているんだから、食事も掃除も外注してやればいいのに。
      休みの日は、少しくらい楽にさせて上げればいいのに・・・。
      バリキャリの焦りも気づいて上げてほしいですよね。
      イクメンどころか、夫としても失格です。

      警備員は無能でしたね。
      この手のドラマではよくありますが、病院の屋上って開放されているものなんでしょうか。
      ワタシは病院の屋上に行ったことがないので・・・。
      しかも暗くなってましたよねぇ。
      精神科がある病院ならなおさら、屋上は開放していないんじゃないかなって思うんですけどね。

      しのりん、前のシリーズとキャラが少し違いますよね。
      メアリージュンに精神科を案内するのをコウノドリ先生に任せたとこも、素敵ねぇって思っちゃいました。
      死にたいって思ったら「心療内科」ではなく「精神科」にかかったほうがいいみたいですね。

      川栄は、かわいいんでしょうけど、フラフラしすぎ~w
      でもお医者さんのいうことを素直に聞いたので、大丈夫かなと。
      なにより、夫ちゃんが良いですもんね~。
      二人でバカなことで悩みながらも、地についた子育てをしていけそう。
      素直さって大事w
      そして喜屋武くんはメイク取ると誰だかわかんなかったですw

      出産も子育ても、上から目線で「アドバイス」する人は苦手です。
      あとふる~~~い育児法を押し付けるおばさんも。
      子育てなんて十人十色。
      みんな違ってみんな良いですよね。
      出産も結婚もゴールじゃないですね~。
      ゴールだと思っていた場所がゴールではないことも多いですしね。