「女子的生活」 第1回 ネタバレ 感想〜志尊淳が程よく綺麗

スポンサーリンク

「女子的生活」第1回 「みんなの夢」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

坂木司「女子的生活」(新潮社)

見た目は女性。中身は男性でもでも恋愛対象は女性の志尊淳(みき)
はOLとしてファッション会社で働いている。

上司の羽場裕一や同僚のかおり(玉井詩織)や仲村(玄理)ら公認のいわゆるトランスジェンダー。

ある日、同級生だった後藤(町田啓太)が訪ねて来る。志尊淳の姿を見て驚く町田啓太だったが「お金がなく頼る人間がいないので助けて欲しい」と言う。
給料日まで泊めてやるかわりに、「合コン」をセッティングさせることに。

合コン当日、志尊淳の前に、ゆい(小芝風花)という自然派気取りの女が現れる。

志尊淳と小芝風花は、「女」同士のバトルを繰り広げる。
互いにマウティング仕合うが、最後には志尊淳がトランスジェンダーなのをネタバレ。

そこから2人は意気投合。
仲良くなってホテルへ、ゴー!!

彼氏がいる小芝風花。
だけど、目の前の人を優先したいと言う。

事後、先にホテルを出た志尊淳。
帰宅して町田啓太と合コン後のことを報告。

「自分は今しかない。
年取って女装がキモくなったらどうしようもない。ゲームでしか一線を超えられない。」

そう言う志尊淳に、これからも合コンをセッティングすると約束する町田啓太。
町田啓太の狙いは玉井詩織だった。



思ってたのと違ってた。
違ってたけど、今まで見た志尊淳の中では1番良かったかも。
また、難しそうな役を、志尊淳に…と勝手に心配しておりました(苦笑)

そこそこイケメンな子は女装しても見られるよね。
足も細くて綺麗んだけど、膝のあたりは男。
細部は、やっぱり男なんだけど、そこがリアリティあるのかも。

小芝風花役の子は感じ悪いのにモテるのねー。
やっぱり美人はマウティングしても映えるんだわ(苦笑)

なんとなくもっと、重たい内容なのかと思っていたので、割と軽く見られたのが驚き。

重たいかもって思っている時点で、ワタシには非日常なんだよな。

自分が知る限り、ワタシの周りにはトランスジェンダーの友人知人はいないけれど、いて当たり前ってのが程よい世界なのかもしれない。

性同一性障害とか同性愛とか自分は受け入れるつもりだけど、どこかに「違う人」って意識がまだあるのかな。

トランスジェンダーがテーマのドラマ以外でも、端役にトランスジェンダーがキャスティングされる時代が、そろそろ来るでしょう。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「女子的生活」第2回 ネタバレ 感想~女子に目覚めるとき
「女子的生活」第3回 ネタバレ 感想~人の気持ちはその人にしかわからない
「女子的生活」最終話(第4回) ネタバレ 感想~後藤になりたい!!
キャスト
志尊淳,町田啓太,玉井詩織,玄理,小芝風花,羽場裕一

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. naraku より:

    録画していてやっと今日見ました。志尊淳さんの女装がきれい。足がきれいなのにもびっくりです。でも、ミキさんは単なる女装趣味の人みたいに感じました(女装趣味が悪いとは思いません)。職場でも受け入れてくれている状態なのは良かったです。

    数十年前に男子高校生として知っていた人と再会したときに、性同一性障害で手術はしていないがホルモン治療や精神科での治療を続けていると聞きました。幸い周囲の人や仕事関係では理解が得られているようで、ご両親とも同居されていましたが、時々SNSにアップされる写真が胸の大きなミニスカート姿だったりして驚きました。普段は男子の名前でふつうの服装でお仕事していたのです。
    可笑しかったのが、映画館にはレディスデーに行っていたこと。映画館の方も彼女がかつて彼だったことを知っているということでしたが、特に問題にされることもなく堂々と入場できたのだそうです。とても素敵な方でした。
    ホルモン治療など多量の薬を常時服用していた上にお酒もたくさん楽しんでいらしたこともあって知人友人は危惧してはいたのですが、突然亡くなってしまってから一年経ちます。
    彼女のことを思い出しながら見ていました。

    • tarotaro より:

      narakuさん、コメントありがとうございます。

      優しそうな顔の志尊淳さんの女装は綺麗でした。
      ヘアスタイルも似合っていて。
      このドラマはコメディジャンルみたいなんですよね。
      結構、難しい問題をどうやってコメディに昇華するのか・・・。
      うまくいかないと「女装趣味の人」になるんですよね。
      コレで主人公が、同居人の同級生とくっついちゃったり、女装をやめたら・・・陳腐になってしまうので、そうならないことを祈ります。
      原作は小説なのかエッセイなのか・・・存じ上げないのですが、全4回と五輪の影響なのか少ないのであと3回。
      このまま日常を描いて終わりかな?とも思ったり。

      narakuさんのご友人のお話を伺うと、性同一性障害の理解はある世の中になってきているんですね。
      とは言え、ワタシが彼女の身内だと悩まないことはないと思います。
      当事者の方は、精神科での治療を続けていたとのことなので、理解があるご両親であっても、やはり悩みは尽きないでしょう・・。
      精神と身体が合致しないのは辛いのは想像できます。
      若くして亡くなるのはご両親もお辛いですね。
      性同一性障害は「治療」するより、周りが受け入れることが一番なんでしょうか。
      それでも辛い日々が続く人も多いのでしょうか。
      このドラマの主人公はその「辛さ」を乗り越えて、楽しい「女子的生活」を送っているのか、それともまだ乗り越えてはいないのか。
      初回ではイマイチはっきりしなかったですね。

  2. YOYO より:

    こんにちは。
    昨晩再放送されていたのを偶然途中から見だしたらなかなか面白く引き込まれました。
    合コンの女子たちの心理戦の細かさ、
    なかなかでしたね。←そこかい!(笑)
    脚本がよくできています。

    しかし志尊くんに神はいったいいくつの試練を与えたもうた…ってくらい
    また難しい役どころでしたが
    スンナリとハマっていて違和感はありませんでした。彼は見た目だけじゃない役者ですね。うんうん。頑張ってる。
    町田啓太は簡単な役どころだけど
    久々に見れて元気そうで良かった(笑)

    女装の完成度のリアリティも
    tarotaroさんのおっしゃる通り。

    ん?オトコ…?でも、まあまあキレイ!
    っていうリアリティがよかった。
    工事してない男性ならあんなもんが限界ですよね。とは言えキレイでしたが。

    だけどホントに若いときなら女装も
    みんなに許容されますがね。
    歳をとると…その絶望感は本物女性以上なのだなということを実感させられたあのシーンは良かったです。

    小芝風花はあーいう役似合いますね!
    仔犬のような愛らしさのガワの内側に、性悪の中の人がいる。
    私、いまどきの二十代の女子の知り合いがいないし、そもそもあまり混みいった性格の女子友達がいないのでわからないんですが、
    ああいうエセナチュラル美人って多いんでしょうね。面白い。

    次回以降どうやって掘り下げるかですね。
    トランスジェンダーの認知度を高めるための
    ドラマかなとも思ってますけど
    暗い結末もあり得るなとか考えてます。

    私も周りにゲイはいるんですが
    ミキパターンの人はいないんですよ。
    複雑ですよね。

    トランスジェンダーで女が好きな人は
    最終的には工事したいんでしょうかね。
    セックスすること考えたら
    付いていた方が女性にはモテそうな気がしますが。
    実際に私の近くにもこんなキレイな子がもしいたら、若いときなら好きになった気がします。中味が女でカラダがオトコって
    女にしてみたら最高じゃないでしょうか。

    とりあえずこのドラマは継続して見ようと思います。

    • tarotaro より:

      YOYOさん、コメントありがとうございます。

      合コンの女子たちの心理戦から、アレ?ちょっと違うって思って見ていました。
      テンポよく楽しかったですね。

      しかし志尊くんは関西弁が異様に下手くそなのですが(爆)
      そんな関西弁役を続けてみたもんだから、苦手意識がありましたけど、今回はやっとやっとハマリ役w
      町田啓太くらいのビジュアルが同居人にはちょうどいいですねw
      彼はあまり「花子とアン」から変わってないですね。

      志尊淳の女装。
      まぁまぁ見られるw
      もちろん綺麗です。
      千葉きゅんあたりだと完成度が高すぎたので、志尊淳でよかった。

      今は若いから女装も綺麗。
      だけれど、年を取ると・・・。
      普通の女でも恐怖しかないですよね。
      身につけるモノ(女装するもの)もどんどん魅力を感じなくなって行くんじゃないでしょうか。
      女装家(今回の主人公は女装家ではないけれど)って、独特なファッションセンスですから、女装しても楽しく無くなりそうです。

      小芝風花っていわゆる「小悪魔」なんですかねぇ。
      目の奥に悪魔が住んでいる感じw
      悪くないです!
      エセナチュラル美人って三十代や四十代にも多そう(苦笑)
      「丁寧な生活」を心がけている人って、ややこしそうじゃないですかw
      でも「丁寧な生活」ブログって人気ですもんねぇ。

      このドラマ4話しかないので、あんまりイロイロ詰め込めないよなぁと思っています。
      町田啓太に手を出すことはなさそうだし、女装を辞めるってのもちょっと違うような気もするし。
      確かに暗い結末もありうるかも。

      トランスジェンダーで、なおかつ恋愛対象は女って少々設定がこじれてますけど・・・
      今回のドラマだと、女性に性的魅力を感じているので、工事をしちゃうと欲求は満たされないですよね。
      確かに「中味が女でカラダがオトコ」って分かり合えそうだし、恋しちゃうかもしれないです。
      見た目があれだけ良いとねぇ。
      友だちとしても楽しめそうだし。
      だから小芝風花も落とせたんでしょうね~。