「霊媒探偵・城塚翡翠」 第1話 ネタバレ 感想~降霊シーンはさすが清原果耶

スポンサーリンク

犯人は“泣き女”!?霊視と論理で真相に迫る!


相沢沙呼/medium 霊媒探偵城塚翡翠

あらすじはコチラ→

城塚 翡翠(清原果耶)と香月 史郎(瀬戸康史)は協力して事件解決に動き出す。
翡翠は「犯人は女」だと遺体のそばにはわずかな大きさの透明の水滴が「泣き女」の霊の涙だと言う。

香月が知り合いの警部・鐘場正和(及川光博)に聞いた話だと、近隣んでは空き巣が多発しているとのこと。
そして結花にストーカーじみた手紙を送っていた西村という男も捜査線上にあると聞く。
その西村を紹介したのは、結花の親友の小林舞衣(福地桃子)だった。
その後、容疑者の空き巣犯、ストーカーには犯行当時のアリバイが判明。

翡翠は結花の自宅に行き、香月が見ている前で結花を降霊すると言う。
結花は香月が好きだった。
うつろな目で香月を見て、震える手で香月に触れる。
「アイスコーヒー…」
香月は翡翠(霊は結花)の手を握る。
そのまま気を失い結花の霊は消えた。

スポンサーリンク

後日、翡翠のマンションに舞衣(福地桃子)を呼び出す。
「単刀直入に言います。自首して下さい」
香月が言い放つ。
事件当日、結花に電話していた。
もみ合いになって結花は頭の打ち所が悪く亡くなってしまったのではないか。
強盗にみせかけた舞衣の犯行。
否定する舞衣だが、舞衣のメガネが結花殺害の次の日から変わっていた。
殺害現場には、アイスコーヒーが入ったグラスが割れていた。
その中にメガネのガラスも混じっていた。
証拠を出す香月
舞衣は、結花の殺害を認めた。
舞衣は結花のストーカー西村が好きだったのだ。
あの日、結花は西村のことを「気持ち悪い」と言った。
それで許せずもみ合いになったのだ。

スポンサーリンク

毎週、降霊するならこれはもう清原果耶ちゃんが演じるしかないなぁ。
今日の降霊のシーンもスゴかったしなぁ。
だってちゃんと結花(田辺桃子)に見えた。
顔の作りは違っても表情が同じというか。
相変わらず恐ろしい子!ですw
「透明なゆりかご」では瀬戸君とも共演しておりましたね。
どうしても思い出してしまう。
二人とも大人になりました。
いや、瀬戸君は大人だったはずだけど、この頃はまだ可愛かった!

原作は未読なんですが、勝手にもっとコメディなのかと思っていた。
んでもって、事件を解決するのは翡翠だと思っていたけど、事件を解決するのは香月先生なのね。
真(小芝風花)さんも落ち着いた感じ。
ってか、小芝さんがこんなにちょっとした役で良いのか。
もっともこれからどんどん出番が増えるのかもしれないけど。
ちょっとした役と言えば田辺さんも出てきてすぐに殺害されちゃった!
田辺さんの犯人役も見たかったなぁ。

スポンサーリンク

事件そのものはありがちなもの。
科捜研でもありそうな事件w
しかし科捜研ならグラスとメガネのガラスの違いに秒で気づくと思うけど。
だけど今時、メガネはガラスじゃないよねぇ。
そんな感想を科捜研でも書いた記憶があります。
ま、好きな男を親友だからといって、友達に紹介するもんじゃないんだよねぇ。

ラストの福山雅治の個性的な主題歌に驚いたわ~。
クセスゴで瀬戸君のセリフが入ってこなかったw
これは来週から気をつけねばなりませんな(爆)

それにしてもおしゃれなカフェばかり。
画的にも日テレのドラマって雰囲気がプンプン。
小芝さんもご出演だったので、すこ~~~~しだけ「美食探偵 明智五郎」も思い出したりして。
そしてこんな時間に珈琲が飲みたくなりました。
今日は暑かったので、アイスコーヒー、飲みたいなぁ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです(>ω<)

主題歌・福山雅治「妖(あやかし)」
感想はコチラ
「霊媒探偵・城塚翡翠」 第2話 ネタバレ感想~オッサンは降霊できない
「霊媒探偵・城塚翡翠」 第3話 ネタバレ 感想~サイコパス女子高生
「霊媒探偵・城塚翡翠」 第4話 ネタバレ 感想~来週、最終回?いきなり怪しい瀬戸康史
「霊媒探偵・城塚翡翠」 最終話 ネタバレ 感想~大どんでん返し!伏線というより種明かし!
「invert 城塚翡翠 倒叙集」 第1話 ネタバレ 感想~古畑任三郎でした!

キャスト
城塚 翡翠(清原果耶)
千和崎 真(小芝風花)
雨野 天子(田中道子)
鐘場 正和(及川光博)
香月 史郎(瀬戸康史)
【第1話ゲスト】
小林舞衣(福地桃子)
結花ゆいか(田辺桃子)
伊﨑右典
内藤聖羽(他)

コメント