「半沢直樹」 第7話 ネタバレ感想~北大路欣也頭取がポンコツだと思う

スポンサーリンク

「裏切り者に倍返し!!悪党政治家を倒せ!」


「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」/池井戸潤

あらすじはコチラ→

森山雅弘(賀来賢人)は半沢(堺雅人)のためスカイホーク航空へのため怪我までして走り回っていた。
半沢は腹を決めた。
政府と戦う。
「タスクフォース合同報告会」の日が刻々と迫る中、半沢は、開発投資銀行の谷川(西田尚美)の元を訪れる。
開発投資銀行の上層部は官僚ばかり民営化の話も出ているが、そうなったとしても体質は変わらない。
政府の言いなりにしかなれない。
「タスクフォース合同報告会」の前に役員会が開かれた。
半沢は断固債権放棄に反対。
債権放棄を拒否する。
最初こそ反対していた大和田(香川照之)だが半沢の意見に賛成した。←おおわ
しかし今度は紀本(段田安則)が銀行員生命をかけて反対。
するとなんということでしょう頭取(北大路欣也)が紀本の意見に賛成し、稟議書を秘訣。
債権放棄を受け入れることに決めた。
半沢は「開投銀行も放棄することになれば東京中央銀行も放棄することにして欲しい」と訴えた。
なんとか件付きにすることができた。

これで紀本が内通者だと判明した。
半沢と大和田の理解は一致。
「おねがいします!」
半沢と大和田は曽根崎を呼び出し、黒幕が紀本だと聞き出した。
その頃、紀本は白井大臣(江口のりこ)と箕部(柄本 明)幹事長のどちらかと繋がっていた。

半沢のスマホに谷川(西田尚美)から電話が入る。
谷川のもとに向かう半沢。
「貸すも親切貸さぬも親切」
谷川の銀行員だった父の言葉。
帝国航空がここまでの赤字債権となったのは、開投銀行が過剰な融資を続け甘やかしてしまったからだ。
森山(賀来賢人)にも、自分の使命を真っ当して見せますと言われた。
半沢にそのことを教わったのだと、谷川自身も銀行員はどうあるべきかというのを半沢から教わった。
しかしわたしたちは
「債権放棄なんて拒否することなんて。
政府に逆らうことなんて許されないのです。
どうしてもできないことだってあるの!」
取り乱す谷川。



タスクフォース報告会には各銀行が集まった。
融資残高の少ない銀行から結論だけを述べる。
それぞれ準主力(東京中央銀行)、主力(開投銀行)に準ずると述べていくばかり。
白井大臣や乃原(筒井道隆)弁護士は余裕。
そして準主力の東京中央銀行の番が来た。
半沢は
「債権放棄は拒絶する」
と宣言し乃原弁護士は激高。
「役員会で決まっただろうが!」←弁護士の言葉遣いが悪すぎる
役員会で決まったのは、開投銀行が拒絶する場合という条件つきだと答えた。
遅れてやってきた開投銀の谷川が落ち着いて・・・
「債権放棄を見送ります。」
と明言した。
するとバンカーたちから歓声が上がる。
みんな債権放棄なんぞしたくなかったのだ。

その日の閣議で開投銀行の民営化法案が可決された。
谷川は根回しに根回しを重ね債権放棄を訴えることができた。
乃原弁護士は会見の中止を叫びマスコミを放り出す。
「閣議が全会一致で可決」された。
白井大臣が反対していたらこうはならなかったと礼を言う半沢。

白井大臣は箕部(柄本 明)幹事長に離党を申し出たが広告塔として首の皮一枚繋がったな!と凄む。
紀本は絶対に債権放棄をする!とメラメラ。
箕部の部屋にはなんと・・・頭取(北大路欣也)がいた。
箕部と頭取は面識があるのか?


「政府の呪縛」から逃れられた開投銀行!良かったね~。
しかし。。。。頭取、ポンコツすぎない?
北大路欣也さんが演じているのですご~~~い重鎮のように思うけれど、あっちフラフラこっちフラフラ。
部下の意見を尊重すると言うのは聞こえがいいけれど、紀本(段田安則)が首をかけるといったら、その意見に賛成?
半沢なんて、いっつも捨て身じゃないの?
温情があるんだか、なんなんだか。
なんで大和田や半沢からあんなに慕われているのかわからないわ。
大和田は助けて貰ったっていうけどさ。
猿之助も古田新太も背任なんだから警察に引き渡せばいいのに。
曽根崎もそうなんだけど。
自浄作用がない。
それもこれもポンコツ頭取のせいじゃないの。
もっと頼りない人が適役なのか、北大路欣也さんが良かったのか・・・。

大和田は可愛くなってきたわねぇw
半沢とはそりが合わない・・・ってこともないんじゃね?
まぁ・・・人気キャラだから続編にも出てきたんだし、でも悪役にもできないし。

で・・・大島児島な!
いつだって白井大臣も箕部幹事長も裏切るような気がする。
なんか出来る男っぽかったよね。
白井大臣を切り捨てずに飼い殺しにする箕部幹事長だけど・・・。
なんであんなに怒ってんだろうか?
箕部幹事長だって民営化の閣議に根回ししなかったんでしょ?
白井大臣がそこまで気を回すと思っていたのか?

んでもってとうとう井川遥の正体もばれた。
元銀行員でポンコツ頭取の部下だった。←ポンコツ言うな!

さぁ・・・頭取が箕部の言いなりになるならそれはそれでポンコツすぎる。
大和田が頭取のほうが案外金儲けはできそう。
紀本も・・・どうなる?
原作の長さからいって、あと2話くらいが限界かなぁ?
楽しいんだけどw




にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。


前作:半沢直樹

感想はコチラ
「半沢直樹」第1話 ネタバレ感想~倍返しの半沢、恩返しの大和田。
「半沢直樹」 第2話 ネタバレ感想~飛沫感染が心配なドラマNo.1
「半沢直樹」第3話 ネタバレ感想~偽ジョブズも参戦
「半沢直樹」 第4話 ネタバレ感想~土下座はナシ!
「半沢直樹」 第5話 ネタバレ感想~ツンデレグレートキャプテンが素敵
「半沢直樹」 第6話 ネタバレ感想~大和田より紀本が怪しい!土下座に倍返しに大騒ぎさ!
「半沢直樹」 第8話 ネタバレ感想~強すぎる柄本明!半沢謝罪かーらーのー?
「半沢直樹」 第9話 ネタバレ感想~大和田の涙!醜い老いぼれに1000倍返しだ!
「半沢直樹」最終回(第10話) ネタバレ感想~1000倍返し成功!さよなら頭取&大和田!
キャスト
半沢直樹・・堺 雅人
半沢花・・・上戸 彩
渡真利忍・・及川光博
黒崎駿一・・片岡愛之助
乃原正太・・筒井道隆
白井亜希子・江口のりこ
谷川幸代・・西田尚美
山久登・・・石黒 賢
田島春・・・入江甚儀
曾根崎雄也・佃 典彦
苅田光一・・丸 一太
笠松茂樹・・児嶋一哉
的場一郎・・大鷹明良
永田宏・・・山西 惇
木滝英雄・・鈴木壮麻
丸岡耕二・・粟根まこと
永田栄一・・八十田勇一
銀行イメージキャラクター
・・・・・・夏目三久
女将・智美・井川 遥
箕部啓治・・柄本 明
神谷巌夫・・木場勝己
紀本平八・・段田安則
瀬名洋介・・尾上松也
森山雅弘・・賀来賢人
中野渡謙・・北大路欣也(特別出演)
大和田暁・・香川照之
ナレーション・山根基世ほか

コメント