『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』 最終回(第8話) ネタバレ感想 ~時間が足りない!!

スポンサーリンク

SEASON4

あらすじはコチラ→

ゼロ係は密かに捜査を進め寅三(松下由樹)を刺した模倣犯を特定。
警視総監の加倉井宗一(篠井英介)の息子こそが真犯人。

ゼロ係が核心に迫ったことに焦った警視総監の篠井英介は、管理官の小暮幸男(山田純大)に命令し、全ての罪を神沼洋(中野裕太)に着せ、射殺を命令した。
被疑者死亡で送検される神沼。
ゼロ係の解散をほのめかす山田純大。
そんな中、トラミ先輩が目を覚ます。

山田純大は篠井英介の息子・純を海外に逃がそうとしていた。
そこに神沼(中野裕太)がやってきた。
神沼は死んでいなかった。
神沼が舌打ちで山田純大が倒れる。

上沼が純を監禁。
「助けてくれよ。
おふくろの病気に気づきもしなかったオヤジに、思い知らせてやろうと神沼さんの真似をしただけなんです、。」
←人殺しのくせにどの口が言う!!。

「あなたが死んだとは思いませんでした。」
そこに警視殿が登場。

神沼は殺されたふりをしていた。
そのときには、純が模倣犯だと知っていた。
警視総監の家はガードが高く近づけない。
自由に歩き回れるようにあえて撃たれた。

トラミ先輩やたつみん(斉藤由貴)も登場。
銃口を神沼に向けるたつみん。
舌打ちで洗脳する神沼。
しかしたつみんは自分の太股を刺して正気を取り戻す。←怖い・・・。
トラミ先輩がなんとか神沼をカクホ。

「神沼、あんたが本当にしたかったのは、人を殺すこと?
それとも人を裁くこと?」
たつみんが聞く。
「どっちが良い?
おれは鏡だ
お前たちのいつでもそばにいる。」

神沼を逮捕したものの、事件はまだ終わっていない。


篠井英介の元に吉田栄作がやってきた、
神沼が純を拉致したことを伝え、警視総監を殴り気絶させる。
そこにまたまた警視殿が登場。
神沼に情報を流していたのは、吉田栄作。
証拠はあるのか?と居直るえいさ~く。
太田文平(戸塚純貴)は秋葉原で働き、データベースに不正アクセスし、被害者の前歴を消すのに雇ったハッカーに接触した。
吉田栄作から不正アクセスを頼まれたと証言。←ハッカーに接触したのはふんわり過ぎた!!
神沼が殺した最初の被害者・奥村が殺した相手は吉田栄作の娘だった。
桜庭勇作(木下隆行)は奥寺がバイトしていたカレー店で働き、奥寺が人殺しをしたときの会館が忘れないと口走っていたことを知る。
靖子(安達祐実)は占い師になり栄作の娘・美優の友達に会う。
娘は父に会うことを楽しみにしていたと言う。
横山(片岡鶴太郎)は宅配業者になり、栄作の元奥さんに会う。
栄作からの手紙を見せて貰った。
そこには「わたしなりしてやれることをしてやった」と書かれてあり、日付は奥寺殺害の日だった。

神沼との出会いを語るえいさ~く。
犯人は奥寺だとわかっていたが証拠が無かった。
この手で奥寺を殺すつもりだった栄作は奥寺を拉致。
「助けて。。。お母さん。」
泣きじゃくる奥寺を殺すことができないえいさ~く。

そこに現れたのが神沼。←なぜ現れたのか不明。
奥寺の首に噛みつき、刺し殺した。
「満足か。
娘がされたようにしてやった。
俺はお前の鏡だ。
法など無力だ
犯した罪を償わせるべきだ。」

それ以降、実行犯であることは間違いないのに起訴されなかった人物の情報を神沼に流し続けた。
脱獄した神沼をおうチームのを作ったのも、神沼に近づきつつある警視殿を遠ざけるためだった。
「正義の為にやった。」
最初から篠井英介を殺害し、自分も死ぬつもりだった。
「正義とはなんだ!」
声をあげるえいさ~く。
「もし正義というものあるなら、誰かを救うためにあるものではありませんか。
あなたは新たな被害者を生んだだけです。
新たな憎しみや悲しみを生んだにすぎません。
あなたがすることはこの男を殺して死ぬことではありません。
正当な裁きをうけ、真摯に裁きをウケることをきっとお嬢さんもそれを望んでいます。」

最後に警視殿がため口。
「罪を憎んで人を憎まず
ウイスキー好きの大馬鹿刑事部長やろうが!!」

篠井英介も逮捕。
山田純大も逮捕。
吉田栄作も逮捕。

ゼロ係は解散せずに済んだ!!

時間が足りなかったよね~。
30分は延長しないと収まらなかったよ。
神沼、神出鬼没すぎるだろ~!
栄作が娘を殺した犯人を監禁し殺そうとしている時に、なぜ神沼が現れたのか・・・全然わからなかった。
唐突すぎると思うんだよね~。
せめてその前にシンパシーを感じていなければならないのでは?

まぁ、吉田栄作が黒幕かも?と思っていたので意外性はなし。
篠井英介も怪しいとは思っていたけれど、突然現れた息子。
この息子、出番は少なかったものの、めっちゃ悪いやん。
母が死んだのが悲しい。
母の病気に気づかなかった父が憎い。
だから人殺しをしたってバカすぎるやろ。
なら・・・父をやっちまいなよ!
しかも最低な命乞い。
もう・・・あかんやろ。

新メンバーなぁ。
先週も書いた通り、斉藤由貴さんだけはちょっと違うかなと。
衣装もなんか・・・違う(苦笑)
斉藤由貴さんは刑事役でないほうが良いかも。
大福は見慣れたけれど、最初は違和感があったわ。

政治家と戦ったり、大病院の院長と戦ったり・・・で、今回は警視総監。
もうこれ以上の敵はないでしょ・・・?
シーズン5はあるのかしら?
今作の脚本家・吉本昌弘さんは「もう誰も愛さない」の脚本家さんの一人だったのね~。
いや~、吉田栄作といえば「もう誰も愛さない」しかないもんな。←そんなことはない。

エンディングには次のドラマ「特命刑事 カクホの女」から名取裕子さんが登場!
もう「カクホの女」は続編がないのかと思っていたよ~。
めっちゃ中途半端なとこで終わっちゃって、すぐにでも2時間SPがあるのかと思ったら、何もなく1年以上が過ぎちゃって。
なので・・・ちゃんとすべて回収してほしいだけど、ちょっとうろ覚えな部分も。
初回は復習してくれるんだろうか。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌: KEYTALK「旋律の迷宮」

感想はコチラ
『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』 第1話 ネタバレ感想 ~ゼロ係が特命係に!!
『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』 第2話 ネタバレ感想 ~松下由樹がTKO木下に扮装!
『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』 第3話 ネタバレ感想~不倫を扱う勇気!
『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』 第4話 ネタバレ感想 ~ダイアンとハマカーンと虎冬と
『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』 第7話 ネタバレ感想~トラミ先輩刺される!!
出演者
小早川冬彦・・小泉孝太郎
寺田寅三・・・松下由樹
本条靖子・・・安達祐実
桜庭勇作・・・木下隆行
太田文平・・・戸塚純貴
青山進・・・・六角慎司
鮫島弥生・・・岸明日香
谷本敬三・・・石丸謙二郎
国仲春吉・・・加藤茶
横山建夫・・・片岡鶴太郎
小田島龍美・・斉藤由貴
前川俊也・・・吉田栄作
神沼洋・・・・中野裕太
今川兵馬・・・宮川一朗太

ゲスト
小暮幸男・・・山田純大
加倉井宗一・・篠井英介

コメント

  1. kashweregreen より:

    夜分に失礼します!
    このシリーズは他局の捜査モノのドラマよりはなかなか上手くまとめてると思います!
    確かに斉藤由貴さんはミスキャストですけれど(笑)
    笑いありの警察ものですから、他の中途半端なリアリティを描くドラマよりは好感はもてるかと。
    篠井さんがいつものように役職のわりには陳腐な犯罪者(笑)というのもお約束かと。
    吉田栄作は意外に良かったです。
    あとはいつものご託を(笑)
    警察ってすごい階級組織なので、
    このドラマの場合だと年齢で考えると小泉孝太郎は所謂キャリアの警視ですから、管理官でもノンキャリに過ぎない斉藤由貴さんや杉さまの息子よりも小泉孝太郎のほうが偉い(笑)わけでリアルな世界ではあり得ない設定というのが非常に違和感を感じますが、ドラマとしてはよくまとめたかなと思います!
    次回のシーズンも楽しみにしております(笑)
    警視総監より上席の役職が二つだけあるので、次回のシーズンはその警察庁長官か次長が黒幕とかの設定かもしれませんね。
    いつもの駄文失礼しました!

    • tarotaro tarotaro より:

      kashweregreenさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      斉藤さんスケバン刑事だから刑事役が多いのでしょうか。←多分違う。
      あんまり動きが機敏ではないので刑事っぽくないですよね。

      大杉漣さんが鶴太郎に変わったのがとにかく残念ではありますが、これはコレで良いんだって思える脚本とキャスティングでした。
      このドラマの警視総監は篠井さんで良いと思いますw
      めっちゃ大物が出てきたら、それはそれで困る。

      このドラマの階級。
      とりあえずみんなため口で良いんじゃないでしょうか(笑)
      トラミ先輩・・・不死身でしたね~w