「特命刑事 カクホの女」 最終回 ネタバレ 感想~犯人カクホできず!かなりの消化不良・・・。

スポンサーリンク

第7話(最終回)2時間スペシャル

あらすじはコチラ→

さらに、捕まった犯人の初老の男(石橋蓮司)は百合子(名取裕子)に、婚約者・刈谷晋作(鶴見辰吾)の死の真相を「2千万円で買わないか」と持ちかける。
その夜、石橋蓮司のいる留置所へ行く麻生祐未。
急に苦しみだした石橋蓮司が死ぬ。

麻生祐未の言い分。

鶴見辰吾が潜入した組織で麻薬中毒になり、警察のスパイであることを組織にばらした。
警察は見せしめに鶴見辰吾を殺害。
極秘の潜入捜査の最中に、麻薬中毒になったことを世間に知られるよりマシだとふんだ。
上からの命令で、現場を偽装したのが麻生祐未。

伊東四朗の言い分。

組織の男・宮川一朗太の話によると、警察のスパイから組織に鶴見辰吾が潜入して捜査している知った。
刑事に手を出すつもりはなかった。
しかし裏金をロンダリングしていた麻生祐未が私服を肥やすために、鶴見辰吾が邪魔になって殺した。

名取裕子が本当のことを聞き出すために廃屋に麻生祐未を連れ込んだがそこには隠しマイクがあった。
この場所を知っているのは高橋克典だけ・・・。



黒幕は高橋克典
協力者・渡辺いっけい・石橋蓮司・宮川一朗太

炭疽菌の偽装は渡辺いっけい。
車は盗難車。
助手席に見つけてくれといわんばかりの炭疽菌。
袋の中にかさぶたがあり、渡辺いっけいのDNAと一致。

石橋蓮司は自殺。
余命幾ばくもない石橋蓮司は子供に金を遺したい。
奥歯に青酸カリを奥歯にツメて麻生祐未と二人きりになったら自殺するように高橋克典に言われていた。

伊東四朗に麻生祐未を殺してもらうため廃屋へと誘導電話を宮川一朗太にかけさせた。
案の定、伊東四朗は麻生祐未を撃つ。
そして自殺しようとしたが間一髪、名取裕子が止めた。
廃屋に爆弾を仕掛け、麻生祐未から真実を聞くと名取裕子に聞いていた高橋克典は3人共死んだと思っていた。
しかし爆弾は空砲だった。

鶴見辰吾は潜入捜査していた組織で、警察内部のウラ金を見つける。
内容は現職の首相が派閥の裏金の資金洗浄をしている証拠。

しかし現職の首相は警察や自衛隊を強化する高橋克典に「都合の良い」首相だった。
そのネタを使えば、首相を意のままに動かせる。
そうすれば日本は安全な国になる。←はぁ?

脅迫、利益誘導、それは犯罪だ。
と鶴見辰吾。

適当に自分の発言をごまかした高橋克典。
高橋克典は宮川一朗太を使って鶴見辰吾を射殺。

高橋克典に銃口を向ける名取裕子。
しかし高橋克典も名取裕子に銃口を向ける。
そこにやってきたのは伊東四朗。
高橋克典はブレーカーを撃ったあと、伊東四朗を射殺。
その場から逃げる高橋克典。

事件解決せず!!
一連の事件には高橋克典は本当に証拠がないの??
伊東四朗殺害は実行犯なんだし、証拠あるんじゃないのか~。
でないと状況的に伊東四朗殺害は名取裕子が疑われたりしないんだろうか。

まさか・・・まさか・・・黒幕がわかったのに、中途半端な結果になるなんて!!!
続編があるのかもしれないけれど、覚えていられないよ(苦笑)

伊東四朗はなんで宮川一朗太を信用したんだろ。
宮川一朗太を信用したのではなく、高橋克典を信用していたんだろうか。
にしても、まさか麻生祐未を本当に撃つとは思わなかった。
防弾チョッキを着ていたから良いものの、着てなかったら、殺人犯じゃないか。
高橋克典の目論見通りすぎる(苦笑)
伊東四朗はもうちょっと頭が良いと思っていたのに。

続編は希望していたけれど、こんな中途半端で終わるなんて予想外。
名取裕子、高橋克典、伊東四朗が揃ったあのバーに、麻生祐未グループが乗り込んでくると思ったのに。
なんで小物の渡辺いっけいにチームみんなが集まってきたのに、黒幕の高橋克典のとこには名取裕子が1人だなんて。
逃げてくださいと言わんばかりじゃないか。

楽しんで見ていたのに、こんな終わり方ないわ~。
消化不良やわ。
あぁ・・・勿体無いなぁ。
伊東四朗も死に損だよなぁ。
これから高橋克典はのうのうと警察にいるの?
そもそも警務部長って、首相を操れるほどの権力を持つことができるの?
宮川一朗太は高橋克典と一緒だし・・・渡辺いっけいだけが捕まるんだろうか。

このドラマは名取裕子さんが鶴見辰吾殺人事件の犯人を見つけ「犯人カクホ」ってやって終わるものだと思っていたのに・・・、
ちょっと残念な最終回でした。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「特命刑事 カクホの女」 第1話 ネタバレ 感想~神奈川県警だからね。
「特命刑事 カクホの女」 第2話 ネタバレ 感想~なぜ姉妹の名前が伊代&優だったのか?
「特命刑事 カクホの女」 第3話 ネタバレ 感想~ジャンヌとパトラのクセがすごい
「特命刑事 カクホの女」 第4話 ネタバレ 感想~子役と動物に頼りすぎ。
「特命刑事 カクホの女」 第5話 ネタバレ 感想~平岡祐太は光彦なのに。
「特命刑事 カクホの女」 第6話 ネタバレ 感想~セミファイナルはアッサリ解決。
キャスト
北条百合子…名取裕子
三浦亜矢……麻生祐未
村山修二……吉沢悠
緑川大和……小関裕太
淵山蓮………今野浩喜
滝沢真央……鹿沼憂妃
刈谷晋作……鶴見辰吾
黒田作之助…渡辺いっけい
如月光太郎…高橋克典
刈谷孝雄……伊東四朗

ゲスト
初老の男……石橋蓮司
飯田竜司……佐藤アツヒロ
謎の男………宮川一朗太

コメント

  1. なお より:

    やっぱり黒幕は高橋克典でしたね。
    続編ありきなのか最後はモヤっとです。
    逮捕されてなさそうだし、そのまま刑事部長なのかどうかも謎のまま。
    三浦班の吉沢悠、いい感じに年齢を重ねてます(^_^;)
    ゆう→ひさしと読みを変えていたの知りませんでした。

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      吉沢悠、ワタシも好きです~。
      西島秀俊と同じで、ナベプロを離れるときに少し休業していたみたいですね。
      主役を演じることは少なくなりましたが、脇でも光ってますよね。
      で、このドラマ、この終わり方はないんじゃないの~~?って思ってしまいました。
      なんなら一話完結のシリーズドラマで良かったのになぁと。
      メンバーも豪華ですが、年齢層が高いので、次のシリーズを始められるのかしら?と思うと、スッキリ解決してほしかったです。