閃輝暗点(1)~片頭痛と更年期!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

閃輝暗点(せんきあんてん)・閃輝性暗点(せんきせいあんてん)

閃輝暗点(せんきあんてん)もしくは閃輝性暗点(せんきせいあんてん)と言う病気になりました。
っていうか、治るような病気でもなく、持病というのか。
初めて、この症状が出たのは30代半ばから後半でしょうか。
片頭痛の前兆現象として現れることが多い視覚の異常なんですが、最近頻繁に起こるので、チロリン村から1時間弱かけて総合病院に行ってまいりました。
ちなみに英語名は「偏頭痛オーラ」を意味する「Migraine aura」(マイグレイン・オーラ)だそうで、ちょっとかっこ良い?

[症状]

まず、視覚障害が起きる。突然、視野の真中あたりに、まるで太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れる。視界の一部がゆらゆら動きだし、物がゆがんで見えたり、目の前が真っ暗になったり、見えづらくなる。その後、みるみるうちに点は拡大していく。ドーナツ状にキラキラと光るギザギザしたガラス片や、ノコギリのふちのようなもの、あるいはジグザグ光線のような幾何学模様が稲妻のようにチカチカしながら光の波が視界の隅に広がっていく。これは無数の光り輝く歯車のような点が集まり回転しているようでもあり、視界の大部分が見えなくなることもある。これらの視覚的症状は短時間に進行する。そしてこの閃光と暗点は5分から40分ぐらいで広がって、視野の外に出て消えていく。この症状は目を閉じていても起きる。症状が治まった後、引き続いて片頭痛が始まる場合が多い。この後に頭が割れてしまいそうな激しい片頭痛が3~4時間続き、強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多い。
これら症状は若年の場合、年齢と共に回数も減りそのうちにほとんど起こらなくなる。
中年の場合で、閃輝性暗点だけあって、その後に頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性がある。

[Wikipediaから引用]






閃輝暗点という言葉を知ったのはつい最近。
眼科を受診しようと思っていたら、片頭痛関連のサイトにこの名前がありました。

視覚症状は・・・なんつーんでしょう。
ギラギラした歯車が見える。
↓ワタシはもっと丸い歯車が何個も見えるんですけど・・・。

ワタシの場合は、右目によりその症状が強く現れます。
最初に起きたときは、目がおかしくなったと思って、目薬を挿しましたが、もちろん改善せず。
目を閉じても、歯車は消えません。

視覚障害の症状が治まると、頭痛と吐き気がします。
ワタシの場合は、吐き気もひどくてゲンナリします。
ただし、頭痛や吐き気の症状が出ない場合は、脳梗塞の恐れがあるということで、怖いっちゃ怖い。
しかも閃輝暗点は、若い世代に多い病気だというではありませんか!
ワタクシ、十分中年ですから、脳梗塞の恐れがないとも言えないよねぇ。

何科を受診するべきか?

目の病気ではないと言うので、眼科ではない。
神経内科?神経外科?
ワタシの場合、幸か不幸か田舎に住んでおりますので、選ぶ病院は親知らずを抜歯した大学病院しかねーな。

↓親知らず体験記

シリーズ親知らず(智歯周囲炎)~抜歯体験記・抜糸~抜糸をすると本当に楽になる!! 

ってことで、3年ぶりに脳神経外科のある病院に行く決意をする。


いざ、脳神経外科へ。

問診票には
「閃輝暗点の症状」
と記入。

えらくフランクなドクターに
「閃輝暗点って書いているってことは、ネットで調べたん?
マイナーな病名やからね。どうなんやろと思って。」
と聞かれる。

はいはいその通りでございますw
最近、ネットで病名を調べて来る人が多いらしい。

「視覚障害の症状のあとに、頭痛や吐き気がするので大したことはないと思うんですが、頻繁なので・・・。」

と言うと

「多分、大丈夫やねぇ。
でもまれに脳梗塞が起きる人もいる。
心臓の病気はない?
心室の大きさがまちまちな人も脳梗塞になる可能性が高いねんて!」

ととくに聞いていないことも教えてくれるドクター。

笑いながら脳梗塞とか言わないでほしい(爆)
ドクターのキャラクターはかなり面白いから許せるんだけどさw

「で、どうする?
検査する?
多分、なんもないと思うけど、安心するために検査する人もいるけどね。
ま、なんもないでしょう。
偏頭痛の薬出しとく?」

と明るく聞くドクター。
心筋梗塞はポックリ逝けるけど、脳梗塞なんて寝たきりになることが多いイメージなので、それは避けたい!!
とりあえず、MRIの予約を取りました。

で、もしこの症状が出たときは・・・・。
我慢(爆)

閃輝暗点の視覚障害は抑えることができないので、視覚障害があらわれたら、予防のために頭痛薬を飲むしかないそうです。

さて・・・嫌だなぁ。
MRIってキツそうよねぇ(苦笑)
ってことで、明日、MRIの検査に行ってきま~~す!

多分、何もないけど!!

受診料:863円

薬ナシ。頭痛があればロキソニンで対応。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. YOYO より:

    だ、大丈夫ですか⁉︎
    脳梗塞はたしかに後遺症とかあると辛いですよね。巡りをよくする食べものや運動などして、ストレスがかかることをしない、
    ストレスがかかる朝ドラを控える、ストレスになるフィギュアスケート試合の解説音声を消す…(笑)などの対処がいいかもですよねヽ(´o`; とりあえずMRIで何もでませんよーに。祈。

    • tarotaro より:

      YOYOさん、書き込みありがとうございます。

      頭痛ってストレスが多いのでしょうか・・・。
      朝ドラにスケート(爆)
      やっぱり、早く真央展に行って、浄化されないと!!!
      NHK杯は・・・さっとんですねぇ。
      ジャッジ、気になります(苦笑)

      ワタシ、頭痛によくない食べ物が好きなんです(苦笑)
      食べ物は偏っているのっで、なんとかしないとなぁと反省です。
      物忘れがひどいのは脳梗塞か?と思うと怖いですが、ドクターに「8~9割は大丈夫」と言われているので、怖いもの見たさでMRIをしてきますw

  2. naraku より:

    tarotaroさん、お大事に。

    閃輝暗点だけならば大きな問題ではないらしいですが、頭部の病気が見つかることがあるんです。MRI検査、時間は長くかかるし、かなりやかましい音がする(最近の機械はだいぶ良くなっているみたいですが)のですが、頑張って受けてきてください。

    怖がらせちゃいけないけれど、うちの旦那、2010年3月に閃輝暗点の症状がありました。それまで一度もそんなことなくて、いきなり目の前がキラキラして。びっくりしてかかりつけの眼科に行き、閃輝暗点だと診断されました。頭痛はありませんでした。心配だったので脳神経外科医を紹介してもらってMRI検査をし、「ひどい蓄膿症」だと言われました。それから耳鼻咽喉科に行き、蓄膿症の治療を受けましたがよくならず、手術を勧められました。蓄膿症の手術のための前検査として頭部の造影CT検査を受けたときに、これは蓄膿症ではなく、頭部(脳内)に腫瘍状のものがある、と言われて、大学病院に行きました。そこで改めてMRI検査とCT検査を受け、最終的には嗅神経のがんだとわかりました。最初の閃輝暗点から5か月後の真夏でした。その後は、抗がん剤治療、放射線治療、開頭手術を経て、7年後の現在、手術の後遺症はあるもののがんは再発せずに元気にしています。閃輝暗点のおかげでがんの発見ができました。

    • tarotaro より:

      narakuさん、書き込みありがとうございます。

      閃輝暗点の視覚障害のあとに、頭痛がないと怖いと言うのは聞きました。
      ネットで調べたところ、ほぼ皆さん「異常なし」でしたが、やはり頭部の病気が見つかることもあるんですね。
      婦人科系の検査以外は、わりと病院の検査は好きなんですが、じっと30分間動かずに仰向けに寝ているのはしんどそうですね。
      腰と肩が心配ですが、検査してすぐに結果を知らせてくれるそうなので、ドキドキしないですみそうです。

      ご主人、閃輝暗点から病気が発見されたんですね。
      閃輝暗点の視覚障害は驚きます。
      一瞬、自分の目がどうなったのかと、怖くなりました。
      ワタシも最初は眼科かと思いました。

      でも・・・脳神経外科でMRI検査をしても、「ひどい蓄膿症」だと診断されたのは、お気の毒です。
      最初のMRIでわからないことなんてあるんですね。
      ご本人に、蓄膿症の症状がお有りだと、素人にはわからないですもんね・・・。
      ワタシもアレルギー性鼻炎で、蓄膿症にもなったことがありますし、慢性的な蓄膿を持っている家人もいるので、ガンにつながるなんてショックです。

      嗅神経のがんは、希少なんですね。
      だから見逃されたのでしょうか・・・。
      闘病生活はご本人もお辛いでしょうが、ご家族の方も違う辛さがあったのではとご推察します。
      現在はお元気とのこと、本当に良かったです。

  3. ひめふみ より:

    いつも「分かる~!」と一人うなずきながらそっと読ませていただいてたのですが、今回は自分の経験したものが出ていたためコメントさせていただきます(^-^)

    閃輝暗点の症状、私は脳梗塞でした(^^;
    でも明らかに半身が痺れたりしていたので、参考にはなりませんが、救急では蓄膿症と診断されてしまいました(*_*)
    ただ、幸いとても軽かった(?)ようで、今は普段の生活に全く支障はありません!
    tarotaroさんも8~9割でありますように\(^-^)/

    • tarotaro より:

      ひめふみさん、書き込みありがとうございます。

      この病気から脳梗塞が見つかったんですね。
      しかし・・・MRIを撮影して、蓄膿症と診断される人は多いのでしょうか。
      アクセスも多くない場末のブログをご覧頂いている方の中に、二人もそんな誤診があったなんて。
      ワタシはどこかがしびれることはないですが、症状はなくとも進行する病気はたくさんあるでしょうから、怖いですね。
      でも現在は、支障なく生活されているとのこと、良かったです!
      そして、いつも読んでいただいてありがとうございます。
      検査が終わればUPしたいと思います。
      これからもよろしくお願いします♪