「警視庁ゼロ係3~生活安全課なんでも相談室」 最終話(第7話)ネタバレ感想~平成最後の夏のため口

スポンサーリンク

「完結・ウエディングドレス連続殺人」」

あらすじはコチラ→

桐ケ谷英(姜暢雄)は靖子(安達祐実)を拉致し、エンバーミングの準備を始めたところで冬彦(小泉孝太郎)らに見つかってしまう。
10年前の殺人事件については犯人だったが、5年前の事件は、姜暢雄が犯人ではないかもしれない。
安達祐実を人質に取っていた姜暢雄と対峙し疑問をもつ孝太郎。
しかし金田一(平岡祐太)が姜暢雄を射殺してしまった。

5年前の3人の被害者に共通点はないと思っていたが、2人の父親は医者で、1人の母親は看護師で聖ロザリオ記念病院で働いていた。
しかし5年前に全員退職していた。

5年前、聖ロザリオ記念病院に急患が運ばれてきた。
しかし川辺理事長(羽場裕一)は、取引先の会長の処置を先にするように3人に命令し、急患を後回しにした。
急患の女性は急変し、亡くなってしまう。
医療ミスで亡くなった女性の夫は、女性の亡くなった3日後に自殺した。

その女性の旧姓は「湯川」。
湯川(石坂浩二)の孫で小夜子(有森也実)の娘・希美だった。



希美はクラシックバレエが好きだった。
3人の死体遺棄現場はクラシックバレエと繋がっていた。

白鳥の湖
眠れぬ森の美女
恋は魔術師の火祭りの踊り

残すは理事長・羽場裕一の娘のみ。

石坂浩二は羽場裕一の娘を拉致した。
なんとか石坂浩二を見つけた孝太郎たちだが、娘を保護しようとしたが何者かが連れ去る。

真犯人は有森也実

娘が病院に運び込まれたとき、有森也実も一緒にいた。
娘を解剖し、死因を調べると、すぐに処置すれば助かっていたと確信する。

復讐を決意した有森也実。
しかし羽場裕一はアメリカに出国。
羽場裕一が帰国するまで3人の娘を殺害し、エンバーミング。
羽場裕一が帰国してきたと同時、3人の娘たちの遺体を遺棄した。
姜暢雄が起こした10年前の事件の検死をしていた有森也実はエンバーミング技術を習得していた。



やっぱり有森也実か~~~!!
姜暢雄が捕まるにも射殺されるにも早すぎたもんねぇ。
来週の枠を押さえられなかったから、つなげて2時間SPにしました~って感じでしたなw

そして平岡祐太の闇もたいしたことなかった!!
副総監の犬で、初動捜査の遅れをもみ消すためだけに送り込まれたのか~。
それをもみ消すだけだったのに、犯人を射殺したの??
こりゃ、酷いわ~。
酔っ払い片岡鶴太郎の説教で改心できるほど、自分の気持ちが安定していないのなら、また悪にも染まりそうだわ~。
あんだけ孝太郎のことをバカにしてたのにさ。
しかも人を一人殺したのになんとも思ってないようだ。
サイコパスじゃないかね?
いくら相手が犯罪者だとしても射殺したら少しは動揺しないのか・・・・。疑問。
副総監に潰されてから後悔したりして(苦笑)



ゼロ係の人間もそこそこ薄情。
本店栄転がよほどうれしかったのかもしれないけれどさ。
特に片岡鶴太郎は最悪だったなぁw
平岡祐太を説教するときに
「ゼロ係の仲間が好きだから」
とか言い出してたけれど、最初は警視庁に行きたがってたやん(苦笑)

大杉漣さんがいないゼロ係はすこしポッカリと穴が開いたようです。
どれだけその存在が大きかったのか思い知らされました。
誰でもあの穴は塞げない・・・。

それでも孝太郎と松下さんのコンビは回を重ねるごとに良くなっているので平成最後が最終シリーズにならないことに期待。
平成最後の夏のため口で「乙女心」なんて言い出したトラミ先輩。
まさか・・・警視殿を・・・!?←んなわけないな。
なんにせよ、また会えますかね。
このシリーズはまったり見られるとそれで良いので、警察上層部などが絡まない方がもっとヨシ!!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

感想はコチラ

「警視庁ゼロ係3~生活安全課なんでも相談室」 第1話 ネタバレ感想~この世界では生きている大杉漣さん
「警視庁ゼロ係3~生活安全課なんでも相談室」 第2話ネタバレ感想~来週も再来週も休止だなんて!
「警視庁ゼロ係3~生活安全課なんでも相談室」 第3話 ネタバレ感想~正当防衛を事件にするな。
「警視庁ゼロ係3~生活安全課なんでも相談室」 第4話 ネタバレ感想~悲しい殺人事件
「警視庁ゼロ係3~生活安全課なんでも相談室」 第5話 ネタバレ感想~もみたん、大迷惑の巻
「警視庁ゼロ係3~生活安全課なんでも相談室」 第6話 ネタバレ感想~作家のドンファン
キャスト
小早川冬彦…小泉孝太郎
寺田寅三……松下由樹
本条靖子……安達祐実
桜庭勇作……木下隆行
太田文平……戸塚純貴
青山進………六角慎司
鮫島弥生……岸明日香
古河祐介……手塚とおる
谷本敬三……石丸謙二郎
国仲春吉……加藤茶
金田一修……平岡祐太
古河祐介……手塚とおる
小林優太……栗山航
湯川春樹……石坂浩二(特別出演)
横山建夫……片岡鶴太郎

ゲスト
湯川小夜子++++有森也実
桐ケ谷英人++++姜暢雄

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なお より:

    急に姜が登場してきて、この人が犯人なんだ…すぐに射殺されて警察内部に犯人が?と思ったら石坂浩二か…あれ?その娘か…
    そう言えば有森也美はよく犯人やってましたね笑っちょいちょい出てきてたし…
    気楽に楽しめるドラマで好きですが
    加藤茶と鶴ちゃんのくだりはもういいかなーと(^_^;)ブーさんや仲本工事やらも出てきてたり往年のギャグやったりしてたけど
    わかる人はどれくらい?それともそのくらいの年代が見てるのでしょうかね?
    勿論私はどれもわかるのですが笑っ
    最終回で気付いたのですが
    加藤茶と店にいた子ってほんとの奥さんだったんですね?変わってしまって気付きませんでした。

    • tarotaro より:

      なおさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      展開的には読めましたよね。
      ずっと有森也実は怪しかったですからw
      結果的にゲストの二人が犯人だっていう。
      ゲスト=犯人
      って図式を貫きました!

      そうそう。
      加藤茶とその嫁。
      あんなに離婚するとか財産目当てとか言われていたのに、うまくいっているみたいですね。
      ドラマでは親子なんでしょうか?
      会話が夫婦っぽくないなと思ったんですが、夫婦なんでしょうか。

      多分、このドラマ、ドリフネタがわかる年代の人がターゲットなんだと思います。
      「懐かしいねぇ。」と思うか「ヨボヨボだから見たくなかった」と思うかはあなた次第(爆)
      「全員集合」はあまり見ていなかったワタシですが、加藤茶のギャグはみんなわかります~。
      さすがに志村けんは別格なのか、気軽には出てこないですね。