「夕暮れに、手をつなぐ」 第2話 ネタバレ 感想~300万円は婚約不履行ってことで請求しないか?

スポンサーリンク

「とっくに恋に落ちているのに、なかなか恋が始まらない」

あらすじはコチラ→

浅葱空豆(広瀬すず)はそば屋バイトを始める。
エレベーター代の300万を春までに稼ごうとする。
そんな中、響子(夏木マリ)
雪平爽介(川上洋平)にに誘われて異業種交流会(合コン)に行く

海野 音(永瀬廉)も音楽では食べて行けないのでカフェでバイトをしている。
そこで謎の美女・菅野セイラ(田辺桃子)に「好きになりました」と告白された。
音はコンペにだす作曲をしている。
響子(夏木マリ)は音と珈琲を飲みながら、爽介に空豆が似合っていると思って拾ってきた。
それでも息子を取られたくないと話す。

合コンは楽しくない空豆。
爽介と帰る車の中で、母親に捨てられた話をする。
2人はちょっと良い感じ?

音も謎の美女に電話をかけ談笑している。
恋が始まったんでしょうか?

スポンサーリンク

300万円のエレベーター代は婚約者が支払うでしょう。
もし逃げるならそれは詐欺師。
ってか、エレベーターいらんでしょう?
もし階段を上がれないほど足が悪いなら、1階で生活すれば良いよ。

で…ちょっと夏木マリも怖いよw
息子はいくつの設定なんだろう?
中の人・川上洋平はもう40才じゃん。
いくつになっても息子を取られるのは腹ただしいって年かよ。
ってか、息子の母親はそんなもんじゃないと思うぞ。
嫁に息子を取られるのが腹立つって…ないよねぇ。
今時。
脚本家さんは川上さんがお気に入りなんだね。
お芝居は…すこ~~~しだけ進歩したかな。
でも広瀬すずちゃんの相手にしては…ちょっと年齢的に…。

音に声をかけた美少女。
美人。
ホントに美人。
いきなり告白…。
あ、その前に内田理央にもアプローチされてたなぁ。

スポンサーリンク

2人の顔面よね。
婚約者に捨てられようとも。
合コンに参加して、婚約者と同じような起業家と出会っているが話が合わない
だけど、夏木マリのような土地持ち資産家の青年実業家で「ピュア」な男性と出会う。
昨日まで婚約者に捨てられて金もなかった女の子が。
もうすでに普通じゃないもんなぁ。

そんなことばかり起こるけど、神は平等ではないのだから仕方ないって思うよ(苦笑)
空豆の中身がピュアな田舎者というにはスカスカなのが玉に瑕。
ピュアなのが擦れていないってことなのかもしれないけど、常識も知らないってことではない。
田舎者は東京の暮らしをわからないってことかもしれないけど、やはり常識を知らないってことではないよなぁ。
そしてやっぱり方言が気になるのでした。
方言を使わないほうが良かったかもなぁ。
使うなら、広瀬すずちゃんの地元・静岡あたりの言葉にすれば良かったのにね。

スポンサーリンク

感想はコチラ
「夕暮れに、手をつなぐ」第1話 ネタバレ 感想~広瀬すずに普通の役を!令和のロンバケ!

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌/ヨルシカ「アルジャーノン」
エンディング曲/ King & Prince「Life goes on」

キャスト
浅葱空豆(広瀬すず)
海野音(永瀬廉/King&Prince)
雪平響子(夏木マリ)
雪平爽介(川上洋平/Alexandros)
丹沢千春(伊原六花)
丹沢博(酒向芳)
磯部真紀子(松本若菜)
アリエル(内田理央)
久遠徹(遠藤憲一)
葉月心(黒羽麻璃央)
菅野セイラ(田辺桃子)
矢野翔太(櫻井海音)
浅葱たまえ(茅島成美)

コメント