「東京タラレバ娘2020」 ネタバレ感想~3年経ってもやってることは同じ。

スポンサーリンク

あの3人娘が帰ってきた!!

あらすじはコチラ→公式サイト

前作はコチラ

原作はコチラ


倫子(吉高由里子)の場合
逆プロポーズした倫子。
結婚が決まってから結婚式までまでめっちゃ早いなぁ!
と思っていたら、結婚相手・朝倉理一(松下洸平)が結婚直前に逃げられたというモトカノ・ユカ(佐藤玲)が映画「卒業」ばりに教会にやってきた。
朝倉とユカは教会から逃げる。
「内向的な彼女が勇気を出してやってきてくれたと思ったら一気に時間が戻ってしまった。」←騙されてる・・・。
その夜、LINEで謝罪する朝倉。←あり得ない。
そこから引きこもり生活の倫子を「呑べえ」に連れ出す。
倫子は仕返しをしたい気分。
香と小雪に止められるが矛先は二人へ。
倫子の八つ当たりに耐えられなかった香は
「自己チューだから男に捨てられるのよ。」
と言ってしまう。

大げんかの帰り道、なんとKey(坂口健太郎)に出会う。
朝倉に逃げられたことを知っていたKey
「全部相手のせいなのか?」←全部相手のせいだろ。
と言われ挙げ句のはてに
「今のアンタ、最高にカッコ悪いよ!」←アンタもな!
とまで言い捨てられてしまう。

香(榮倉奈々)の場合。
幼なじみと結婚するも、おおらかなとこが長所の夫・ゆう(渡辺大知)。
裏を返せば”鈍感”。
夫の母・・・つまり姑の孫つくれ!仕事やめろ!・・・のプレッシャー。
食事を持って来たり、掃除をしたり・・・留守宅にやってくるのだ。
倫子が朝倉に逃げられた日、朝まで倫子に付き合った香。
しかし夫が胃腸炎で体調が悪くなり、姑にたっぷり絞られた。
そしてこれからは夫婦のことに口出しすると宣言されてしまう。



小雪(大島優子)の場合
出会い系で知り合った世田谷の34才(長原成哉)とバーで飲んで・・・朝まで一緒に飲みませんかと誘って、ベッドイン。
「何やってんだ!」と後悔。
そんな時、元彼で不倫相手の丸井(田中圭)と出会う。
「小雪さん全然変わらないね。
ちょっと元気ない?」
丸井にカフェを出店することを報告するとめっちゃ喜んでくれた。
丸井は小雪が自分の見せを持ちたいと思っていたことを良く覚えていた。
お花をだしたいけどダメだよね。

香が姑に大切なドライフラワーを捨てられたのを機に、家出。
そして温泉旅館で3人集まる。←はしょりましたw
「幸せになりたい!」
と三人。

香は夫と仲直り。
夫は姑にビシッと言ったわけではなさそうだけど、家事もちゃんとすると意気込む。
香も、独身のころと変わらなかった自分も悪いと謝罪。
二人で頑張ることに。

小雪はカフェをオープン。
父ちゃんにも認めて貰った。



倫子は映画の仕事が決まる。
早坂(鈴木亮平)に慰められた・・・ことでKeyに謝罪しなければと思い立つ倫子。
Keyは今日、ロスに旅立つ。
追いかけるように言われた倫子はKey
「この前はひどいこと言ってごめん。
アンタに出会わなければよかったではなく
あんたに出会えた”から”だった
タラレバを”から”に変えれば良い
あんたがロスに言っちゃったから新しい恋をした
今、後悔してから
前に進めるんだってやっとわかった。
だから、私、あんたに出会えて良かった。」
「あのさ。俺が本気で役者やって行こうと思ったのはあんたが過去を吹っ切らせてくれたからだ。」
倫子を抱きしめる。
「ありがとう。」
笑顔になる倫子
「じゃあ、行くよ。」
歩き出すKey
「倫子。
また。あんたに会いに帰ってくるよ。
あの時は言えなかったから・・・いってきます。」
「いってらっしゃい!」
10月、香は妊娠。
幸せな三人・・・?

またこんなエンディング。
微妙よね。
倫子は気の毒なのに、なんでKeyにも謝らないとならないのか。
Keyみたいな男。
やっぱりどこが良いのかわらかん。
坂口健太郎だから良いのか?
でも・・・坂口健太郎は違う役のほうが魅力が増しそうだわ。
もっとオラオラ系の俳優のほうが良いかも。
あの人とかあの人とか(爆)
女子会をバカにするのも腹立つしさ。
で、倫子が結婚すると聞いて動揺。
動揺するならちゃんと連絡取っておきなさいよ。
肝心な時に肝心なことを言えないくせにさ。
Keyってクールでもないし、カッコ悪いよ。
女々しいよ。

香にもただただ同情。
同級生と結婚するなら姑とは上手くいきそうなのに。
結婚相手がバカな子だったからさ、ちゃんと操縦すればなんとかなるか?
「もう手伝ってくれなくても良いよ。」と義母に伝えたという夫。
今は静かでも孫フィーバーになりそう。
あんなにしょっちゅう来られて、掃除されて、料理されたら気が狂う。
孫が産まれたら、実母に頼りたい。
今のうちに手を打たねば、ヤバいことになりそう。

で、小雪は。。。尻軽なんですか?
会ったその日にホテル誘ってくる女。
何も始まるわけないw
やっちゃった後に余計寂しくなったって・・・。
相手はそこそこ紳士な対応していたのに、なんでそんなことしちゃったかね。
自分から破壊しちゃって。
・・・で田中圭ね。
そう、丸井とはこんな人だった。
そうそう。結構、バカだった(爆)←ディスってないよ。ホントに。
結婚しているの黙って付き合っちゃってたんだしさ。
バカでしょw
小雪は・・・一番恋愛に向いてないのかもなぁ。




ワタシ、タラレバ、ハマらないのに見ちゃった(苦笑)
鈴木亮平と松下洸平を見るために。
松下くん。。。最低な男だったなぁ。
倫子、相手のあざと女に仕返ししようとして、香らに止められていたけれど。
松下くんの会社(図書館?)くらいには言ってもいいと思うけどね(苦笑)
とにかく慰謝料だけはがっぽり貰おう。
あんな辱めはないし。
「内向的な彼女」があのタイミングで教会にくるわけないし。
再び捨てられろ!って祈るのは悪いことではない。
ってか、香も小雪も
「朝倉さんどうせすぐ捨てられるから」
って言ってたねw
ワタシもそう思う!!!
・・・やっぱり相手のせいにすることを責めるKeyは苦手だわ・・・。
こんな婚約不履行は相手のせい以外、何物でも無い。
聖人君子でもあるまいし、1週間やそこらで癒やせる傷ではないよ。
そっか。ワタシ、Keyが嫌いなんだ(爆)

ただ・・・主人公の求める幸せが昭和すぎるかも。
33才・・・まだ焦る年でもないしさ。
香が言うように結婚はゴールではない。
Keyと結婚なんてしたら・・・香の比ではないくらい辛そう。
モラハラで立ち直れなさそうだ。


にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

キャスト
鎌田倫子(吉高由里子)
平沢香(榮倉奈々)
鳥居 小雪(大島優子)
KEY/鍵谷 春樹(坂口健太郎)
早坂哲朗(鈴木亮平)
鮫島涼(平岡祐太)
芝田マミ(石川恋)
鳥居安男(金田明夫
丸井良男(田中圭)
朝倉理一(松下洸平)
平沢ゆう(渡辺大知)
井上晴美 長田成哉 佐藤玲
声の出演
加藤諒 あ~ちゃん(Perfume)

コメント

  1. saki より:

    半分見て最後を見て寝て、今、ここ見てます(笑)

    私もKey嫌いなんだよねー。
    だから坂口健太郎も嫌いなんだと思う…

    クールとか口下手じゃなくて、顔だけカッコいいだけで、うじうじした奴。
    芸能界にはこんなの多いんだろうな~。

    私も33歳って聞いて「え、まだ?」って思いました。
    体力もあるし、働きざかりだよ。
    医学上は子どももまだじゃんじゃん産めるし、この時代の都会の子が、20代から結婚願望強いってのもびっくり。

    周りに「結婚って互いの親の問題とか、子どもどうするとかでけっこう面倒だよ」って言う友達はおらんかったのかなー(笑)

    残り1時間はや回しで見ますー

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      Key嫌ですよねぇ。
      どこが良いのかわからないです。
      最近、ユニクロのCMが嫌いなので・・・なんかなぁ。
      クールには見えないし、格好良くも見えないし(苦笑)

      東京ではバリキャリでなくても33才独身は珍しく無いと思うんですよね。
      あんなに結婚を焦るもんなんですかね。
      焦っても良いけど・・・なんか・・・なんか昭和じゃない?って思っちゃいます。

      全員が全員恋愛が中軸にある仲間って珍しいですよね。

  2. ミートゥ より:

    たろさんの感想でスッキリさせていただきました!!

    そう、坂口くんはもっとほわほわの癒し系の役のが魅力的かもw

    そして恋愛ドラマにして、早坂さんと小雪のお父さん(←笑)くらいしか、まともな男性が…

    で、肝心なkeyも、ねぇ。

    やっぱり早坂さんの方が断然、男性としての器も大きくてずっと格好いい(最後の「行ってきなさい」はもはやファンタジーですがw)…

    って、本編でも強く思ってたことを、スペシャルみて改めて思い出しました(^^;

    • tarotaro tarotaro より:

      ミートゥさん、コメントありがとうございます。

      このドラマ男もクレイジーですよね(苦笑)
      小雪以外は家族が出てこないですが。
      倫子とバージンロードを歩いていたのは父親なんでしょうか?
      結婚までトントン拍子にいきすぎて、主人公の両親との会話すらなくて・・・。

      本編でも早坂一択だろ!って思っていたんですよねぇ。
      いつの時代も恋愛ドラマはファンタジーですが、このドラマの場合、リアリティが一ミリもないような気がするのは、ワタシがアラサーではないから共感出来なくなっているのでしょうか(爆)