『エール』 第84回 感想~弘哉、予科練入隊。もう帰らない予感。

スポンサーリンク

 第84回(第17週)「歌の力」


あらすじはコチラ→
「若鷲の歌」を作曲してから4ヶ月。
映画は封切られ、大ヒット。
裕一の作った「若鷲の歌」も大ヒット!
そんな時、古山家に五郎と梅が結婚報告にやってきた。
裕一が五郎に送った結婚祝いは、五郎がかいた曲のアレンジだった。
「作曲家になれなかったけど、僕は幸せです。」
ただ・・。馬具のほとんどは軍におさめられてしまうことが心苦しい五郎。
「五郎君。
馬具は人を殺す為の道具じゃない。
人を守る為の道具だ。」
「岩城さんにもそう言われますけど、時々胸が痛くなります。
先生。
差し出がましいようですが、先生には戦争に協力するような歌は作って欲しくないです。
人を幸せにする音楽を作って欲しいです。」
「僕の曲は人を幸せにしないのかな?」
「先生の歌を聴いて軍に志願した若者がたくさんいます。
お国のために戦わねばならない人がいます。」
「日本は戦っているんだ。
その命に報いるためにも戦い続ける。」
「戦争に行く人が増えれば無駄に死ぬ人が増えるだけです。」
「命を無駄と言うな!!!!」
五郎は書斎から出ていく。


縁側で裕一の怒鳴り声を聞いた音と梅。
裕一の大きな声を初めて聞いたと言う梅に
「裕一さんは自分が招集されなかったのを申し訳ないと思っとる。」
みんな戦っているのにという後ろめたい気持ちが、戦意高揚の歌に傾きとても怖いのだと・
「あのね。
五郎ちゃんキリスト教に入信したの
あの人、まっすぐ過ぎる。
ちょっと不安。」
梅を抱き寄せる音。
「昔はすぐ言い合いになっとったのに
今は落ち着く。不思議だね」
「そうね」
「ありがとう」
「梅・・・結婚おめでとう。」
「ありがとう。」
ギュッと抱き合う二人。

五郎と梅が帰る。
裕一と五郎はまだ仲直りはしていない。
五郎に聖書を渡された裕一。



そんな時、久しぶりに弘哉がやってきた。
「僕、予科練に合格したんです。」
入隊するために挨拶にやってきた弘哉親子。
「決戦の大空へ」を見て予科練に入隊したいと思った弘哉。
仲間とともにこの国のために戦いたい。
その上「若鷲の歌」を作った先生が身近にいる。
裕一に貰ったハーモニカも持って行く。
「音楽教室本当に楽しかったです。
ありがとうございました。」
弘哉・母は
「あの子が自分から何かやりたいと言いだしたのは初めてだったんです。」
音楽をはじめてから少しずつ自信がついたのか、お国為に立派に戦いたい。
そのために運動も勉強も頑張った。
親としては応援しないわけにいかないと寂しそう。
「弘哉君は本当に立派だと思います。」
と裕一。

弘哉は華に
「立派な飛行兵になってたくさんの敵を倒してくるよ。」
と最後の一つになったドロップ缶を華に渡す。
書斎で五郎に貰った聖書を読む。
”悪より遠ざかりて善を行い 平和を願って これを追い求めよ。”
ある日、報国音楽協会に呼び出された裕一は、戦地の慰問を依頼される。

あああああああ。弘哉君の死亡フラグ!!!
弘哉くん、帰らぬ人となりそうです。
ひしゃげたハーモニカだけが弘哉ママ(徳永えり)の手元に戻ってきそう。
うわ~~。嫌だなぁ。
弘哉が乗る前に飛行機が全部なくなれば良いのに。
でも・・・この時期の予科練入隊は死ぬための道具でしかない。
操縦できるようになったら即、飛ばされるんだろうな。
せっかく勉強を頑張ったのに。
母一人残すのか。
音楽教室に行っていなければ・・・こんなことにはならなかったのに。
華の初恋も終わる・・・。
初恋なんてこの際どうでも良いか。
弘哉の母・・・出来た人だから裕一を恨むことはないと思うけど・・・。
辛すぎるわ。

藤堂先生も多分死ぬでしょ。
弘哉くんも多分死ぬでしょ。
戦死するのは一作品に一人にして欲しい!!!!
藤堂先生より辛いわ。

五郎ちゃん、こんなに出てくるとおもわなかったなぁ。
キリシタンになっちゃった。
確かに真っ直ぐ。
そしてかなり差し出がましい(苦笑)

裕一と五郎。
真っ直ぐなんだけど・・・なんつーか斜め上というか。
裕一の五郎への結婚プレゼントは素敵だったのになぁ。
裕一は戦地に慰問するでしょう。
五郎は特高に目をつけられようとキリスト教を信仰するんでしょう。
キリスト教・・・。
キリスト教も戦争は引き起こしているけどね。
戦争に宗教・・・キツいわ。

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
古山華・・・・根本真陽
古山まさ・・・菊池桃子
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
杉山あかね・・加弥乃
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内智彦・・・奥野瑛太
廿日市誉・・・古田新太
藤堂清晴・・・森山直太朗
昌子・・・・・堀内敬子
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
小山田耕三・・志村けん

語り・・・・・津田健次郎

コメント