「オトナ高校」最終話 ネタバレ 感想~スピンオフも決定、続編もありそう!

スポンサーリンク

土曜ドラマ 「最終話(第8回) 「ついに卒業!?周回遅れの青春ドラマ、感動のクライマックス!

あらすじはコチラ→
オトナ高校のエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井愛莉)がチェリート(三浦春馬)を押し倒し、彼のファーストキスを奪うという暴挙に出た!
キス現場を目撃した真希は当然のごとく激怒。
だが、さくらはしれっと「なんかムシャクシャしてたから」と言い放ったかと思うと、英人の成長のなさを指摘。
自分では成長していたつもりの英人は悔しさから、「もっと変わらなきゃいけない!」と奮起する。

その矢先、オトナ高校が来年度から正式開校することが決まり、今いる生徒の教育は急遽今週いっぱいで終了することに。
もちろん卒業できなかった生徒は優先的に第二期に入学できるというが、実績不足を理由に国家からクビを言い渡された熱血教師・山田翔馬(竜星涼)
そんな中、勘違い街道まっしぐらのチェリートは「この状況からみんなを救う英雄になれるのは僕しかいない!」と使命感をたぎらせ、藪から棒にリーダーに立候補!
「翔馬先生の退任取りやめのために、全員で卒業しよう」と熱弁する。
すると驚くべきことに、全生徒が賛同するという“奇跡”が巻き起こり…!

リーダーとして火が点いた英人は、全員卒業のための計画書を作るなど、ついてきてくれる生徒たちのために猪突猛進。
放置されたスペアの気持ちを思いやることをすっかり忘れたがために、同棲解消を言い渡される。

その事実を知ったED童貞部長・サショー(高橋克実)は「いよいよ俺の出番だ」と、愛しのスペアへの急接近作戦を張り巡らせるのだが…。
一方、教職をクビになる翔馬は立ち退きも迫られ、自暴自棄に。

翔馬への叶わぬ恋に身を焦がす益美、川本・カルロス・有(夕輝壽太)とも、怒鳴り合いの喧嘩になってしまう…。
そんな中、突如、さくらが失踪してしまい…?

んでんでんででででえでえ




チェリートのみ卒業できず!!!!

サショー☓スペア

ヒミコ☓ペガサス

ヤルデンテ☓バイト男子

チェリートの活躍により、ペガサス先生も学校に残れることに。

だけどチェリートだって、さくらちゃんに告白されていたんだ。
だからチェリートだって・・・。

女心と秋の空

ってことで、さくらの気持ちは冷めていた!!!

さくらちゃん、ひどいねぇw
「むしゃくしゃしてやった。」
なんて、万引きじゃあるまいし、
「童貞なら誰でもよかったし」
って言いそうな言い訳w

蝶になったら、花の蜜を吸いに行ってもいいかな!

エロエロ恥ずかしいこと

アグネスラムと結婚

そして・・・

ゆがみキターーー!!!

お見合いパーティー参加参加申し込みのメールに、ゆがみと羽生の名前が!!!
曲を超えたつながり・・・。

あぁ、もう拾いきれないほど詰め込んだ最終回。

ただ一つ言えることは、続編作りやすそう!!

スピンオフの配信も決まっているしねぇ。

一番幸せなのは、ヒミコだなぁ。
ペガサス先生は酒癖がわるいけれど、ヒミコなら支えられるさ。

スペアさんは、やっぱりジジィが好きなのね。
しかも変態ジジイだけど、エエんかw

三浦春馬は新境地だな。
チェリートの走り方がうますぎる。
ホンマに運動神経ない走りやたもんなぁ!!

コレ、ゴールデンでの放送は無理だろうけど、三浦春馬以外の生徒を変えて続編がなんぼでも作れそうよねぇ。
スピンオフも地上波で放送して欲しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

高橋優『ルポルタージュ』(ワーナーミュージック・ジャパン/unBORDE)

感想はコチラ
「オトナ高校」第1回 ネタバレ 感想~綿引巡査がペガサスに!!
「オトナ高校」第2回 ネタバレ 感想~チェリート春馬は卒業できない
「オトナ高校」第4回 ネタバレ 感想~政府の身体検査が甘い
「オトナ高校」第5回 ネタバレ 感想~バカッター王子の入学と卒業
「オトナ高校」第6回 ネタバレ 感想~そびえ立たない俺 ・サショー
キャスト
荒川 英人(あらかわ・えいと)(30)………三浦 春馬
権田 勘助(ごんだ・かんすけ)(55)………高橋 克実
山田 翔馬(やまだ・ぺがさす)(25)………竜星 涼
姫谷 さくら(ひめたに・さくら)(24)………松井 愛莉
斑 益美(まだら・ますみ)(35)………山田 真歩
川本・カルロス・有(かわもと・かるろす・ゆう)(33)………夕輝 壽太
嘉数 喜一郎(かかず・きいちろう)(53)………杉本 哲太
持田 守(もちだ・まもる)(45)………正名 僕蔵
園部 真希(そのべ・まき)(32)………黒木 メイサ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ぽんぬふ より:

    tarotaroさん、こんにちは。
    終わっちゃいましたね~。途中から見ましたが三浦春馬の演技力と役の幅広さを認識したドラマでした。ところどころ挟んでくるピンクのバックでの心の声も最高です。
    他のキャストもそれぞれのキャラが確立されていて適役でした。
    前回のスペアとの同棲生活が酷く「これは顔が三浦春馬でも無理」(と思わせる演技がすごい)と思っていましたが、さくらはさくらで酷すぎw
    スペアとサショーは前々回くらいからその雰囲気はありましたが、客観的に見ると年の差すぎてどうなの?っていう組合せ(しかもアブノーマルプレイが必須)。
    純粋に幸せなのはヤルデンテとヒミコですね。特にヒミコは一番変わったのではないでしょうか。決まったバイトの内容が気になります。
    自分以外の生徒が卒業したのはチェリートにとって寂しいかもしれないけど、さくらと結ばれるのもどうかと思うので続編希望も込みで永遠にチェリーのままってことで(笑)

    • tarotaro より:

      ぽんぬふさん、お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      終わりましたねぇ。
      今まで三浦春馬のイケメン設定に疑問を感じていたのですが、この演技力は素晴らしいですね。
      いろんな役を見てみたいと思いました。

      そして他のキャストも素晴らしかったですね。
      高橋克実はびっくりしないですけど(元々得意分野だとおもっているので)、三浦春馬とともに驚いたのがペガサス先生でした。
      竜星涼はこんな演技も出来るんだなぁと感心しました。

      スペアさんは、誰とも合いそうにないんですけど(苦笑)
      まさかのサショーか!!
      と驚きました。
      と同時に、サショーに思いを寄せていたお嬢さんが可哀想で(苦笑)
      あの子、良い子だったよなぁw
      ヤルデンテとヒミコは幸せになって良かったです。

      さくらとは結ばれなくても良いかなぁw
      さくらちゃんは可愛いけれど、演技力に難があるのでヒロインとしては受け入れられないです。
      第二弾があるなら、今季のメンバーも少し残しつつ、新キャラを見たいですね~。