「内閣情報調査室 特命調査官・ハト」 ネタバレ 感想~松重豊さんが好きですw

スポンサーリンク

日曜ワイド「内閣情報調査室 特命調査官・ハト」

あらすじはコチラ→
須波太平(松重豊)は、下町の商店街の片隅にたたずむ小さな電器店の店主。
だが、太平の正体は、内閣情報調査室、通称“内調”の“特命調査官”。
内調とは国内外のさまざまな情報を収集し分析、調査するほか、特定秘密の保護に関する事務を担当する部署で、そこに所属する特命調査官は“日本版CIA”ともよばれ、身内にもその素性を隠して市中に潜伏、広く情報収集に当たるのが主たる任務だ。
経歴・本名などは、“内調”の中でも、室長の鷲尾昇(榎木孝明)をはじめとするごく一部の人間しか知らず、その存在を示すのは唯一、コードネームのみ。
太平につけられたコードネームは“ハト”だった。

“ハト”こと、太平にかかってきた電話は“福祉タウン計画推進委員会”の長を務める国会議員・立花正二郎(大河内浩)から収賄の罪をなすりつけられ、姿を消していた運転手・島村雅彦(佐藤祐一)が現れたという情報だった。
太平は鮮やかに島村の身柄を保護し、内調の調査官・朝宮圭(前田亜季)に引き渡した。
続いて太平が鷲尾から命じられたのは、失脚した立花の代わりに福祉タウン計画推進委員会の委員長を務めることになった利倉富貴子議員(とよた真帆)の“身体検査”だった。
富貴子は福祉に熱心なクリーンな政治家として知られ、福祉タウン計画は彼女の悲願でもあった。
そんな彼女がある日突然、福祉タウン計画の見直しを独断で発表し、世間は大騒ぎとなる。
しかもその矢先、富貴子の後援会のメンバーでもある介護施設経営者・西浦幸作(井田國彦)が謎の転落死を遂げる。
西浦の娘・美里(青野楓)によると、富貴子が見直しを発表する前日、西浦が1枚のメモリーカードを手に、「政治生命にかかわる秘密がここに入っている」と彼女を脅していたという。
しかし、メモリーカードはどこにも見あたらない…。



犯人は住田隆で黒幕は若林豪

若林さん、最初からず~~~~~っと嫌な政治家だったけど、逮捕されちゃうとはw
ここんとこ「赤い霊柩車」を見ていないので、久しぶりに見たってのに、銭ゲバジジィだったな。

若林豪が福祉タウン計画で私服を肥やそうとした”証拠”を池田政典(野尻)が掴み、福祉会社社長の井田國彦(西浦)相談。
井田國彦も事実を確認し、とよた真帆に伝えた。
しかしとよた真帆は保身に走り、若林豪の贈収賄を明らかにしなかった。
池田政典、とよた真帆、井田國彦は同級生で、池田政典ととよた真帆は付き合っていた。
しかし政治家になるべく父親の秘書になったとよた真帆と、ジャーナリストになるために海外に言った池田政典は別れる。
別れてから出産をしたとよた真帆。
井田國彦を仲介し、池田政典に手紙を書いたが、出産した息子は両親の手により引き裂かれた。

その手紙をネタに若林豪の不正を明らかにするよう、とよた真帆を追い詰める井田國彦だったが、とよた真帆の秘書で、若林豪に内通していた住田隆(ビシバシステム)に殺されてしまう。
住田隆はいずれ政治家にしてやると言われ犯行に及ぶ。

井田國彦が殺されたことで、証拠を手にした池田政典もとよた真帆の説得にあたる。
盗聴器を仕込んで、その話を聞いていた住田隆は池田政典も殺害。

当初、国益に反することをしていなければ、多少の私服を肥やしていても処罰しないと言っていた榎木孝明だったが、若林豪はIT会社を始めとする日本の最先端技術を国外に流出し私服を肥やしていたので、逮捕に踏み切った。




一見ややこしそうな事件で、スパイっぽい松重豊の活躍も見られたんですが、結構単純。
若林豪の不正の証拠を掴んだのであれば、データをネットに上げれば解決できたような気もする。
ま、それだと最初の事件みたいに、運転手や秘書のせいになって、若林豪を逮捕できなかったかもしれにないから、結果オーライか。

それにしても豪華キャストでしたねぇ。
松重豊さんは声も良いし、好きな俳優さんなので、主演ドラマを見られて嬉しいわ。
ラテ欄を見て、また矢田亜希子が犯人かと思ったけれど、彼女は検察のスパイかなんかだったのかしら。

松重さんは15年前までは公安だったが、マークしていた人物の母親に肩入れしてしまい公安部の動きがばれ、爆破事件が起きてしまったことの責任をとって退職。
その後、爆破事件に巻き込まれた浅田美代子と結婚して、婿養子に入り、電気屋を継いだ。
平穏な暮らしを求めたが、8年前、榎木孝明にスカウトされハトになった。

ラブラブ夫婦なんだけど、浅田美代子も旦那・松重豊の正体には気づいてないっぽい・・・。
このキャストは非常に良いんだけど、あと20年位若かったら、この設定がもっと生きそうw
コレに関しては、私の頭で処理(松重さんも浅田さんも40代の設定で視聴したw)。

他に癖のあるキャストとしたら・・・松村雄基さんかな。
久しぶりい見たけれど、大映ドラマで活躍しているときから全然変わらない。
よくわかんない刑事だったけど、松重さんとお互いを利用し合う関係に至ったw

んでもって、ただ一人の若手・前田亜季ちゃん。
って思ったけれど、彼女も30代になっていた(苦笑)

さて、日曜ワイドですが、12/24まで放送があるみたい。
来週は、12/17 「電卓刑事」 高島礼子主演。
12/24は、ドラマスペシャル「無用庵隠居修行」 水谷豊主演
これは時代劇?

他にも、12/16 テレビ朝日 「黒薔薇」【刑事課強行犯係 神木恭子】(22:00~12/17 0:08) 貫地谷しほり主演

12/17 テレビ朝日 ドラマスペシャル「ヘヤチョウ」(21:00~22:54) 内野聖陽主演

12/24 テレビ朝日ドラマスペシャル 松本清張「鬼畜」(21:00~) 玉木宏、常盤貴子、木村多江

1/1 テレビ朝日 「相棒 season16 元日SP」(21:00~) 水谷豊、反町隆史、

1/2 TBS 新春ドラマスペシャル「都庁爆破」(21:00~) 長谷川博己、吉川晃司

1/2 テレビ東京 新春ドラマ特別企画「三匹のおっさんスペシャル」(21:00~) 北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎

1/2 テレビ東京 ドラマスペシャル「忘却のサチコ」(23:15~) 高畑充希

1/4 テレビ朝日 「DOCTORS」【最強の名医 新春スペシャル】(21:00~) 沢村一樹主演

以上、覚書(笑)

あ、NHKを調べるの忘れていたw
1/2はTBSとテレ東とかぶるんだよねぇ。
帰省しているはずなので、テレ東も見られるんですがどうしようかなぁ。
連続ドラマは好評だったけれど、見ていないんですよねぇ。
あと、 「DOCTORS」は野際さんはどうなるんだろう???

で、松本清張「鬼畜」。
正妻の役が常盤貴子で、愛人が木村多江。
まさか「鬼畜」は現代版にしないよね?
ただテレ東のビートたけし主演の「鬼畜」はイマイチ「鬼畜」じゃなかったしなぁ(苦笑)
黒木瞳が悪く慣れなかった。
やっぱり、岩下志麻姐さんと小川真由美姐さんを超えられないと思うんだけど・・・・。
どうなるのか、怖いもの見たさで楽しみだけれど、結末を知っているだけにモヤモヤしそうな年の瀬(爆)

あ、松重さんのドラマ、続編が作れそうな終わり方でした。
ぜひ、また見たいです!!←取ってつけたようだけど、心からそう思っています。

cast
須波太平 松重 豊
忍成京子 矢田亜希子
利倉富貴子 とよた真帆
倉沢正義 松村雄基
朝宮 圭 前田亜季
野尻要介 池田政典
西浦幸作 井田國彦
加古川源蔵 若林 豪
鷲尾 昇 榎木孝明
須波律子 浅田美代子
ほか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なお より:

    松重さん主演よかったです(^_^;)
    矢田亜希子もきっと検察のスパイですよね。
    続編希望します。
    松村雄基久々でした。昔から好きだったけど変わらないです。
    昭和な感じもよかったです。

    8年前の出会いで夫婦になったんですよね。私ももう少し若い方がいいと思いました(^_^;)熟年ですよね笑っ

    • tarotaro より:

      なおさん、書き込みありがとうございます。

      松重さん良いですよねぇ。
      オンオフの使い分けもステキでした。
      矢田亜希子の正体も知りたかったです。
      松村雄基、若々しいですよねぇ。
      あまり変わらないので、年齢をみると驚きます。
      いとうまい子も若いけれど、伊藤かずえや川上麻衣子は結構・・・おばさんになっているから・・・。
      あ、松村雄基といとうまい子がサイボーグなのかもしれないけど(笑)

      結婚したのは15年前で、8年前に榎木孝明にスカウトされたのではなかったでしょうか?
      どっちにしても、熟年ですねw

  2. みやこ より:

    こんばんは。「鬼畜」やるんですね。私もビートたけしさんのはイマイチでした。
    玉木宏さんか〜どうでしょうね。
    どれもそうなんですが、岩下志麻さん出ちゃったらもう誰も敵わないですよね。
    あと、松村雄基さん観ると一瞬で私の心が昭和モードになります〜ほんとにあの人老けませんね。

    • tarotaro より:

      みやこさん、書き込みありがとうございます。
      「鬼畜」、やるんですよ。
      ビートたけし☓松本清張は、「点と線」が良かったですね。
      無口な刑事役のほうが似合っていました。

      岩下志麻さんと小川真由美さんのコンビは最強ですよね・・・。
      この二人のインパクトと恐怖を超える女優は中々いないですよねぇ。
      緒形拳さんだから太刀打ちできたものの・・・・(苦笑)
      当初、この役は渥美清さんにオファーしていたというのを知って驚いた記憶があります。
      玉木宏は・・・男前すぎますかね?

      松村雄基さんは「しょーこぉ」のイメージがありますが(笑)
      本当に老けないですよね。
      お顔も体型も変わりないのに驚きます。

  3. みやこ より:

    お返事嬉しいです。
    「鬼畜」に渥美清さんッ⁈全く想像出来ません…
    「しょぉぉぉこぉぉぉ〜」観てました!
    「不良少女と呼ばれて」。
    今となっては「不良少女」という日本語さえ若い子に通じるか不安です…

    • tarotaro より:

      みやこさん、コメントありがとうございます。

      渥美さんは、寅さんのイメージが強いので、鬼畜は・・・ねぇ(笑)
      ご本人も「寅さん」のイメージが壊れるのを好まなかったらしく、お断りになったとか。

      「不良少女」とか「非行」とか「番長」とか・・・・きっと平成の子たちにはわかりませんよね。
      その平成も終わると言うのに(苦笑)