「推しの王子様」 第3話 ネタバレ 感想~船越英一郎が胡散臭いけど

スポンサーリンク

社内はピンチ!救うカギは知的好奇心!?

あらすじはコチラ→

水嶋十蔵(船越英一郎)率いる『ランタン・ホールディングス』の無茶な注文は続く。
それに必死に答えようとする泉美(比嘉愛未)と社員たちとの間に亀裂が。
みんなが泉美を責めているような気がすると航(渡邊圭祐)が発言するも、役に立たないやつは黙れと有栖川(瀬戸 利樹)に言われてしまう。

そんな中でもランタンの無茶な注文が入る。
社長へのプレゼン時間も早められてしまう。
そんな時、航は船越英一郎社長の自叙伝を読む。
それをヒントに、泉美は全ての要望を答えずにプレゼンをしようと試みた。
プレゼン当日。
ランタン側にたくさんの社員。真ん中に船越英一郎社長。
途中話が違うのでは?と突っ込まれるも
「徹底的にユーザーの立場になること」を考えたと言う。
それは船越英一郎社長の自叙伝にもあったことだ。



ゲーム内容は最終的みはランタンの要望通りになる。←多分。
ただし念頭に癒やしになっているかどうか考える。
このゲームが身近な存在だと思って貰えるゲームにしたい。
結果的に作戦は大成功。・
ランタンは出資してくれるとこととなった。
会議は会社に生中継されていた。
有栖川は航のおかげだという。
そして今まで言い過ぎたことを謝罪。

帰ってきた泉美は航にヒントをくれたことに礼を言う。



先週、航が高校に行ったことに驚いたけど、今週は・・・。
航、漢字読めるの?
航ってビジネス書を読めるかな?
読めたとしても理解できるのかな?

それにしても大きい会社を相手にするのは大変なことで、
大企業ってあんなに子会社に無茶いうのかなぁ。
それにしても船越さんは胡散臭い。
これからなんかあんのか?

あと有栖川・・・いや~なヤツだったけど航にデレた。
わりと平和。
船越英一郎がホントは悪い奴なのか。
社内に裏切り者がいるとか・・・。
そんなことはなさそう。
ピンチがあるとしたら金銭的なものかなぁ?
でも今のところ順風満帆って感じです。
ドラマとしてそれがいいのか悪いのか。
あまり起伏がないような気がするんだけど。
サブタイトルにはピンチとあるけどさ。
ま、ゆる~~~く見られるけどね。



【主題歌】
Uru『Love Song』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
【挿入歌】
DEAN FUJIOKA『Runaway』
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「推しの王子様」 第1話 ネタバ レ 感想~おディーン様が当て馬になるの?
「推しの王子様」 第2話 ネタバレ 感想~航が入学した高校って一体・・・
「推しの王子様」 第3話 ネタバレ 感想~船越英一郎が胡散臭いけど
「推しの王子様」 最終話 ネタバレ 感想~ミッチーは映画プロデューサーに!

キャスト
日高 泉美(比嘉 愛未)
五十嵐 航(渡邊 圭祐)
光井 倫久(ディーン・フジオカ)
古河 杏奈(白石 聖)
渡辺 芽衣(徳永 えり)
有栖川 遼(瀬戸 利樹)
小原 マリ(佐野ひなこ)
織野洋一郎(谷 恭輔)
藤井 蓮(藤原 大祐)
水嶋 十蔵(船越英一郎)

コメント

  1. ジョセフィーヌ より:

    こんにちは。

    おディーン様目当てに見ています。
    でもこれは最初 深キョンだったのですか?
    うーん、深キョンじゃちょっと違う感じになってたのかな~?
    比嘉さんで良かったかも。
    ま、ちょっと押しが弱い気もしますが。

    船越さんの顔芸がいちいち気になります。
    匂わせ?
    なんかありそうに思わせぶりな(笑)

    でもあの会社のやり方、わかる気がします(笑)
    窓口決めてくれよ!!って。

    ゆるりと見ています。
    おディーン様は振られちゃうのかなー。

    • tarotarotarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、コメントありがとうございます。

      深キョンの代役が比嘉さんですね。
      比嘉さんんだと真面目で出来る女性社長。
      深キョンだといつまでも可愛くてどんくさい女社長とおなじ筋でも違った印象になりますよね。

      2サスではない船越さんは悪役が多いですよねぇ。
      まぁ・・・あの笑顔は悪役っぽいけど。
      どうなんですかねw

      ワタシ、おディーン様は最後に裏切って会社を乗っ取るのかなぁって思っていたんですが、ただの良い人かもしれませんねw