『おちょやん』 第85回 感想~来週に続く!

スポンサーリンク

第85回(第17週)「うちの守りたかった家庭劇」

あらすじはコチラ→

千代は今までの稽古場を自分で間借りすることに決め、「鶴亀家庭劇」の掛け軸も勝手に書きかえる。
そこに寛治がやってきて失うものは何にもないからと家庭劇を続けると宣言。
するとルリ子が、徳利が………。
その後続々と座員がやってきた。
最後にやってきたのは一平。
「京都の劇場を押さえた。」
一日だけだが京都の劇場で興行することに決定。
みんなで乾杯。

その頃菊がシズのもとにやってきた。
「生き延びろ」
生きていないとなにもできない。
それだけを言いにきた菊。
シズはかめに旦さん連れて三田に疎開を促す。

京都での興行。
緊張している千代と一平。
すると寛治がやってきて、昨日大阪が空襲され、道頓堀がやられたと。
シズを心配するちよ。



あら、来週に続く!!

戦争は終わらないんやな。
うーん。
みんなホンマに芝居が好きなんやな!ってなるか?
徳利の子供たちは疎開したの?
ワガママで芝居続けてええの?
なんだかフラフラするフライデー!!
また来週!!

「おちょやん」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:「泣き笑いのエピソード」秦 基博

キャスト
天海千代(杉咲花/幼少期:毎田暖乃)
天海一平(成田凌/幼少期:中須翔真)
竹井テルヲ(トータス松本)
岡田シズ(篠原涼子)
須賀廼家千之助(星田英利)
須賀廼家天晴(渋谷天笑)
須賀廼家徳利(大塚宣幸)
須賀廼家百久利(坂口涼太郎)
漆原要二郎(大川良太郎)
高峰ルリ子(明日海りお)
須賀廼家天晴(渋谷天笑)
石田香里(松本妃代)
岡田シズ(篠原涼子)
岡田宗助(名倉潤)
富川みつえ(岸田結光)
かめ(楠見薫)
富川菊(いしのようこ)
富川福松(岡嶋秀昭)
富川福助(松本和真)
椿(丹下真寿美)
夕(板谷由夏)
須賀廼家万太郎(板尾創路)
語り/黒衣・桂吉弥

コメント