「これは経費で落ちません!」最終話(第10話)ネタバレ感想~他の人とは恋に落ちません!!

スポンサーリンク

「「どうしますか、森若さんの巻」

原作はコチラ

「これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~」青木祐子

あらすじはコチラ→

サンライフコスメの子会社になればアウトソーシングもしなくて良いかもしれない。
ってことで部長らがサンライフコスメへの身売りを提案。
円城格馬専務(橋本淳)も乗り気に。
しかしなマリナ(ベッキー)はサンライフコスメの土本と繋がっていた。

山田太陽(重岡大毅)は室田千晶(真魚)が、森若さんのパスワードからデータを情報漏洩させたことを突き止めた。
かわりにマリナは室田を”サンライフコスメの正社員”にしていやると言った。

情報漏洩で天天コーポレーションの株価が下がれば、サンライフコスメは安価で買収できる。
この買収には裏がある。
マリナを経理部におびき出すw
8ヶ月前の九州出張でサンライフコスメの土井と密会し、サンライフコスメへの情報を流していたのではないか?
土井とは以前から関係があったのではないか、マリナを追い詰める経理部と太陽。
「もしサンライフコスメの秘書になったとしてもそれは私が優秀だからよ。」
と居直るマリナ。

そこへ山崎(桐山漣)がやってきた。
「有本さん、あの話どうなりました?
有本さんの言うとおりにすればサンライフコスメの研究開発部に入れてくれる件です。」
壮大に空気を読んだ山崎。
そして山崎は
「土井さんは 信用できない男です。」
と言って、録音を聞かせる。
土井はマリナを利用するだけ利用して、ポイ捨てするつもりだった。
「立派な背任行為です。」
とマリナを叱責する勇(平山浩行)は言う。
すると1日だけ猶予が欲しいと言うマリナ。


翌日、マリナから経理部に電話が入る。
「いつ秘書にしてくれるの?」
土井とマリナの会話だった。
土居はペラペラとDNAコスメの技術さえ手に入れたら、専務を失脚させると話す。
「買収さえ終われば お払い箱だよ。」
するとマリナが豹変。
私は あなたに だまされたふりをしたスパイのスパイ。そう 逆スパイ!」
と無茶苦茶なことを言いだし、買収話は立ち消え。

森若さんは天天祭りの計画書を専務に提出する。
企画にはノベルティ第二弾もあり、大幅な収益UP(350%)を見込めると言う。
そこに山崎もやってきて、有名ホテルのアメニティの注文を取り付けたと言う。
日本国内のみならず全世界の店舗のアメニティを取ったと言う。
天天石鹸の昔ながらのレトロな感じが海外での受けがいいのだと。
森若さんが専務の部屋を出ようとすると
「私の改革は 間違っていたと思いますか?」
と専務が森若さんに聞く。
「私は 経理部員です。
それを判断するのは
私の仕事ではありません。
どこであろうと どんな仕事であろうと私は 精いっぱい自分の仕事をします。」

買収話が消えたことで、太陽は香港に出向することになった。
「一緒に香港に来ないで下さい!」
太陽は森若さんが専務に言った言葉に感動していた。
自分は森若さんには敵わない。
だから2年くらい・・・待っていて欲しいという。
大きくなって帰ってくるから待っていて欲しいと。
「その2年の間に好きな人ができちゃったら?」
「その時は もう一回、好きになってもらえるように頑張る。」
「私にじゃありません。 私にはできません。
太陽君に、もし 好きな人ができちゃったら??」
「何言ってんすか。 できるわけないっしょ。」
力一杯森若さんを抱きしめる太陽。

勇さんと織子(片瀬那奈)さんとの不倫・・・はうやむやなものの、勇さんは織子の実績を専務に提出していた。
それでも異動になった織子さん。
ショールームでの仕事も楽しいと言う織子さん。

山崎はなんと営業部の部長となった。
やりたいことをするのと得意なことをするのとどっちが良いのかと思い悩むが、部長の椅子は座り心地が良い。

山田太陽の香港出発日。
もくもくと仕事をする森若さん。
太陽と付き合っていることを知っている勇さんは、見送りに行った方がよいと森若さんにいう。
森若さんと太陽が付き合っていることを知って驚く面々。
そして見送りに行くように説得をする。
そこへ太陽が領収書を持ってやってきた。

領収書をチェックして付箋になにやら書く森若さん。
そして太陽のもとに急ぐ。
営業部の面々に見送られる太陽の前に出て

「これは経費で落ちません!」
と領収書を渡す。

白紙の領収書には太陽のメッセージ。
「待っていてくださいね!」
森若さんの付箋には
「待っています。」

ワタシも続編、待っています!
綺麗に終わったな!
これは続編があると思って良いのかな~?

経理部の森若さんが、なんでも数字で判断していた森若さんが
「伝えられたら良いのに、こういうの数字で。」
みんなで苦難を乗り越えた2ヶ月。
それが筋に現れたら良いのに!

ラスト・・・タイトル回収と二人のラブレター!!
もうね。もうね。キューーーン!!!よね(爆)
先週の最悪なプロポーズから、今回の「香港に来ないでください!」。
太陽も成長したなぁ。

最終回のまさかは・・・美月ちゃんと専務が大学時代から付き合っていたことw
あれで専務が黒幕ってことは無くなった。
桐山漣だけが気がかりだったけれど、良い人だったじゃ~~ん!!
桐山くん、過去にあんな役こんな役をやっていたからって疑ってゴメンw
得意な営業部で出世街道ばく進するのは当然だよな。
いやはや・・・スマホの誤作動怖いねぇ(爆)

鎌本は最後まで鎌本。
ザル村は沖縄で日焼けw
こんだけ大団円なのに、ザル村は本社復帰できないのねんw
そして沖縄で経理部長になっちゃうのねんw

ま、一つ言えるとしたら、逆スパイする意味はないので、ベッキーの背任行為には変わりない。
ベッキーは首になったのか・・・それだけは気がかり。
あ、勇さんと織子さんの不倫もちょっとなぁ。
大人な場所に着地したってことでしょうか??

それにしてもこのドラマ・・・こんなに面白くなると思わなかった。
多部ちゃん目当てだったけれど、はずれ回もなかった。
初回から楽しかったし、まさかラブコメになるとは思ってもいなかったので、森若さんと太陽の恋にドキドキしちゃって。
森若さんの真面目でストレートで恋には奥手で・・・すべてが可愛かったなぁ。

2年後・・・と言わず。
きりかちゃんの結婚式にでも太陽が帰国してくれたら、続編できんじゃん!!
原作も脚本も演出も役者も全て良かったよ。
大満足です!!

森若さんのように「どこであろうと どんな仕事であろうと私は 精いっぱい自分の仕事をします。」と思わなきゃね。
パートでも、イーブンに!!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:阿部真央「どうしますか、あなたなら」

その他の感想はコチラ
「これは経費で落ちません!」第1話 ネタバレ感想~多部ちゃんに叱られたい
「これは経費で落ちません!」第2話 ネタバレ感想~多部ちゃんがこんなに頑張っているのに浪費家な社員たち
「これは経費で落ちません!」第3話 ネタバレ感想~絶妙にイラつく風貌の岡崎体育
「これは経費で落ちません!」第4話 ネタバレ感想~太陽のプロポーズにも気づかない森若さん
「これは経費で落ちません!」第5話 ネタバレ感想~泣かないで森若さん。
「これは経費で落ちません!」第6話 ネタバレ感想~キス顔の多部ちゃんが悶絶するほど可愛い!
「これは経費で落ちません!」 第7話 ネタバレ感想~キスシーンは遠目でぼかして!
「これは経費で落ちません!」第8話 ネタバレ感想~初めての彼に喜ぶ山田太陽
「これは経費で落ちません!」第9話 ネタバレ感想~太陽、覚悟のプロポーズ!
キャスト
森若沙名子・・多部未華子
山田太陽・・・重岡大毅(ジャニーズWEST)
佐々木真夕・・伊藤沙莉
山崎柊一・・・桐山漣
中島希梨香・・松井愛莉
鏡美月・・・・韓英恵
吉村晃広・・・角田晃広
皆瀬織子・・・片瀬那奈
新島宗一郎・・モロ師岡
田倉勇太郎・・平山浩行
新発田英輝・・吹越満

コメント

  1. なな より:

    こんにちは
    良かったですよね。この終わりかた。
    やはり、マリナは 最期にあれをやっても何も変わらないですよね。
    私、 えっと…分かりきっていたことを
    だめ押しで言わせただけだよね?
    マリナは 悪あがきをしただけだよね?と悩んじゃいました(笑)

    勇さんたちは あれで別れたんですよね?
    なんか ずるいなあ織子と思ってました。先週 勇さんのお酒飲んでからキスして 自分に有利なようにしてくれってやってて 結局 ほんとの私はあなたの手に負えないって 良い女ぶってる。お金で旦那を繋いでる あんぽんたんなのに。

    私にとってはベッキーと織子さん以外は みんな
    愛すべきキャラでした。

    最後にコーヒーが嫌い!と告白されても ショックも受けず 他の女性社員に
    お茶を用意させてる窓花さん、さすがでした(笑)

    もう 全てが可愛い多部ちゃん。
    何度も見たい。続編でも 特別編でも
    なんでもいいから見たいです(*^^*)

    • tarotaro tarotaro より:

      ななさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      ラストはタイトルを回収はマスト!とは思っていたんですが、思っていたよりずっと綺麗に回収。
      しかも二人のメッセージが最高でしたね。

      勇さんの不倫は・・・時間が無かった気がしますね。
      あのパートを入れるには・・・中途半端だったような気がしました。

      ワタシはザル村の沖縄物語にも興味が・・・。
      ってか、部長’Sの会話が大好きだったので、最後にも見たかったです・・・。
      なぜザル村だけ沖縄(苦笑)

      多部ちゃんは本当に可愛い。
      透き通った声、凜として目。
      恋には奥手。
      でも素敵。
      こんな可愛い多部ちゃんを愛でられるのは至福の時でした。
      続編、ホント楽しみにしています。
      年末特番でも良い!

      しかし「アシガール」「みをつくし料理帖」もかなり期間が空いてからの続編だったので、気長に待つしか無さそうですねw

  2. いけない子供 より:

    多部ちゃんの魅力が充満した、本当に楽しいドラマだった!
    一点だけ、どうしても太陽の配役には疑問しかなく最後まで
    残念な感情での視聴となってしまいましたが(苦笑)
    人生いろいろなんだから、若くて賢い森若さんがたった1回の恋愛に
    縛られず、今度はどんな?的な展開で続編を是非!

    それにしてもちよっとびっくりしたけど、
    夫となった方が善き人でパートナーとして誠実な男性であること、
    可愛い可愛い多部ちゃんのこれからをうんと幸せにしてくれることを
    切に願ってやみません!!

    • tarotaro tarotaro より:

      いけない子供さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      ほんっっっっっっっとに多部ちゃん可愛かったですね!!!!
      しっかり者の森若さんも恋する森若さんも可愛かった。
      そして香港に行かずに東京で頑張ることを選んだ森若さんも。
      香港から帰ってくる太陽を待たずに他の人と結婚した多部ちゃんも素敵(爆)

      太陽役・・・ねぇ。
      最終回にかけてかなり好評だったようですが、ワタシは序盤の違和感を持ったままとなりました。

      あの最終回ならよっぽどのことがないと太陽以外の人とは結ばれない感じですよね。
      それでも原作はまだあるみたいだし、続編が見たいです。

      多部ちゃんはドラマの終了を待ってから結婚の発表をしたんでしょうね。
      カメラマンさんらしいですが・・・。
      良いなぁ、帰ったら多部ちゃんがいるんですよ。
      起きたら多部ちゃんがいるんですよ。
      家で一人でいても、多部ちゃんが帰ってくるんですよ。
      あたりませだけど、羨ましいわ(爆)