『なつぞら』第39回 感想~照男もお加代様もフォーリンラブ!!

スポンサーリンク

第39回(第7週)「なつよ、今が決断のとき」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

東京に行きたいと家族に打ち明けたなつ(広瀬すず)。
翌朝、泰樹に
「私頑張るから すーーっとここで頑張るから」
と謝罪するなつ。
照男は
「じいちゃんが余計に傷つく。」
となつに言う。

なつ(広瀬すず)は家族に、「アニメーションを作りたい。」とは言い出せなかった。
「酪農よりやりたいことがある」と言えなかった。
東京へ行ってもできるかどうかわからないのに言えない・・・。
相談された天陽(吉沢亮)
「その覚悟もないのか?
そんなヤツなにもできねーよ
いかんほうがええわ。」

と強く言う。

「それより、天陽君の話ってなに?」
「それはもう・・。
なんでもない。
忘れたわ。」

なつから目をそらす天陽。

柴田家のみんなにには言えないのに、天陽家のおじさんとおばさんには、東京に行きたいを話してしまう・・・。
天陽の兄・陽平は手紙に、高卒でも女性でもアニメーション界は人手不足だから採用して貰えると書かれていたらしい。
陽平に手紙を出そうか?と言うおばさんだが、それはなっちゃんが直接書くべきだと言う天陽。

「もともと人間の生き方に良いも悪いもない。
人間がこしらえた観念にすぎない。
なっちゃん、自然になればいい
自分がどう生きたいか。」



その頃、富士子と照男はなつを救ってくれた弥市郎(中原丈雄)の家を訪ねていた。
礼を言うと、弥市郎は

「一晩中寝ないで絵を描いてたからなぁ。
あの集中力は尋常じゃ無かった。」

と言う。

「ここにある物は全部描いたんじゃないかなぁ。」
娘の砂良も呟く。

「なつがそんなに絵を描くのが好きだなんて、知らなかった。」
帰宅してなつのノートを見た富士子は、”これは本物だわ”と確信する。
なつの本気を悟った。

一方、天陽はなつを見送る。
「なっちゃん。
できるかどうかわからなくても、泰樹さんはたったひとりで海に渡って北海道に来た。
泰樹さんはなっちゃんに取って誇りだべ。
したら、なっちゃんはどうすればいいかわかるだろ?
なっちゃんは自分が信じたことをやれば・・・」

「天陽君。
そんなに
そんなに応援しないでよ。
さよなら!」

逃げるように雪の道をを行くなつ。

自然な気持ちが時には一番不自然なこともあるよな。Byウッチャン


天陽君、やたらなつの夢を応援するやん。
なつは天陽に背中を押して欲しかったのか、引き留めて欲しかったのか。
寄り添って欲しかったのかねぇ。

なつに「自然に生きろ!」と言うわりには、自分の気持ちは押し殺す天陽・・・。
ま、なつのウジウジっぷりを見てたら、きつ~~~く言いたくなる気持ちもわかるけどね。
なつを切なく見送る天陽のどアップ!!
もうね、男前過ぎてさ。
美しいは正義なんだな。←え?

泰樹も「ずっとここで頑張るから置いてください。」と言われて、後悔してんだろうなぁ~。
でも、泰樹よ。
砂良のような可愛くて、忍耐強そうな嫁が来るかもしれんぞ!!

照男、フォーリンラブ!!
なまら可愛いなつが”なまらかわいい”と言っていた砂良の顔を見たかったのか、富士子について牛乳を持ってい行った照男。
会った瞬間から、ニヤニヤしていて、シチューを振る舞って貰ったときには、もう最高に嬉しそうだった。
やっぱり照男はなつに恋していなかったと思いたいw

雪次郎と夕見子。
砂良と照男。
ここは固いかなぁ~って思うけれど、なつと天陽はわからんなぁ。

そして・・・なつの絵を見て「本物だ」と言う富士子。
それは母の勘なんでしょうかねぇ。
すげーな。エスパーか。

んでもって、ちょこっと「おしん」
お加代様は照男よりわかりやすく坂田さんにフォーリンラブ!!
残り10分ほどしか見ていないけれど、お嬢様の強引さに驚く。
恐ろしいほど真っ直ぐなんだけど、方言でマイルドに。
おしんは透明感があるのに色っぽいわ~。←田中裕子ね。
大奥様のおしんに対する愛情を見てとても出来た人だと思っていたが、お加代様の気持ちややりたいことより、政略結婚に舵を切った。
大奥様も泰樹も”家業”が一番なんだねぇ・・・。
そういう時代なのかもなぁ。

「おしん」はウィキペディアにほぼほぼあらすじが載っていて、読んでしまったのでいつ見ても、なんとなく話の内容がわかるのでありがたいw

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「まんぷく」感想はコチラ→

主題歌:スピッツ「優しいあの子」

キャスト
奥原なつ・・・・広瀬すず(幼少期:粟野咲莉)
奥原咲太郎・・・岡田将生(幼少期:渡邉蒼)
奥原千遥・・・・田中乃愛
柴田泰樹・・・・草刈正雄
柴田富士子・・・松嶋菜々子
柴田剛男・・・・藤木直人
柴田照男・・・・清原翔(幼少期:岡島遼太郎)
柴田夕見子・・・福地桃子(幼少期:荒川梨杏)
柴田明美・・・・平尾菜々花(幼少期:吉田萌果)
戸村悠吉・・・・小林隆
戸村菊介・・・・音尾琢真
小畑雪之助・・・安田顕
小畑とよ・・・・高畑淳子
小畑妙子・・・・仙道敦子
小畑雪次郎・・・山田裕貴(幼少期:吉成翔太郎)
山田天陽・・・・吉沢亮(幼少期:荒井雄斗)
山田正治・・・・戸次重幸
山田タミ・・・・小林綾子
山田陽平・・・・犬飼貴丈(幼少期:市村涼風)
阿川弥市郎・・・中原丈雄
阿川砂良・・・・北乃きい
佐々岡信哉・・・工藤阿須加(子供時代:三谷麟太郎)
前島光子・・・・比嘉愛未
茂木一貞・・・・リリー・フランキー
煙カスミ・・・・戸田恵子
仲努・・・・・・井浦新
語り・・・・内村光良

コメント

  1. 二階堂 より:

    たろたろさん、こんにちは。

    照男のフォーリンラブ♪
    牧場の嫁候補は…たろたろさんの言うたとおりになりそうですね!

    実は、広瀬すずが可愛すぎて憎たらしい。笑

    大人編になってから、さぼりながら観てしまっているので、
    アニメーターになりたいというなつの夢が唐突に感じており…。
    富士子ちゃんの「この絵は本物だ」発言も、なんか唐突です。

    天陽くんの顔面だけが癒しかも。

    東京編に移ったら面白くなるかな…と思いつつ、漫画家になるために上京したすずめを思い出してしまいます。

    そんなことより「おしん」。
    気付いたら、いろっぺーな、おしん。

    今朝は、おかよ様のグイグイに衝撃を受けました。
    出会ったばかりの怪しい男と腕を組み、弁当持って宿におしかけ二人きりに。
    当時の女性でこんな人いたんだろか。

    私はあらすじを見ないようにしているので、この先どうなるのか、子ども編と違った展開にワクワクしております。

    • tarotaro tarotaro より:

      二階堂さん、こんにちは。
      コメント、ありがとうございます。

      照男のキャラはすっかり変わってしまいましたね~。
      確かに、広瀬すずはどこから見ても可愛いので、モテモテでも仕方ないって思っちゃいますね。
      ずっと見てますけれど、なつのアニメーターは唐突だと思います。
      絵が好きってのは知ってましたけど、美術部的なもので。
      アニメーションは・・・。

      富士子ちゃんの「この絵は本物だ」ってのは、富士子に何がわかるのさ?って思ってしまいましたw
      なつはアニメーションで成功するみたいなので、すずめみたいに100均の店員にはならなさそうですけど・・・。

      天陽くんとは結ばれそうにないですね。
      となれば、天陽君の顔面もそのうち見られなくなるんでしょうか?

      「おしん」凄いですよねぇ。
      お加代様のグイグイ・・・。
      でも浩太さんはおしんが好きなんでしょうか?
      セリフだけでわかるのもポイントが高いです。
      そして奈良岡朋子さんのナレーションも素敵ですね。

  2. moon より:

    tarotaro様、こんにちは。

    酪農とアニメ、同時に描くのは
    無理があったのかな⁉︎と思ってきました…。
    なつは酪農も楽しんでやっているように思えたし、上の方が仰られるように、アニメーションが大好き!という思いがあまり伝わってこないんですよねぇ…。子供の頃に漫画映画の存在を知って、「ファンタジア」を鑑賞したり、アニメーターさんに会えたりしたけれど、足りない気がするなぁ。
    夕見子も「なつの落書き好きは病気」って言っていたけれど、そんな描写あった?って思いました。こういう展開になるなら、ところどころ、もっとなつの絵に対する情熱とか、学校と酪農の合間を縫って絵を描く描写があって欲しかったですね。天陽くんのほうが、絵が好きなことが伝わってくる。
    どちらかというと、お兄ちゃんや妹のことが気になって、東京に上京したいと思うようになるのかなって考えていましたが…。

    阿川家にお礼に伺う際には、なつも同行したほうが良かったと思うのですが。照男兄ちゃんには幸せになってほしいので、良いお相手が見つかりそうでよかった。砂良さん、逞しそうだし、根性ありそうですよね。お似合いだと思う。

    • tarotaro tarotaro より:

      moonさん、こんにちは。
      コメント、ありがとうございます。

      酪農とアニメ・・・。
      やっぱりちょっと・・・ですよね。
      家業が酪農ならまだわかりやすかったけれど、戦争孤児で・・・ってのも。

      漫画映画は楽しいってのはわかりますが、そんなの明美ちゃんだって思っているでしょうし。
      天陽君と絵を描くなつのシーンなどはありましたけど・・・。
      取り立てて上手だとか、そういうのも無かったですし。
      パラパラ漫画をもっと描いてくれていたら・・・。
      お兄ちゃんと妹を思って上京ってなほうが合点がいきますね。
      照男兄ちゃんのデレデレっぷりにはコチラも幸せな気分になります。
      砂良さんもまんざらではなさそう?
      酪農もできそうな健康的なお嬢さんで柴田家の嫁にはふさわしい。