「科捜研の女21」 第9話 ネタバレ 感想~マリコに相手にされない長嶋一茂

スポンサーリンク

「密室殺人VSマリコ&科捜研オールスター」

あらすじはコチラ→

医師免許を持っている奈良県警・科捜研・椎名美幸(宮本真希)が解剖。
被害者・牧英子(寒川綾奈) は頭を殴られ首を締められたことがわかる
牧がトイレに行っていた時、美雪(宮本真希)と兵庫県警・科捜研・堀日菜子(小島梨里杏)がトイレにいたことがわかる。
日菜子の指紋が見つかるが犯行は否定
トイレでよろけた牧を支えた時に首に指紋がついてたのではないかと話す。
首になぜハンドクリームがついていたのが気になるマリコ
道が復旧しそれぞれ帰宅できることになる。
翌日、日菜子が鴨川で遺体となって発見された。
日菜子の指には皮膚片があった。
DNAを鑑定すると・・・キメラ・・・?
まさか資料汚染?

土門らの捜査で被害者が頭を殴られた場所を特定
指紋を検出した。
その指紋からは被害者の首に着いていたハンドクリームと同じものが検出される



日菜子は低アルブミン状態で自覚のない腎疾患だった。
高濃度カルシウムを注射すれば本来なら完全犯罪で日菜子を殺害できる。
しかし腎疾患のため尿からカルシウムが検出された。
マリコは大阪府警の科捜研の若林(西尾塁)を疑う
アミちゃんは若林を防犯カメラから見つけると断言。
それでもシラを切る若林。
しかし日菜子の爪ににあったDNAはキメラではなく体細胞変異が原因のトリアレル
キメラほどではないけれど珍しいDNAを持つ。
若林は無自覚だった。
逃げ出す輪囃子だが土門に取り押さえられた。

犯行動機は資料汚染の原因を作ったのが自分だと牧に突き止められたからだった。
最初の被害者・牧は今回の研修会で他の先生方に検証して貰うと言い出した。
通用口のところで揉めた二人
牧を強く引っ張り、牧はシャッターで頭を撃つ
もうろうとしている牧が目を覚まさなければ資料汚染の事実を隠蔽できる。
若林はハンカチで首を締めた。
うまうやれば首を締めても防御層は残せない
しかし窒息死しないで遷延性の窒息となり意識を取り戻した。
現場から慌てた離れたとき、日菜子とぶつかった若林。
日菜子はその時、若林のハンカチを拾う。



その後、マリコたちにハンドクリームのことを聞かれハンカチを落としたことを思い出す。
日菜子に電話をし、ハンカチを返して貰おうとしたが、途中で日菜子が若林の犯行に気づいた。
ハンカチは紛失したと言われ、翌朝神戸に向かう。
日菜子を神戸駅で見つけ京都まで尾行。
人気と防犯カメラのない場所で日菜子を襲い高濃度カルシウム薬剤を注射。
あとは日菜子が気を失えばハンカチを回収するつもりで尾行したが、日菜子が気を失い橋から鴨川に転落してしまったのだ。

間延びしたねぇ。
間延びしてもちょっくら家事をやりながらでも楽しめるのが科捜研の良いとこでもある。
いろんな意味でオールスター。
最初の犯行は・・・ま・・・ありだけど、日菜子殺害は無理があったなぁ。
神戸の科捜研に勤めていたとしても神戸駅から京都に行くとは限らないよねぇ。
電話番号だけでなく住所も聞いていたとしたら、同僚のから個人情報ダダ漏れっていう。
個人情報を漏らしたらいけない警察関係者なのに(苦笑)
京都に着いてからは人気のない防犯カメラのないところで犯行・・・。
京都民でもないのにそんなこと出来るかしら。
日菜子も相手が殺人犯だと気づいたからって、もっと自然に出来なかったのかしらねぇ。
気の毒だな。
資料汚染といえば米沢(@相棒)さんもなんかビビっていたことがあったような。
あちらは鑑識ですが。
長嶋一茂と高嶋ちさ子(写真のみ)が出演していたのであとは石原良純かと思ったら、大林素子が出てきてビックリ!
しかも凡ミスしてるって(爆)



久しぶりに見た宮本真希がお痩せになって、しかも怪しくない面白いサバサバな人だったので、また出てきて欲しいなぁ。
奈良県の科捜研と京都の科捜研仲良くして欲しいw
んで、なぜ滋賀県の科捜研だけ不参加だったんだろう。
滋賀県は科捜研がなく京都府にお願いしてんだろうか。

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌・『ありのままで』藤川千愛
キャスト
榊マリコ・・・沢口靖子
土門薫・・・・内藤剛志
風丘早月・・・若村麻由美
宇佐見裕也・・風間トオル
藤倉甚一・・・金田明夫
日野和正・・・斉藤 暁
橋口呂太・・・渡部 秀
涌田亜美・・・山本ひかる
佐伯志信・・・西田 健
蒲原勇樹・・・石井一彰

ゲスト
長嶋一茂、宮本真希、山崎一、小島梨里杏、松澤一之、大林素子、西尾塁、寒川綾奈、粕谷吉洋、我妻三輪子 ほか

コメント