「科捜研の女」第14話ネタバレ感想~三石琴乃にお仕置きされる毒医者ヤブ太郎

スポンサーリンク

season19 予約された死/マリコVS証拠を火葬する女

あらすじはコチラ→

マニキュアのトップコートは孫がギターを弾くときのためにつけていたもの。
事件当日、孫は被害者・内科医院の元院長・瀬田一郎(鶴田忍)の部屋にラジオを取りに行った時に落としただのだという。
孫の証言から隠し部屋があることがわかり、その部屋にはこっそり訪問していた葬儀プランナー・神城峰子(中島ひろ子)が疑われる。
が、犯人ではなかった・・・ものの、鶴田忍があの世まで持っていきたかったものは、赤いピンヒールだったことがわかる。
そして中島ひろ子が持ち去った赤いピンヒールこそが凶器だった。

犯人は家政婦・佐奈(飯島順子)

家政婦は金持ちのじいさんからなら金をせしめてもいいだろうと、大胆にも預金通帳から金を引き出していた。
事件当日、鶴田忍が出掛けた隙に通帳を盗みに入った家政部。そこに帰って来た鶴田忍。
ラジオが無くなっていることもあり、鶴田忍は家政婦を怒鳴りつける。
家政婦は赤いピンヒールを持ち出し、
「愛人がいることを奥さんに言いつけてやる!」
と言い出す。
大事なピンヒールを取り返そうとした鶴田忍。
しかし家政婦は鶴田忍をピンヒールで一撃!!

犯人逮捕後、遺族に赤いピンヒールを見せるマリコ。
「これは愛人のピンヒールではありません。」
そのピンヒールを見た孫が気づく。
孫が大好きなラジオ”カレンの華麗なるお仕置きです””最優秀リスナー賞”に輝いたリスナーにのみ貰えるカレン様愛用のピンヒールだった。

鶴田忍はしもべネーム・毒医者ヤブ太郎として、毎日ラジオにハガキを送っていた。
カレン(三石琴乃)は毒医者ヤブ太郎を褒めていた。
そして最後に送られた手紙。
「孫が、カレンの華麗なるお仕置きのラバーバンドをしていました。
厳格なじいさんよりヤブ太郎のほうが尊敬されるかも。
家族に全部話すぞい。←語尾のぞいは寒いw
嘘をついていきるのはしんどい。」

と書かれていた。

遺族は笑い泣き。←葬儀会社のCMのようだった。
もちろん葬儀に来ていた女性はカレン(三石琴乃)様だった。


今シーズンで一番楽しかったなぁ~。
鶴田忍ヤブ太郎w
まさかのハガキ職人だったとは・・・。
思ってもみなかったぜ。
やっぱり「毒医者ヤブ太郎」は孫が世襲しないとね。
しかし孫は医者になれそうにないかぁ。
ヤブ太郎だけじゃ・・・ねぇ。
しかし目をあけられるかチャレンジとか・・・笑ったわ~w

三石琴乃さんのための回でもあった!
「お仕置き」されないといけないんだもんw
”月に変わってお仕置きよ!”とまでは言わなかった!
鶴田忍に愛人がいるとは思わなかったけれど、梅沢昌代さんが思わせぶりな表情をするから疑ってやっちまったのか?って思っちゃった。

しかし犯人の家政婦(飯田)さん。
どんだけ腕力があんねん。
一撃で殺害って・・・すごいわ~。
ほんで、堂々と通帳から金を盗むなんて・・・。
先週の楠田さん犯人と同じパターンで、動機もはぁ?って内容でした(苦笑)

マリコは自分が死んだら鑑定道具を一緒に棺に入れて欲しいってさ(苦笑)
ハイヒールもそうだけど鑑定道具も・・・多分棺に入れて焼いて貰うことはできないよね。

面白かったから、ま、エエかw
たまにはこんなほのぼの回も平和で良いよね~!
って、人一人殺されているんでした。
失礼しました!

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

「ここにある光」番匠谷紗衣
キャスト
榊 マリコ…沢口靖子
土門 薫……内藤剛志
風丘早月……若村麻由美
宇佐見裕也…風間トオル
藤倉甚一……金田明夫
日野和正……斉藤 暁
橋口呂太……渡部 秀
涌田亜美……山本ひかる
佐伯志信……西田 健
蒲原勇樹……石井一彰

ゲスト:中島ひろ子、鶴田忍、梅沢昌代、大地伸永、阪東浩考、西村亜矢子、飯島順子、床尾賢一、三石琴乃 ほか

コメント