『IP~サイバー捜査班』 第4話 ネタバレ 感想 ~佐野岳くんもすっかり犯人俳優に

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

悪質な誹謗中傷を書き込んだ10人のうち謝罪拒否していた2人が殺害された。
そんな中、蘭堂明紗(島崎遥香)と事務所社長・狭間誠(河相我聞)が姿を眩ます。
明紗はライブ配信を始めた。
昨日、全員が謝罪してくれたので個人情報を流さないと言ったが、あれは嘘だと。
脅迫した人間を社会的においつめる裏で示談交渉を進めて賠償金を得た弁護士の榊原真次(相島一之 )と河相我聞。
話題性で配信の収益のも莫大になると言っていたのだ。
今日は個人情報を流すと、悪質な誹謗中傷を書き込んだ人物の名前と住所を言い始めた。

古宮山絆(福原遥)は自殺した高原雪世(芦原優愛)の姉に接触。
姉は妹の歌が流れてきた・・・とSNSで書き込んだことで雪の個人情報が特定されたことを公開していた。
そしてICレコーダーを古宮山に渡す。
それを聞いた安洛一誠(佐々木蔵之介)が動く。



明紗(島崎遥香)がライブ配信を行った現場にいくと・・・。
河相我聞、相島一之、島崎遥香が縛られていた。
犯人は相島一之の法律事務所で働く立花亮太(佐野岳)
雪はICレコーダーでRYOという名前を何度も口にいしてた
デビュー前から歌をSNSにアップしていた雪。
その投稿にコメントを多数残したRYO
ただ一人心を許した人だった。
RYOは3年前、職場の人間関係がうまくいかずひきこもりそんなとき雪にの歌声に出会った、
「人とつながりたくないんいどこかで人とのつながりを求めていた」二人。
彼女の言葉に救われ、彼女はRYOの言葉に救われた
二人のやりとりがクラウド上で見つかった。
再就職をした佐野岳はスカウトされデビューを迷っていた雪の背中を押した。
デビュー後もやりとりをしていた。
ネットの誹謗中傷で悩んでいるときに勤めていた法律事務所を紹介した
「さよならRYOさん」
裁判の結果が出る前に亡くなってしまった
ICレコーダーに残された雪の声に動揺し、逮捕!
そのICレコーダーを島原遙香に渡す古宮山。
島原遙香は誹謗中傷した人間に謝罪して欲しかっただけだった・・・。



蔵之介の能力が超人すぎて驚く。
しかも引きこもらず事件現場にも駆けつけるようになったよ。
捜査の為にやっているのはハッキングとIPアドレスでの個人特定・・・。
違法捜査なんだけど(苦笑)
ま、でもこれはこれで見られる。
蔵之介と福原遥ちゃんが父娘かどうかはまだわからないままだけど、お互い歩み寄って捜査をしているところも好感が持てます。
面白要員は堀内敬子さん。
声が素晴らしいよねぇ~w

犯人は・・佐野岳くん。
ライダー出身でここまで悪役ばかりやっているのは彼だけかも。
運動神経も万能でお芝居も悪くないし、事務所も大きいのになんで犯人俳優になったんだろうな。
せっかく再就職できたのに、悪徳弁護士の事務所だったなんて・・・。
二人も殺害しちゃった。




誹謗中傷した人間が10人しかいないってことはないと思うんだけど、それだけしか特定できなかったのか。
時々芸能人のブログに書き込んで書類送検されていう人がいるけど、みんな居直ってるもんね。
裁判にも出席しないし。
書き込まなくても良いことを書き込むって承認欲求なのか、成功している芸能人に対しての嫉妬なのか。
てか、嫌いな芸能人のブログを毎日見に行くって、ヒマなのかしら。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
「IP~サイバー捜査班」 第1話 ネタバレ 感想 ~京都府警だけど蔵之介の京都弁は聞けません。残念。
『IP~サイバー捜査班』 第2話 ネタバレ 感想 ~芸妓・川島海荷ちゃんが可愛い!
『IP~サイバー捜査班』 第3話 ネタバレ 感想 ~DNA鑑定はしようよ!スッキリするよ?

主題歌 SEKAI NO OWARI『family』

キャスト
安洛一誠(佐々木蔵之介)
古宮山絆(福原遥)
多和田昭平(間宮祥太朗)
川瀬七波(堀内敬子)
岡林琢也(吉村界人)
畑野陽葵(中川知香)
夏海理香(高畑淳子)
平塚栄太郎(杉本哲太)
ゲスト
蘭堂明紗(MAY)…島崎遥香 狭間誠…河相我聞 榊原真次…相島一之 立花亮太…佐野岳 高原雪世(YUKI)…芦原優愛

コメント