『半分、青い。』第147回 感想~5分間のラブシーン

スポンサーリンク

第147回(第24週)「君といたい!」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

扇風機の生産ルート確保のため、津曲(有田哲平)から紹介された工場を訪ねる鈴愛(永野芽郁)。
開発が遅れている律(佐藤健)は自分を責める。。
翌朝、鈴愛が出勤すると、律がソファーで寝ていた。
朝日に照らされた律の寝顔に鈴愛が顔を近づける。
目を覚ました律が鈴愛の手を握る。
毛布の中に鈴愛を招き入れ、バックハグ。
鈴愛は笛を吹き
律の中心で律を呼ぶ。←は?
突然、難聴のことを思い出し、なんやかんやで律に向き直って。
キスするふたり。


試作品もできあがっていない状態で、プレゼンしたところで、契約したり出資したりしてくれるような会社ないと思うわ。
健康で文化的な最低限度のバンドマンで工場の息子は、父ちゃんに反発したくて、「出資すれば?」なんて言っただけさ。
失敗したら、あの手の男の逆上は怖そうだわ(苦笑)
律にコネないの?
菱松の看板を外したら、律にはなんもないのかねぇ。
「仕事は金を食う怪物。」
ってか、コレ、まだ仕事ではない。
ただの道楽。
仕事と呼べるものではない。

それより、なにより。
今日の印象は。

朝は臭いぞ

これしかねーよ。
佐藤健だって朝は臭いと思うのに、40歳男性、前日に入浴した形跡もない男は臭いと思う。
涼しい季節だとしても臭いと思う。←しつこい。

北川センセーが脚本を書いた「あすなろ白書」ではクリスマスに
「俺じゃダメか?」
とバックハグしたキムタクがツリーの前で告白。
そのまま学校に忍び込んで・・・しちゃったよねぇ。

こっちは朝の小学校のオフィス。
朝だけにキスだけで終わったけど、良いんだか悪いんだか。
中年の二人に「あすなろ白書」もどきをやられても・・・。
ってか、コレ、大抵の総合病院の待合室で流れているよねぇ。
この間、手術に付き添ったときも、コレやってましたけど・・・・。
ちょっと嫌だ(爆)

朝ドラですから、キスから先はないでしょうけど、子供を作っている場合ではない。
そよ風扇風機を作らないとね。

「半分、青い。」感想はコチラ→
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
主題歌+++++星野 源「アイデア」



キャスト
楡野鈴愛+++永野芽郁
萩尾律+++++佐藤健
楡野晴+++++松雪泰子
楡野宇太郎+滝藤賢一
楡野草太+++上村海成
楡野仙吉+++中村雅俊
萩尾和子+++原田知世
萩尾弥一+++谷原章介
西園寺龍之介+++矢本悠馬
西園寺菜生+++奈緒

楡野廉子+++風吹ジュン(語り)

コメント