「相棒19」 第7話 ネタバレ感想~妻の妊娠中に浮気をするからこうなるの!

スポンサーリンク

「同日同刻」

あらすじはコチラ→

須藤龍男(成田瑛基)はアポ電強盗の見張り役だった。
共犯の男を殺害し金を一人締めしたことで半グレ集団からも警察からも終われ、“同日同刻”に起きた妊婦の転落死の犯人だと言い出したのだ。

妊婦の転落死は振り出しに戻る。
被害者の夫・井原に事情を聞く右京と冠城。
夫の証言は妻と電話で話しているときに妻が何者かに襲われて、自宅から現場に駆けつけたというものだった。
なぜすぐに救急車を呼ばなかったのかと右京に聞かれ「動転していた」と供述。
傘はさしていったのか?と聞かれ、最初は傘をさして出掛けたと言っていたが、週刊誌に掲載された妻にかけよる井原は傘はさしていなかった。
写真には井原の家にある傘が少し映っていた。
写真を撮った人と一緒にいたのではないか?
そしてその人が月刊プレスに投稿したのではないか?
事故を事件だと偽って捜査を攪乱したのであれば偽計業務妨害。
「騙すつもりも無かった。
つい・・・ほんの少しだけ嘘をついただけ。」
井川の電話が鳴る。
もううんざりだと井原。
事故の日、妻は帰って来るはずでは無かった。
留守中に息抜きのつもりで出会い系で知り合った女性を家に連れ込んだ。←最低やな。
傘を持っていなかった彼女を駅まで送る途中、電話がなった。
妻からだ。
慌てる井原。
しかしもうすでに階段の上に妻がいた。
急いで階段を降りた妻が足を滑らせ転落。
警察に事情を聞かれた時つい嘘をついてしまった。
その嘘が世間に広まり後に引けなくなった。


井原に再三出んわしていたのは月刊プレスの白石佳奈子(魏涼子)
ずっと井原の記事を書いていた人物だ。
そして写真を撮ったのも白石佳奈子。
妻の転落事故の現場に白石はいた。
「それ証明出来ます?」
居直る白石。
全て見ていたのだから記事は書ける。
それでも
「聞いた話を記事にしただけですよ。」
悪びれない・
「人を意のままに操る楽しさ
あなたそれを遠峰小夜子(西田尚美)に学んだ。」
遠峰小夜子は月刊プレスを利用している
月刊プレスが遠峰に協力をしている
「拘置所にいる人にどうやって協力するのですか?」
読者の投稿に見せかけメッセージを送ったり、記事や写真で伝えたりすることができるだろう。
白石は「黒真珠養殖詐欺」の被害者でもあった。
しかし白石は狂ったように笑っお、オーバーアクションで話し出す。
「夫が愚かでつまらない男だとわかって別れられた!」
と遠峰小夜子に感謝していた。・
何度か遠峰小夜子に手紙は出している。
それは彼女の自伝を出したいたからだと言う白石。
冠城に「悪趣味だ」と言われると
「上っ面の人間の救いようのない本性を暴き出すんです
痛快だわ!
拘置所にいても彼女は自由
人を惹きつけて意のままに動かすことさえできる。
読者はきっとこう思うはずよ
遠峰小夜子は私だ
解き放たれたもう一人の自分だって」
しかし井原俊樹が被害届を出した
白石は脅迫罪かなんかで逮捕されることになった。
「世間から石を投げられても真実を告白する道を選んだようです。」
ゲキチーンな白石。

遠峰小夜子に面会に行く右京と冠城。
遠峰は白石のことなど知らないと言う。
それでも右京は再訴から白石佳奈子を狙っていた。
彼女は全て失った。
加害者となりもう編集部に戻れない。
遠峰小夜子は無邪気に笑う。



井原も白石も最初から癖が強めたっだよね。
特に白石さん。
結婚指輪をいじり倒していたのか?
夫の話はちょこっと出てきてたけど・・・どうクズだったんだろうねぇ。
旦那が妊婦の奥さん突き落としたのでなくて良かったです。
でもさ、息抜きのつもりで出会い系で知り合った女を連れ込むって最低だけどね。
金、出したくないから自宅?
しかも相手の女性の年齢よ。
どうみてもアラフィフ。
後腐れあるやろ(苦笑)
出会い系の女に手を出すなら、自分も偽名を使ってさ。
息抜きにはお金が必要でしょ?
ま。。。そうやってホテルに連れ込んだとしても、相手が相手だけに弱味を握られてずっと脅迫されてそうだけどな。
井原さん・・・どんくさそうだもん。

今日は出雲さんへのパワハラが少なめだったので良かった。
しかし出雲さん、毎回毎回特命係と絡んでるよねぇ。
冠城さんが卒業したら・・・まさか出雲さんが相棒に抜擢されるんじゃ・・・。
まさかねぇ。
でも女性の相棒くらいしか思いつかないけどね。次は。
今回の事件も青木様様よね。
最近、ほぼ青木が事件解決しているように思える(爆)
青木さえいれば事件は解決する。
ならば・・・遠峰小夜子の件も解決して欲しい。
人の心を意のままにするだけでなく、触れられてくない部分や弱味に敏感で、とことん破滅させて喜びを感じているのかな。
ちょっとサイコだけど、その原因は両親の不仲?
両親が不仲になったのも小夜子のせい?
何にせよ、小夜子の件は解決してもしなくても大差なさそうだ。

「相棒」の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

音楽はこちら

出演者
杉下右京・・・水谷豊  特命係・警部
冠城亘・・・・反町隆史 特命係・巡査
伊丹憲一・・・川原和久 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二・・・山中崇史 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
角田六郎・・・山西惇  組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
青木年男・・・浅利陽介
出雲麗音・・・篠原ゆき子
小出茉梨・・・森口瑤子 こでまり女将
益子桑栄・・・田中隆三 鑑識課・巡査部長
大河内春樹・・神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
中園照生・・・小野了  刑事部参事官・警視正
内村完爾・・・片桐竜次 刑事部長・警視長
日下部彌彦・・榎木孝明 法務事務次官
衣笠藤治・・・杉本哲太  警視庁副総監・警視監
社美彌子・・・仲間由紀恵 総務部広報課 課長・警視正
甲斐・・・・・石坂浩二 警察庁長官官房付

ゲスト
遠峰小夜子(西田尚美)
連城建彦(松尾諭)
須藤龍男(成田瑛基)
井原仁美(山口あゆみ)
白石佳奈子(魏涼子)
森めぐみ 林健太 佐々木告 佐野祐徠

コメント

  1. なな より:

    今日は相棒〜と朝から思ってたくせに見逃しました。
    そういうお話だったのですね。
    白石が倒れ込んでショックを受ける少し前からはみました。

    遠峰って、どうして捕まっちゃったんでしょうかね。
    あれだれ頭が良ければ捕まる前に逃げられないのかな?と いつも思います(笑)
    今回も青木が活躍してたんですね。
    青木、面白いので好きです。

    出雲へのパワハラ…ちょっとやり過ぎで、嫌になります。
    昔からやってるイタミンたちが「特命係の〜」って挨拶代わりに
    嫌味に話しかけるのも、たまに「嫌だな」と思うときがあったのですよ。
    でもまあ、あれは挨拶代わりなので(笑)

    芹沢は後輩が出来たから?
    なんであんな頭ごなしに…
    いくら追い出す為に上司から言われたからって…いつものイタミンと芹沢なら バカバカしくなって とっくに
    そんなことやめちゃってる気がするのですけどね。

    たろたろさんは、あの女優さんの出雲役が合わないと仰ってましたけど
    私は他の作品を見たことないのもあってか そこらへんはよく分からず(笑)
    出雲の喋り方や しぐさが好きで
    「可愛いなあ」とニコニコしながら見てます(笑)

    あと…こてまりが…心穏やかに お食事出来ないお店だと思うのです。
    女将が怖い。嫌味な笑顔というか。
    幸子さん、カムバ〜ック!!
    彼女ののほほんさが癒やしでした(^^)

    • tarotaro tarotaro より:

      ななさん、コメントありがとうございます。

      青木君、良いように使われてますよね。
      刑事はほぼ男性キャストが多い相棒が、女性刑事を入れることになったのは。。。時代の流れなのか思いつきなのか。
      それは良いんですけど、ちょっと酷いですよね。
      なんであんなパワハラされなきゃいけないのか。
      出雲さんはあまりなんとも思っていないようですが、それはそれで・・・ちゃんとイヤなことはイヤと言ったほうが良いと思ってしまいます。

      芹沢はバカだけど可愛いと思っていたのになぁ。
      もうちょっと気を遣って欲しいです。
      いつか・・・ちゃんとチームになれるんですかね。

      篠原ゆき子さんは、「コウノドリ」が印象的でしたが・・・刑事っぽいイメージがなかったんでw
      森口瑤子さんは・・・もっと水谷豊さんとお似合いになると思っていたんですが、なんでこんなに裏がありそうな笑顔に見えるんですかねぇ。