M-1グランプリ 第13回(2017年)~15分に3回以上笑えるドラマがここにある。

スポンサーリンク

M-1グランプリ 第13回(2017年)

年に一回、みんなが漫才評論家になる季節w

とろサーモンが優勝しましたねぇ。
正直、まだ出場資格があったんやなぁって言うw
ワタシは随分前から面白いと思っていて、一時、なぜか面白くない漫才をしていた記憶があるんだけど、期待値は高かったんだよねぇ。
面白くなかった時期は、バラエティでも不発で。
とにかく本当に二人の仲が悪そうに見えた時期でもあったわ(苦笑)
しかし、ま、こんなメジャーな大会で優勝できるとは思ってもいなかったよ。
だいたい、地上波には向いてないもんなぁ。
久保田くんも丸くなってきたし、バラエティ番組やトーク番組では、決勝に残った3組の中で一番使えると思うんだよなぁ。
場数が違うから、まぁねぇ。
今年は「ヒルナンデス」に出ていて、驚いたけど、だんだん地上波にも慣れていっての年の暮れw
良かったねぇ。
久保田くんは嘘泣きやったと思うけど。

そんなワタシも今回は「和牛」が優勝するかも?と思いました。
勢いがあったし、漫才の前半で積んでいった伏線を回収していく後半は面白かった。
東京進出を決めたのか、関西の番組を整理していっているんだよねぇ。
ただこの二人、多分「人見知り」だと思う。
漫才は面白いんだけど、ロケが下手くそなんで、東京に行ったほうがいいのかも。

去年優勝した「銀シャリ」
優勝した翌日にロケの5本撮りをしていたのは「よ~いドン」という帯番組。
このロケの後継者はキングオブコントで優勝した「かまいたち」。
ちちんぷいぷいのロケの後継者は和牛(今は降板)。
ロケで素人を相手にしたときの「和牛」と「かまいたち」の下手くそさったらないのだ。
「和牛」はそうそうに卒業を決めて賢かったと思う。
ロケって、芸人が目立とうとしたらアカンねんな。
かまいたちのボケは特に悪目立ち。
自分のボケのために色んな人を犠牲にし過ぎ。
午前中の帯番組なんて若い子は見てないんやから、あんなボケしてもなぁ。
ぎっくり腰で整形外科に行った際、「よ~いドン」を真剣に見ている老人たちを見て(周りを気にせず爆笑が起きるし、ツッコミをいれている爺さんもいるのに驚いた)、かまいたちが受け入れられていないのを目の当たりにしてしまった(苦笑)
銀シャリがうますぎたんやろうなぁ。
ツッコミであるはずの橋本くんがツッコミもボケも進行もやって、鰻がただ横でニコニコしながら突拍子もないことを言って、素人に突っ込まれるって最強やもんなぁ。




アレ?M-1どうなった?

あ、「ミキ」はそこそこいくと思ったんですが最後まで残るとは思ってなかったなぁ。
ワタシはミキ弟のモテ伝説を聞き飽きたし、「男前」気取りの彼が好きではない。
このコンビが目立てるようになったのは、兄貴がいるからやろな。
弟はピンで出ている「おは朝」も気の利いたことも面白いことも言うつもりがないみたいだからなぁ。
爽やかなほうがいいと言われて、弟だけレギュラーになったらしいが、爽やかでも(爽やかとは思えないけど)、おもろいこと言わないなら、ジュノンボーイでも置いとけ。

んでもって、M-1の場合、下位に沈んだコンビより、目立ってしまうのが、松本人志と上沼恵美子(爆)
芸人たちが松本人志の点数に一喜一憂するのはよくわかるので、おいといて・・・。
上沼恵美子が怖いとか白いとか(爆)
白いのはいつもだし、時々白いのを通り越してねずみ色(グレーってもんじゃない!)のときもあるから、全国のみなさんが「白い」と思ったなら、それは調子が良い方。←え?




怖いってのはなんでやろ?
「マヂカルラブリー」に言ったことがきつかった?
でも「マヂカルラブリー」は得したよねぇ。
最下位なのに、目立たやん。
正直、なんで決勝に残れたのかは不思議だし、批評されて服を脱いだのも意味不明やったわ。
上沼さんだけではなく、他の審査員の点数も低かったし、決勝に残って恥かくならコレくらい言われたほうが良かった!
もしかしたら「えみちゃんねる」に呼んでくれるかもしれんしな。
寵愛する「サンドイッチマン」にカミナリのことを頼まれたのはホンマやと思うけど(爆)
上沼さん、好きよねぇ「サンドイッチマン」。

そう言えば、何年か前に書いたこの記事。
アメトーク「ギスギスしてるけど同期芸人」~とろサーモン久保田のレディースセーターが一番お面白かった件
昔から好きだったんだ(苦笑)
もちろん、実生活では隠しているよ!

よしもと芸人ばかりが残るのに疑問を呈するひともいると思うけれど、小屋を持っているのは強いと思う。
テレビに出なくても、小屋で場数を踏めるのは有利よねぇ。
お客さんのいない公園でただただ練習するよりずっと良い。

そんな小屋を買ったのは藤吉ですよ(爆)←朝ドラね。
そう思うと朝ドラも・・・・・・面白くないわ。
籐吉はクズ。
久保田くんもクズに思われがちだけれど、あんな風貌で借金はないの(爆)
買い物番組で堅実な買い物をしていたのも印象深かったわ~。←「やすとものどこいこ」
M-1見て、いつ面白くなるんやろうと思う毎日。
そろそろテコ入れが必要よね。
そんな気はないみたいだけど。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. YOYO より:

    こんにちは。

    M-1は録画を二回見ましたが
    やはりネタのクオリティとしては和牛がダントツだなと思います。
    和牛。。。水田の神経質ぶりがネタのソースになっているんだろうけど
    見終わったあとにベタリとそのいやらしさが残るところが
    もしかすると唯一欠点なのかなぁ〜と思います。
    1本目はうまくそこをカバーできていたけど
    2本目は仲居の性格も客の性格も壮絶じゃないですかw
    面白いですけどね〜。。。。いやネタとしては特上ですよね。
    だって最後の川西くんのあのお辞儀してもたれかかる身体の角度といいタメといい
    最高じゃないですか。もはや美しいと思いましたよ。
    なにか古典落語でも見ているような気分になりました。完成度がすごすぎる。
    でも、人が悪いわ〜。。。という後味がね。
    来年はどうするんでしょうか。またネタ6本くらい書くんでしょうか。
    大変だなぁ。。。。
    そして彼らは人見知りなんですね?
    こちらでは和牛はほぼM-1でしか見ることがないので
    なかなかそこまでわかりませんでしたが、そうか。。。そうなのかもしれませんね。
    2人とも親しみやすいタイプではないですし。
    私は川西くんのキレ味抜群なツッコミと声が大好きなんですけどね。
    漫才師ってどうしたら正解なんでしょうねぇ。
    M-1勝ち抜いてもパンブーのようにいまひとつ売れきれない子も多いし。

    やっぱりあらゆる事象への対応力を磨くっていう意味でも
    そのつど新しい面白さを生むっていうことのためにも
    中川家スタイル(ネタの骨子だけいくつか決まっていてあとはアドリブでつなぐ)
    がバランス良い芸人生活を送るコツなのかなと。。。
    きっと近視眼的に「ネタ!ネタ!」と考えているうちは
    そこでまず、おもろくなくなりますからねえ。。。。

    私はノンスタイルにもそこに早く気づいて欲しいと思ってます。。。。

    とろサーモンの久保田ね。。。私も好きなんです!w
    あの腐りぶりが。そして不穏なルックスが。
    とろサーモン、決戦のネタが鉄板なんですってね。
    私は本選(1本目)の方がサラリとしたお洒落な構成で
    うまいなーって思いました。ダテに15年経ってないというか
    大人の漫才ですね。うまくネタを扱っている。
    ただ、正直言うとやっぱ優勝はラストイヤーのご褒美受賞かしら?
    と思います。

    ミキは私も、亜生に飽きてますwww
    僕爽やかでカワイイでしょ? って顔して出てきますけど
    そこまでかわいくはないし、普通やしww
    兄ちゃんに比べたらな! ってレベルですよね。
    あと言ってることも結構つまらないです。
    兄ちゃんはうるさいけど才能があるというか漫才するために生まれてきたような子
    だとは思うので、亜生がもっと腕を磨かないとダメですね。

    そして何度見ても私はジャルジャルの芸が苦手。
    今回のも理屈はわかるんですけども
    実施がヘタクソなのかもしれないです。
    見た目の面白さっていうものにどうしても欠ける。
    あと、あの仕組みをずっとこちら側が頭に入れてないといけないというのが
    しんどいんです。
    吉本は昔からこの2人にすごく肩入れしていますが
    どうしてなんでしょうねぇ。。。好きになれません。
    そもそも漫才とは言えないような気もします。

    M-1って以前はもうちょい年末にやってませんでしたっけ。
    あまり押し迫ると年末年始の特番へのブッキングに間に合わないから
    この時期になったのでしょうかね。

    昔、ちょうどM-1の日に引っ越しをしていて
    あらかた部屋が片付いたけどまだTVの配線してないっていうとき
    ガラケーでTVをつけたらちょうどサンドウィッチマンが敗者復活戦から会場に
    着いたときで。
    あら? 全く知らないむさくるしいコンビだわ?
    と思っていたけどメチャクチャ面白かったんで、
    なんかすごいねーこの2人って、と主人と盛り上がったのを思い出します。
    関西勢以外のしかも弱小プロダクション所属で優勝して、
    今なお推しも押されぬ売れっ子になっているって
    彼らの実力のすごさを思い知らされますよねー。
    上沼さんが惚れ込むのも無理ないです。

    • tarotaro より:

      YOYOさん、書き込みありがとうございます。

      ワタシも今回は、「和牛」が優勝かなと思いました。
      確かに感じは悪いですよねぇ(苦笑)
      性格が悪いって言うわけではなく。
      2本目はの後半は・・・ホントも壮絶w
      この一年、M-1を目標に劇場でブラッシュアップしてたんでしょうね。
      すごい完成度でした。
      まだ参加資格もあるし、また一年ブラッシュアップしていくんでしょうけど・・・・これ以上面白くなったら来年はもう誰も敵わないのではないでしょうか。
      和牛はそろそろ東京進出を考えているんでしょうが、M-1王者の冠があるのとないのとでは全然違いますもんねぇ。

      ロケを見る限りですが、「和牛」は人見知りだと思います。
      このままではひな壇で活躍できないのでは?と心配。
      川西くんのツッコミも、水田くん以外では遠慮がちに見えます。
      そう言えば、パンブーは2冠でしたねぇ。
      全く見ませんが・・・・。
      優勝しなくても、「オードリー」や「南海キャンディーズ」みたいな売れっ子になる場合もありますし、売れる法則ってなんなんでしょうね。

      中川家スタイルは、中々出てこないですよねぇ。
      今40歳位までの人だと、小さい頃にネタ番組もあり、落語も聞けたと思うのですが、それより若い世代になると、関西でも劇場からの中継番組なんてなかったかもしれません。
      「お笑い番組」ではなく「バラエティ」を見て育った人たちは、中々あの境地にはたどり着けないのかもしれないですね。
      それこそ「いとこい」師匠なんてなにそれ?みたいな世代は・・・。
      もうあのスタイルの漫才師は絶滅危惧種かも。
      オーソドックスなはずでしたけど。

      すぐに笑いがほしいから、そういう小ネタを詰め込むと、笑いを取っているようには見えてもかえりは小粒。
      ノンスタイル・・・・ネタを作っているのは石田くんだから、ちょっと弱気なとこがあるのかもしれないですよね。
      気が小さそうだから(苦笑)

      とろサーモンの久保田は良いですよねぇ。
      どんどん太っていきますが、不潔なとこもなくて、潔いクズみたいなw
      とろサーモンのネタは、はじめてみたときからそこまで変わっていないと思います。
      ワタシはずっと、なぜ決勝にも上がれないのかと思っていたんですが、ラストイヤーのご褒美・・・でしょうかねぇ。
      ま、そう言われるほど和牛が面白かった。
      でも「和牛」のネタってコントでも成立すると思うんです。
      彼らは「漫才」にこだわっていますが。

      ミキはもうお腹いっぱいです。
      「僕爽やかでカワイイでしょ?」
      って言うのがホントに面倒臭い。
      関西でも「大人気」って言われていますが、ワタシは捏造なんじゃないかと思っていますw
      顔だけならもっと男前の芸人がいると思います。思いつかないけど(爆)
      弟は学生時代モテモテだったといいますが、学生時代のことを持ち出されてもねぇ(苦笑)
      で、兄貴をこき下ろして笑いを取ろうとするんですが、弟が兄貴をいじるより、他の芸人がいじるほうが面白い。
      それは亜生の技術力の問題だと思います。
      兄ちゃんのポテンシャルを引き出せないことに気づいていつんでしょうか。。
      3組に残ると、彼らだけが一つ下にいたなというのは否めないですね。

      ジャルジャル・・・・。
      好きか嫌いか別れるコンビですよね。
      すーっとネタが入ってこないんで、万人受けしないですねぇ。
      ジャルジャルはずっとコントをしていたイメージなんですが。
      実際、コントのネタを漫才に変えたり(逆かもしれないですが)。
      シュールなことをしていたイメージがあります。
      吉本もキングコングの路線を狙っていたのかなと思いますが、いかんせんキングコングもあの状態ですからw

      ワタシもM-1はクリスマスの時期にやっていた記憶です。
      年末年始は稼ぎ時ですもんね。
      押し迫ってから開催するより会社もそのほうがいいとはんだんしたんでしょうね。
      年末年始、とろサーモンは忙しいでしょうねぇ。
      和牛もネタ番組だと忙しくなりそう。
      ただ和牛はフリートークが心配。
      フリートークで水田くんが爆笑を取っている姿を見た記憶がない。←関西のお客相手でコレだと・・・・。

      サンドウィッチマンの登場には驚きました。
      なんで、ファイナリストに残っていないのかと思いました。
      どこを見て審査していたんだと。
      ダントツに面白かったですよね。
      ワタシもM-1で知ったコンビでした。
      関西勢以外の弱小プロダクションで売れるっていうのは、レアケースですよね。
      上沼さんの番組にはよく呼ばれていますが、フリートークもうまい。
      きっと、上沼さんへのお土産も美味しい品物を届けているんでしょうw
      そこからのフリートークも抜群。
      あの見た目だからこそ、余計に良い人に見えますよねw