『エール』 第100回 感想~熱唱、甲子園

スポンサーリンク

『エール』 第100回(第20週)「栄冠は君に輝く」


あらすじはコチラ→

裕一は「栄冠は君に輝く」の楽譜を持って久志を尋ねる裕一。
良い歌だと思ったものの、断るつもりで古山家を訪れた久志だったが、音からその話を聞いて心を動かされる。

「同情されたくない。
別に僕じゃなくていいでしょ。
歌手は他にもいっぱいいる。」
「それ大会本部の人も言っていました。」
音から久志を戦時歌謡の歌い手としてしか捉えられていないのなら尚更、久志を推薦する。
久志は皆さんが思うより、いろんな引出しをもった優れた歌手だと頭を下げて必死で久志を推薦していたと聞く
「羨ましかった。
同情なんかじゃありません。
裕一さんは久志さんの歌が好きなんです。」
そこに帰って来た裕一。
久志が仕事を引き受けてくれたと思った裕一。
しかし…
「今の僕には歌えない。
こんな希望に溢れた曲。
歌えない。」
裕一は久志を誘って甲子園球場へ行く。

作詞の多田さんは足を切断し甲子園の夢を絶たれた。
自分にできることは若人たちを応援することだ。

「戦時歌謡に君を誘った。
久志、苦しませてしまって本当に申し訳なかった。
僕もドン底まで落ちた。
ドン底まで落ちた僕たちにしか伝えられないことがある。」
頭を下げる裕一。

久志、マウンドで熱唱!!!


「栄冠は君に輝く」フルコース!!
NHKは力入れていたんだね。
夏の甲子園にぶつけてきたのかな?
いや〜。
ホントに山崎育三郎は上手いな。
酒で喉を痛めてないのか?とかどうでもよくなるわ。
華ちゃんの恋も含めて、ホント野球に縁があるね裕一。

ラジオから流れる「栄冠は君に輝く」は勇気貰えるな!
あたしゃ、この歌ホントに好きなんだよ。
高校野球はもう見なくなったけど、高校野球と言えばこの歌だわ。
毎年、この歌で入場行進すりゃ良いのに。
来年は開催されますように。

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
古山華・・・・古川琴音
古山まさ・・・菊池桃子
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
池田二郎・・・北村有起哉
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内智彦・・・奥野瑛太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
松坂・・・・・望月歩
藤丸・・・・・井上希美
小山田耕三・・志村けん

語り・・・・・津田健次郎

コメント