『エール』 第69回 感想~梅の告白と島崎藤村

スポンサーリンク

第69回(第14週)「弟子がやって来た!」


あらすじはコチラ→
酔っ払った五郎は水を持って来た梅に
「僕はダメな人間です。
居場所なんてどこにもない。
でも梅さんは違う。
素晴らしい小説を書く才能と人を慈しむ心がある。
もっと自分を好きになって下さい。」

それからというもの梅は五郎が気になって仕方ない。
久志とは金輪際二人では会わない。
ブローチも返却。
そして
「私、変なんです。
あの人のことを思うと、胸がきゅっとなってほっとけん。」

好きな(ちょっかいだしただけ?)相手にフラれ恋の相談までされた久志・・
「わたしどうすれば良いんですか?」
「心を裸にして、ぶつかるしかない」

とやぶれかぶれのアドバイスw

五郎はコロンブスレコードに裕一に依頼された歌詞を取りに行く。
廿日市誉(古田新太)は五郎に
「一に才能、二に才能」
と発破をかける。
才能がなければ食べていけないとキッパリハッキリ言う廿日市。
五郎は裕一に自分には才能がないのかと問うと、裕一は狼狽。
落ち込んで神社の境内に座っていた五郎に梅が声をかけた。
「努力してもしょせん自分はダメなんだって」
「五郎さんは本気で音楽で身を立てたいの?」
「え?」

”わたし達の急務は、ただただ眼前の太陽を追ひかけることではなくて、自分等の内に高く太陽をかかげることだ。”島崎藤村の言葉を引用する音
一番大事なのは五郎がどう生きたいか
音も自分に才能があるかわからない。
でも・・・
「文学は私の太陽。
人から才能ないっていわれたっていい。
五郎さんの太陽ってなに?」
「それは・・・」
「大丈夫。
五郎さんダメな人じゃない。
ダメな人なんか好きにならんもん
私・・・五郎さんのことが・・・好き!
先帰る」



翌朝、五郎は書斎で裕一に
「先生・・僕には才能がないんでしょう。」
と聞く
「も・・・申し訳ない」
頭を下げる裕一。
「先生が謝ることじゃありません
先生のそばにいて骨身にしみました
突然押しかけてきた僕を受け入れてくれてありがとうございました。
子供の頃に売られて居場所のない僕にとって、ここは初めて心からから安らげる場所でした。
音さんにも華ちゃんにも優しくしていただいて・・・」
「五郎君、次の道が見つかるまでここにいて良いんだよ。」
「ダメです。これ以上みなさんのご迷惑をおかげするわけにはいきません。」
「困ったら、いつでも来てね。」

裕一に抱きつく五郎。

荷物をまとめて古山家を出る五郎。
華は号泣。
礼を言う五郎だが梅からは目をそらしてしまう。
裕一、音、華が家に入るが、梅は玄関先で静かに号泣。


島崎藤村の随想集「春を待ちつつ」から一番有名なフレーズ。
ワタシの太陽は・・・もうすでに無いかも(苦笑)
太陽を”人”にしたら大変だからね。
なにか夢中になれる”モノ”でないと。

華ちゃんの号泣がすごくて、ワタシも泣いてしまいそうになったよ。
岡部大のキャスティングは賛否があるようですが、ワタシは”賛”です。
コントに見えるって言う人もいるけど。
ハナコはどなたでもドラマにヌルッと入れそうだけどなぁ。
ワタシは岡部君のフォルムが良い感じだなぁって思って。
あの手足の短さ!普通の俳優では無理じゃん。
綺麗なだけの人をキャスティングするよりずっと良いけどなぁ。

五郎君。
何者でもない自分が梅にはふさわしくないと思ってんでしょうな。
耳コピで楽譜をかける五郎ってそれなりに才能はあると思ったんだけど。
それでも売れる人はそんじょそこらの才能じゃダメだってことなんでしょうね。
梅はすんなり久志のアドバイスを受け入れたのか五郎に告白。
それも五郎が真っ直ぐで駆け引き入らずの相手だったからかも。
初恋だから?それもある?
しかし答えをだせずに五郎は去って行く。
つらいな、梅ちゃん。
全く関係ないけど、梅ちゃん・・・若い頃の河合美智子さんに似てない?←ずっと誰かに似ているっって思っていたんだけどメガネをかけると似てるよね?

で、久志は困ったときの音丸。
音丸ちゃん、こっぴどく久志をふってやれ!!!
そう思わずにいられん(笑)
今週はスピンオフみたいなもんだと思うんだけど・・・それにしても「バンブー」が出てこなさすぎ。
「バンブー」での岡部・・・いや五郎も見たかったなぁ~w

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
関内梅・・・・森七菜
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
杉山あかね・・加弥乃
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
廿日市誉・・・古田新太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
小山田耕三・・志村けん
田ノ上五郎・・岡部大
語り・・・・・津田健次郎

コメント

  1. まろ より:

    こんばんは!初めてコメントさせて頂きます✩.*˚スカーレットの感想を探していて出会ったこちらのブログですが、今では他のドラマでも、観たら必ず感想を読ませて頂いてます!今日初めてコメントさせて頂いたのは、、我が家では梅ちゃんの森七菜ちゃん、宇多田ヒカルさんにそっくりだ〜と日頃から話しておりまして(笑)誰かに似てるの感覚分かりますー!河合美智子さんも画像検索してみます(^^)

    • tarotaro tarotaro より:

      まろさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。
      「スカーレット」良いドラマでしたね。
      長く読んでいただいて光栄です。

      森七菜ちゃん、ヒッキーに・・・そういえば口元あたり・・・似ているかも?
      河合美智子さんはもちろん今ではなく、森さんくらいの年齢の時です。
      何のドラマか忘れてしまったんですが、同じようなメガネをつけていることがあったんですよねぇ。

      誰かに似ている!ってずっとモヤモヤしていることってよくあるんですよw
      ご理解いただけて嬉しいです~。
      これからも宜しくお願いします。