『エール』 第47回 感想~久志に惚れる藤丸ちゃんは可愛い!

スポンサーリンク

第47回(第10週)「響きあう夢」


あらすじはコチラ→

木枯のヒット曲「酒は涙か溜息か」を作詞した高梨一太郎(ノゾエ征爾)は、裕一に曲をつけて欲しいと頼みに来たのだ。
高梨は「福島行進曲」や「紺碧の空」を絶賛。
木枯は二人の作品を聞いてみたいと後押し。
すでに自分の詞を書いてきたと言う。
裕一は「船頭可愛いや」の作曲に没頭する。

一方、音の椿姫。
音の技術力が不足しているせいで稽古は全く進まない。
自主練をしている音に環がアドバイスする。
ブレスの位置、声の出し方。
そして日本未発売の椿姫のレコードを参考にと貸してくれた。
海外で収録されたレコード。
本当は海外で生のオペラを見た方が勉強になると環。
音は裕一の留学について行くつもりだったがそれは敵わなかったと話す。
裕一はコロンブスレコードの専属作曲家だがまだ売れていない。
才能はあるのであとはきっかけだけだと思っていると話す。
「きっかけは大事
あなたはそれをつかんだんだからムダにしないようにね。」
と環は音に話す。


裕一は「船頭可愛いや」を廿日市に見せた。
作詞は高梨だと知り、すぐ発売に決まる。
「古山君、これ最後のチャンスだから
もし売れなかったら契約金返してね。
一括で。
今度は脅しじゃねーぞ、
本気だからな。」
と廿日市に凄まれた裕一。

それからというもの裕一は不安で仕方ない。
久志はそんな裕一にポジティブになれと励ます。
鉄男の屋台に向かう二人。
鉄男はおでんの屋台の親父が故郷に帰るというので、屋台を引き継いだのだ。←ラッキーすぎる!!!
裕一の新曲は芸者が歌うと聞き、二人の目の色が変わる。
レコーディング当日、なんと鉄男と久志は取材だとスタジオにやってきた。
現れた歌手は芸者ではなく下駄屋の娘・松子(井上希美)。
芸者は高いし、どうせ顔も見えないんだから下駄屋の娘にしたと廿日市。
そんな廿日市に「失礼だ!」と怒る鉄男。
それでもレコーディングは始まる。
そして松子・・・芸名・藤丸の歌声は素晴らしい!
しかし・・・「船頭可愛いや」はヒットしなかった!



ヒット曲出ませんねぇ。
古山家は借金まみれだねぇ。
古関さんは「福島行進曲」から数曲地方小唄を作っているようだけど、それは割愛。
「船頭可愛いや」を歌った音丸さんのウィキペディアを見ていたら写真がばあさん過ぎて(苦笑)
若い頃・・・可愛かったのか?
下駄屋の娘には違いないみたい。
それより音丸さん美空ひばりに歌唱指導をしていた。
相当上手な人なんだろうな。

今作の下駄屋の娘・藤丸ちゃんは可愛い。
HPを見ているとひらひらシャツ久志に惚れると書かれているので・・・出演シーンは続くのかなぁ。
千鶴子さんに続いて藤丸役の井上希美さんも兵庫県神戸市出身ではありませんか。
劇団四季のご出身だそうで、キュートな歌声でした。
作詞家は一流、歌声は可愛い。
ってことは・・・売れなかったのは実績のない裕一のせいとなるんですかねぇ。

鉄男は労せず屋台をゲット!
乃木大将から屋台の大将へ。
多分、今までの朝ドラの使い回し。
たまり場にも使えるしさ。
使い勝手の良い屋台を鉄男にやらせるにはドラマ的にも大道具的にも持って来い??
先週は切ない恋をしていた鉄男だけど、あんまり引きずっていないように感じるわw
廿日市に対して・・・鉄男もギャフンと言わして欲しい。
これだけなが~~~~い前振りがあるんだから。
あっさり終わらせないでね~(懇願)

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内梅・・・・森七菜
杉山あかね・・加弥乃
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
夏目千鶴子・・小南満佑子
音楽学校教師・高田聖子
廿日市誉・・・古田新太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
双浦環・・・・柴咲コウ
小山田耕三・・志村けん
語り・・・・・津田健次郎

コメント