『わろてんか』第72回 感想~全然スカッとしないスカッとジャパン

スポンサーリンク

連続テレビ小説  第72回 第12週 「お笑い大阪 春の陣」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

風鳥亭に寺ギン(兵動大樹)が寄席を買い取ると押しかけて来る。
そこへ大勢の芸人を従えた風太(濱田岳)が現れる。
オチャラケ派芸人総勢150人を北村笑店で雇って欲しいと頼み込む風太に、寺ギンは芸人全員が借金を返済するまでは自由にさせないと言い放つ。
てんは始末して貯めたお金で芸人らの借金を肩代わりすると言う。
さらにそこへ文鳥(笹野高史)が現れた。
借金肩代わりの話を聞き、6年前にカレーをごちそうになったときとてんの着物が変わっていないことに気づく文鳥師匠。
伝統派の芸人はすべて風鳥亭で世話になると決めた。
理解できない寺ギンに

「芸人さんは家族です。」

と言うてん。

「みんなに笑っていて欲しいんです。
寺ギンさんにも笑っていて欲しいんです。」

「オレの持っているもん全部、お前らに譲ったるわ!」

寺ギン、いきなり全ての証文を手放す。

風太に礼を言うおトキ。
そんな風太に
「風鳥亭の番頭さんになって欲しい」
と言うてん。
喜ぶ風太。

寺ギンがデレたお陰で風鳥亭は10店舗になり、寄席のチェーン化に成功。
寺ギンは僧侶に戻り、諸国行脚に出た。




めでたしめでたし!!
エエ、最終回やったな!!!
ってか、スカッとジャパンやな。
スカッとジャパン的なことをドラマでやってしまうと、本当に安っぽいな。
寺ギン廃業って、急展開。
超都合が良いねぇ。
しかも全然スカッとしなかったって言う・・・・(苦笑)

ぬか床にへそくりしていたてん・・・・。
いきなり過ぎて、これが脱税のやり方かって思ったわ。

てんの変わらない笑顔に闇すら感じてしまう。
「これで芸人飼い殺ししまひょ。」
って聞こえた。←幻聴やんw

んでもって・・・・。

籐吉はまた蚊帳の外

これで風太が「夢の番頭」になったら、ますます籐吉の影は薄くなる。
てんがやることなすことに

「でかしたてん!」

と言うだけの人になる。

そのうち風太に乗っ取られてしまうな。
籐吉、死ぬまで役立たずなんだろうか?

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
わろてんか」感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」
キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生
てんの付き女中 トキ    …徳永えり
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
組むドケチな芸人 アサリ  …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
太夫元(たゆうもと)寺ギン…兵動大樹
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則
お夕            …中村ゆり
月の井団吾         …波岡一喜
月の井団真         …北村有起哉
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする