『わろてんか』第134回 感想~接吻を連想するのはダメ

スポンサーリンク

第134回(第24週)「見果てぬ夢」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

てんは慰問団「わろてんか隊」の貢献が国から認められ、勲章を授与されることになった。
風太たち北村笑店の面々は、「お笑い」が国のお墨付きをもらったと大喜びする。
伊能の会社では制作中の映画が次々と検閲に引っかかり、キースが主演した作品の修正を拒否して上映中止を選ぶ。
伊能フィルムの専務は東京の映画会社・新世紀キネマに寝返る。
東京の映画会社・新世紀キネマは北村商会にも提携の話を持って来るが、てんは断る。
そして伊能は社長を辞任、会社を辞めてしまった。←解任かもしれんけど・・。

見逃したドラマがあるかも?

キースの主演映画は、恋愛映画ではないんだろうけど、下劣だと見なされた様子。
検閲するひとも大変やね。
いろいろ想像を膨らませないといけないしねぇ。
案外、映画を楽しんで見られるタイプかもしれんなw
伊能様の読んでいた台本の表紙が「民衆の恋」だから・・・本人は危機感ないんでしょうな。
検閲に引っかかりまくってんのに、そんな台本を読んでたら、専務もクーデター起こすってなもんよ。
東京の会社の引き抜きに続き、東京の映画会社と提携。
東京VS大阪の構図もとくに面白いと思えず。

今日は特に15分が長く感じた。
まだ10分もある。まだ9分もある・・・・って気持ちで見てしまったよ。
そして亀さんたちは広島に向かったけどフラグか?
それとも今週は検閲話で終わるのかしら?
地味すぎないか?
にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとうれしいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん++++葵わかな
北村藤吉++++松坂桃李
武井風太++++濱田岳
伊能栞++++++高橋一生
北村隼也++++成田凌
トキ++++++++徳永えり
秦野リリコ++広瀬アリス
キース++++++大野拓朗
アサリ++++++前野朋哉
万丈目吉蔵++藤井隆
万丈目歌子++枝元萌
杉田楓++++++岡本玲
川上四郎++++松尾諭
亀井庄助++++内場勝則
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加