『三浦部長、本日付けで女性になります。』 ネタバレ感想~ムロツヨシの女装が意外とキレイ

スポンサーリンク

あらすじはコチラ

三浦(ムロツヨシ)は仕事上の信頼関係は変らないと思い女装で出勤。
ムロツヨシに対する反応は様々。
後輩のはるちゃん(伊藤沙莉)と飲んでいると、カオリ(鈴木紗理奈)から息子が学校から帰ってこないと連絡が入る。
息子を探しまくれ、公演で見つけたムロツヨシ。
そこに妻・鈴木紗理奈がやってきた。
女装は辞めたと思っていた紗理奈は驚く。
自宅に帰り、”今までのことは嘘だったのか?結婚のことも子供のことも”と妻に責められるムロツヨシ。
翌日、サッカークラブのために弁当を作っていた紗理奈。
これからは「秀太と二人で行く。」と宣言。
あからさまに避ける。

夜、女装バーでつばきさん(中村中)に相談するムロツヨシ。
「私、離婚してんの。」
カミングアウトするまで妻とも子供ともうまく行っていた。
しかし
「夫が女になるって妻にとって精神的なDVみたいなもんなんだよ。
家族にとってはそれって暴力なんだよ。」


そんな時、息子に
「僕も、あんまり言えないけど、母さんに嫌な思いさせるのは良くないと思う。」
と言われてしまう。
帰宅した妻に
「俺、ほんとについ最近まで自分が男であることになんの疑問もなかった。
結婚して、子供が生まれた時は最高に幸せだったし、二人のことは大切に思っているしそれが自分という人間だと思っている。
だけどこうなってしまった自分もまた自分で。
だから・・・やっぱり・・外ではこれからも女性として生きて生きたいと思っています。
もちろんそれを理解して欲しいとか認めて欲しいとかいうつもりはないし。いえるわけがない。
それでも夫としても父親としてもやり直させて欲しい。」
「私はね・・・あんたの苦しみなんてわかんない。
女になりたいって気持ちも多分一生わかんないと思うし
今まで通りってわけにも絶対いかないと思うの。
他にも安雄といたらなっとくいかないこともいっぱいあるし、変えて欲しいと思うことも山ほどある。
多分安雄を思っている以上いっぱい。
でもね・・・自分でもどうかしてると思うんだけどさ。
もう少し頑張ってみようと思うの。」
「え?」
「やっぱり家族だから私たち。」
「ありがとう。ありがとう。」
「ううん・・。あの・・・。ありがとうは違うと思うの。
あのこれは私の問題でもあるからさ。」

会社では女性ばかりのプロジェクトメンバーがムロツヨシが福岡に移動になるかもしれないと聞き、ムロツヨシと行動を共にすると一斉メールしていた。



今日は三浦(ムロツヨシ)がなぜ女装をするようになったか・・・の前段階でして。
ちょっとした女装がトランスジェンダーになるきっかけを与えるというか。
先天的に性別に違和感があったわけではなく、結婚していてそれに気づくというのは、ホントに大変なことだと思うんだけど。

「女子的生活」の志尊淳くんの場合は、みんな受け入れていたわけなんですが、受け入れられるまでにかなり時間がかかりそうかと思えば、若手女子社員には受け入れられている。

主人公本人は辛いだろうけど、その本人もそこまで葛藤もなく受け入れたように見えた。
妻にそれを告白するにはもっともっと葛藤しそうなんだけど、結構あっさり病院に行って、妻にも告白。
しかも会社へ出勤するハードルなんてとてつもなく高そうなんだけど・・・そこもあっさり会社に女性として出勤。
「安雄」と言う名前を「あゆ」と呼ばせる名詞まで作る。
ドラマだからその辺りの葛藤はあまり感じられなかった。

そしてもう一つ、女装したら”女性らしい”しゃべり方になっちゃうもんなんでしょうかね。
ワタシは、夫、父親として無責任だなと思う。
父親はともかく、夫としては機能しないのではないかと思う。
そりゃ、トランスジェンダーだとカミングアウトされても、その人を攻撃したりせず受け入れるとは思うんだけど。そういう世の中出会って欲しいと思うけれど、夫だと思ったら・・・ちょっと無理かも知れん。
さらに・・・息子ちゃん。気づいている気もするし。

思いっきりコメディでもないしシリアスでもないし。
どういう着地点を見いだすのか興味はある。

一回こっきりのドラマだと思わずに感想を書きました!
本日(放送から3日)、SPドラマだと気づきました!
てへ!!!


     

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

その他の感想

キャスト
三浦安雄・・ムロツヨシ
三浦カオリ・鈴木紗理奈
三浦秀太・・大江優成
土方はる子・伊藤沙莉
田代一彦・・三宅弘城
榊原英二郎・中村育二
つばきさん・中村中
里中医師・・平泉成
三浦季実子・松金よね子

コメント