「テセウスの船」最終話(第10話) ネタバレ感想~予想を裏切りたくて”せいや”を犯人にしてみました!

スポンサーリンク

「過去を変えろ!黒幕との最後の対決」


東元俊哉『テセウスの船』

あらすじはコチラ→

文吾(鈴木亮平)が自供した。
心(竹内涼真)は、みきおに話を聞きに行く。
するとみきおは病室を抜け出していた。
チビみきおと対峙。
「僕はただヒーローになりたいだけだったのに!鈴ちゃんの」
転校してきた頃、毎日いじめられていたみきおを鈴が助けてくれた。
それからずっと鈴の正義の味方になるって決めていた。
だけど・・・。
「鈴ちゃん、お父さんみたいな人が好きだって。
佐野文吾のことを正義の味方だって言う。
だから邪魔だったんだ。
鈴ちゃんのヒーローは僕だけで良い。」
まず本番の為に千夏に毒を飲ませて実験。
明音は鈴をいじめたから翼にやらせてみた。
あのドジのせいで死ななかった。
田中のおじいちゃんは苦しまずに死んだ。
「とにかく、僕だけが鈴ちゃんのヒーローになる完璧な計画だったんだ!
でも作戦変更。
今、鈴ちゃんが一番喜ぶのは佐野文吾を無罪にすることだよね。
未来の僕が言ってたやつ。
アレ、良いよね!
THE END」
自白を録音していたみきおは毒を飲む。

警察はそれを証拠として認めたのか文吾(鈴木亮平)を釈放。
文吾が自白をしたのは誰かから差し入れられた本に
「つみをみとめろ家族皆殺し」
とメッセージがあったことから、自供したらしい。←バカなんか。


音臼村の祭りで食中毒事件があった。
きのこ汁に毒キノコが混ざっていた。
亡くなったのは徳本卓也(今野浩喜)の母。

当時議員に立候補しようとしていたせいやの父・仲本工事は、事件を有耶無耶にするなと捜査を求めた。
調べてみると・・・過って毒を入れたのは田中正志(せいや)の母で仲本工事の妻だった。
その祭りには石坂秀夫(笹野高史)の息子が喧嘩騒ぎを起こしていた。
校長の息子は就職した会社でいじめられ、それ以来村の誰もが何をしているかも知らない。
校長を探す文吾と心。
しかし校長行方不明。

駐在所に一人で帰った心はドアに文吾宛の手紙を見つける。
そこには和子(榮倉奈々)と鈴、慎吾が殺害されたという新聞記事。
殺されたくなかったら、一人で来いと犯人からのメッセージがあった。
心はそれを隠し、一人で向かう。

そんな時心と同じ背格好の人物が倒れていると無線が入り、文吾は飛び出す。
アホみたいに心は一人寺にいる。
文吾はせいやに刺された!

せいやの母が毒キノコを入れ死亡事件を起こしたせいで、せいやの妹はいじめられて自殺した。
単なる事故だったのに、文吾が点数稼ぎをしたせいで、母親は殺人犯と呼ばれた。
どこに行っても殺人犯の子供と言われ、妹は自殺した。
最近になって仲本工事のもとに顔を出すようになった。
そんな時、文吾に
「家族は大事にしねぇとな!」
声をかけられ、堪忍袋の緒が切れた!
みきおとは「佐野文吾が邪魔」という共通点だけで繋がった。
心を殺したと聞き逆上する文吾。
「あいつ未来からきたんだろ?
無駄足も良いところだね。」
せいやは文吾に自分を殺害させ、鈴や慎吾に自分と同じ気持ちを味会わせたいと思っていた。
しかし文吾は、人殺しはできない。
「お前はずっと苦しんできたんだな。
すまねぇ。
気づいてやれなくて。
ホントいすまねぇ。」
そこに心がやってきた。
ホッとする文吾。
せいやが文吾に襲いかかる!
「俺を殺せ!」
もみ合う二人に加わる心。
んでもって・・・心が刺されて死亡!!!

現代。
心は由紀(上野樹里)と結婚。
子供も生まれる。
心は死んでいるからして・・・あの事件の記憶はない。
それでもテセウスの船は同じ船と言えるのだろうか?



せいやエンド!!!
熱演してたけどさ、せいやじゃないよね。
なんで仲本工事だけあの村に残っていたのかよくわからんけど。
とりあえず、せいやじゃないよね。
それは違うやんって思うわ。ガッカリよ。
安藤政信のみきおはタイムスリップしてなかったん?
校長先生もせいやもみきおも心がタイムスリップしたことは知っていたようだ。
てっきり安藤政信がタイムスリップして、みきおに伝えたのだと思ったんやけどなぁ。
安藤政信はタイムスリップしていなかったってことよね。
だってタイムスリップしていたら・・・安藤みきおはどうやって現代に帰ったかわからんもんな。

安藤みきおはさつき先生とカフェをしていたねぇ。
あのみきおのサイコパス加減。
さつき先生の病んでいる感じ・・・。
今は普通の幸せを得ているのに違和感。
みきおのサイコパスが治るのか?
あんな考え方をする子をどうやって更生させたんやろ?

みきおの自白の録音テープだけでみきおが犯人で文吾を釈放ってのが納得いかないわ。
「子供にそんなことできない。」
って言っていたのに、簡単に信用するかね?
そばにいた心が無理矢理言わせたって考えないのかね?
余計なところは引き延ばすくせにさ。
こういうとこが雑。いや・・・ずっと雑やけど。

そして現代の榮倉奈々が初回のような老けメイクではなかったのに、なぜ文吾だけあんなに老けたのか!!
貫地谷しほりのほうが年上に見えてしまうやないか。
子供たちはともかく榮倉奈々は息子があの時死んだ心に似ている!そっくり!ってわかっているんだろうか?
んで慎吾が大きくなったらハライチ澤部に・・・(苦笑)
芸人が出過ぎや。
そういえば・・・校長室に残されていた黒塗りの絵は校長の失敗作だったの・・・?
そしてユースケ・サンタマリアを殺したのは誰?
みきお?せいや?どっち?
もう・・・雑!!!

「この人達の未来は 俺が絶対に守る。」
「家族の未来を守るためにここに来たんです。」
口だけ番長の主人公。
家族の足を引っ張ることしか無かった。
せいやが「過去にタイムスリップしたのは無駄足だったな!」って言うてたけれど、まさにその通り。
無駄足以外の何物でも無いなぁ。

最近の日曜劇場ってイライラさせてナンボ!って感じよね。
で、上手く回収できればスッキリだけど、引き延ばして引き延ばして引き延ばして・・・ちゃんちゃん!って感じよね。




「10の秘密」 第1話 ネタバレ感想~緊迫感が皆無は広げた風呂敷を畳めなかったけれど、このドラマはそんなに風呂敷を広げていないのに、引き延ばして引き延ばして10話まで来た感じ。
結局、犯人はとってつけたような後出し。
視聴者に”考察”させて、一番なさそうな人間を犯人にしたのかしらねぇ。
「恋はつづくよどこまでも」のキスをやり過ぎ案件。
そして今回の引き延ばし案件。
TBSは何事にも限度があるということに気づいて欲しい。

とりあえず、せいや、気の毒やな(苦笑)
苦情はすべてせいやに集中しそう(爆)

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はオリオンブルー [初回生産カバー盤][CD] / Uru

感想はコチラ
「テセウスの船」 第1話 ネタバレ感想~榮倉奈々の特殊メイクが雑ではないか?
「テセウスの船」 第2話 ネタバレ感想~主人公がアホすぎて不安
「テセウスの船」 第3話 ネタバレ感想~雑な展開なのに面白い不思議感覚
「テセウスの船」第4話 ネタバレ感想~主人公が動くと不幸になる説
「テセウスの船」 第5話 ネタバレ感想~証言するかしないかで終わってしまった。
「テセウスの船」第6話 ネタバレ感想~みきおが立った!心が刺された!
「テセウスの船」 第7話 ネタバレ感想~主人公の死亡フラグ
「テセウスの船」 第8話 ネタバレ感想~せいやと今野の怪しさ、急浮上!!
「テセウスの船」 第8話 ネタバレ感想~せいやと今野の怪しさ、急浮上!!
「テセウスの船」 第9話 ネタバレ感想~進展なし。イライラするだけの回。
キャスト
田村心・・・竹内涼真
佐野和子・・榮倉奈々
加藤みきお・安藤政信
田村鈴・・・貫地谷しほり
佐々木紀子・芦名 星
長谷川翼・・竜星 涼
田中正志・・せいや(霜降り明星)
徳本卓也・・今野浩喜
佐野鈴・・・白鳥玉季
佐野慎吾・・番家天嵩
田村由紀・・上野樹里(特別出演)
金丸茂雄・・ユースケ・サンタマリア
石坂秀夫・・笹野高史
井沢健次・・六平直政
木村さつき・麻生祐未
佐野文吾・・鈴木亮平

コメント

  1. ジョセフィーヌ より:

    えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

    旦那と2人同時に声出したわ。
    何も回収されてない。
    何も・・・
    みきおは良い人になったの?
    え?毒飲んでないから歩けるの?
    え?過去に行けるっていうことも忘れてんの?

    せいやは過去から来たって誰に聞いたの?

    何もかもが????

    最後ハッピーエンドだからいいっしょ、みたいな。

    あんなにいきなりぶっこん出来たらどんな終わり方でもできるじゃんか。

    雑すぎ・・・
    原作者は別物として考えてるのかしら。

    せいや熱演だったけど、フジの粗品といい、せいやといい、お笑い芸人がキーパーソンって辞めてほしい。
    俳優陣の熱演が台無しだ・・・

    • tarotaro tarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、コメントありがとうございます。

      せいやエンドはせいやが一番可哀想だと思いました。
      最初から「犯人やで」って知らされていたのでしょうか?
      ある程度演技経験のある芸人ならともかく・・・・その中ではよくやったなぁって思います。
      とにかく引き延ばしに引き延ばした結果・・・これかよって言う(苦笑)

      みきおは過去に行けること・・が消えたのではないかと思います。
      由紀も新聞記者にかわり、子供も産んでなかったですしね。
      心がせいやに刺された時点で、平成心と平成みきおは出会わないので。

      ただ・・・みきおは文吾を殺害する計画をたてたのは事実なので、そんなサイコパスの子が・・・・更生できたのか??
      どっちにしろ誰かに粘着して、ストーカー事件とか起こしそうな気がするのですが(苦笑)
      せいやもアレですけど、小薮刑事もいりました?
      あの刑事・・・別にいりませんでした。
      文吾となんの因縁があったのかもわからなかった。
      引き延ばした割にユースケの事件も有耶無耶だし、芦名星ちゃんも野放し?雑でしたね(苦笑)

  2. なお より:

    こんばんは。本編みる前にここ来てしまって黒幕知った上で視聴しました。

    振り返って黒幕現れた時、みんな驚いたんでしょうか?(^_^;)あの校長先生の意味ありげな感じ…

    黒幕がどうのというよりは
    家族愛のドラマだったのかな?という感じです。

    ただ最初の頃の謎や途中から出なくなった記者の上野樹里とかなんか勿体なかったです。

    大人みきおと鈴は新しい未来では結婚してないということでよいのでしょうか?

    あな番もそうでしたが伏線の回収がないまま終わってしまったような

    文吾さんと心さんはせいやに翻弄されてたのかと思うと…笑っ

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      校長先生・・・ミスリードでしたね。
      なんなんでしょうか。
      引き延ばすためにあの手この手で。
      視聴率が良かったらしいですが、その何パーセントが満足しているのか知って欲しいです。
      少なくともワタシの回りでは評価が低め(爆)

      上野樹里さんは特別出演だったので、登場シーンは少なめだったんでしょうね。
      平成のみきおとすず(←令和なのか?)は、出会っていなさそうですね。
      そうそう。
      せいやごときに振り回されて。
      対峙したら、一発で仕留められそうなのに(爆)

  3. うらはら!! より:

    こんばんわ~
    ブログ楽しみにしていましたよ(笑)さすがです。

    犯人・・・え、いつからみきおと結託してたん?って感じで。
    一回戻った未来ではせいや死んでたよね。あれとさつき先生殺害はみきお?
    ノートを拾ったのはせいやで、みきおに教えたのか?

    確かに雑すぎ。
    でもまんまと最後まで見ちゃったよ。
    過去バージョンの佐野家はすっごくよかったから。榮倉~慎吾~すず~
    みんなうまかったなあ。
    チビみきおなんて、『おじいさんは簡単だった。年寄りってあんなもん?フフ』ってとこの自然に噴き出す感じなんてうますぎてゾッとしましたよ。
    幸せな未来のさつき先生、芋羊羹出してたよ。毒入りじゃないけどね。みきおのあの純粋な顔。もはや記憶喪失にでもなってなければありえないですね。

    まあ、観終わったあともああではないこうでもないって論議したくなるのは、やっぱり面白かったドラマだったから?ってことにしておきましょうか(笑)
    ツイッターでも書かれていたけど、私も澤部が出てきた途端話が頭に入ってこなくなりました~

    • tarotaro tarotaro より:

      うらはら!!さん、コメントありがとうございます。

      早速、関西ローカルの番組でせいやがイジられてました(苦笑)
      みきおとせいやの接点もそうですが、チビみきおよりせいやのほうが悪賢く見えないです。
      どう考えてもチビみきおが主犯ってほうがしっくりくるんですよね。
      もったいないなぁと思いました。
      視聴者を裏切ることだけを考えて、途中から舵を切ったような気がします。

      芋羊羹をだすカフェっって・・・斬新ですよねw
      みきお、記憶喪失なんですかねぇ。
      あんな恐ろしいことを考える子の更生。
      あり得るんでしょうか。

      ツッコミどころが多いドラマでしたね。
      ホントそれが楽しい部分でもあるのかもしれませんw