「SUPER RICH」 第1話 ネタバレ 感想~江口さんと赤楚くんの相性はよさげ

スポンサーリンク

「社長と貧乏学生、運命の出会い」

あらすじはコチラ→

春野優(赤楚衛二)はベンチャー企業『スリースターブックス』の試験を受けるために試験会場に向かっていたが、途中で妊婦を助けて遅れてしまう。
「なぜ電話できなかったのか」
「気がつかなかった」
「タクシー拾えば」
「タクシー代がなかった」
うちが貧乏で専門学校に入学するまでの授業料を働いて貯めてやっと学校に入学。
バイト代は入ったけど、スーツなどを買うために消えてしまって所持金2000円。
しかし子供の頃に何百万も稼いだ人もいる。
親が貧乏でも今貧乏でも「時間は平等だ」と氷河衛(江口のりこ)が言い放つ
そして5万円を差し出す。

そんな時、一ノ瀬亮(戸次重幸)が姿を消す。
「俺を信じてくれ」
と電話が入ったもののそれ以来連絡は取れない。
亮が持って来たアプリ会社に投資したもののそれがハンシャ。
大手IT企業『MEDIA』取締役の島谷聡美(松嶋菜々子)に謝罪に行くも、取引続行の条件として一ノ瀬亮を切ることと言われるも、納得はできず断ってしまう。
しかし会社のお金が根こそぎ無くなっていた。
社員全員で謝罪行脚するも八方塞がり。



“プラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー”の大賞の受賞日だと気づいた衛は会場へ行き、土下座して「お金を貸して下さい」と言う。
亮を探す衛はハンシャらしき事務所へ。
そこからたたき出されたのは春野優(赤楚衛二)。
衛の手を握り橋って逃げる。
毎日、会社に行っていたので事情を把握し、亮を探しに来て殴られたと言う。
んでもって、5万円もヤクザに取られ。
二人の所持金は500円。
一杯のラーメンを二人で分け合う。

衛の愚痴が止まらない。
亮は3億の金を何に使うのか。
大学で声をかけたのも金目当てだったのかも。
親も友達もいないさみしい女を騙すのはチョロい。
いいこと言ってくれてた人もお金がなくなったら近寄ってこなくなる。
「怖いね お金って。」
「氷河さんはどうして 電子書籍の会社を始めたんですか?」
幼少期に両親が亡くなり、寂しいから本を読んだ。
でも読むのが速いのですぐに読み終わる。
だから読み終わることのない本を持ち歩きたかった
会社の経営は楽しかった。
自分の居場所ができた。
会社にいれば寂しくない。
お金でお金を増やそうとしたのが運の尽き。
「36にもなって初めてお金のことに悩むなんて
恥ずかしいわ。
こんなことやったら金持ちの家なんかに生まれんかったらよかった。」



「それは違います。
氷河さんはお金持ちに生まれたから36年も お金のことに悩まずに済んだんです。
それは ご両親に感謝すべきです。
お金は可能性なんです。
そのお金を使って何かできるっていう
可能性を持ってるってことなんです。」
5万円で就活のスーツを購入。
学費が5万足りずに専門学校を辞めることになった。
それは衛の1回の晩ご飯より少ない金額。
でもこのラーメン屋では100人に売らないと稼げない金額。
「いいじゃないですか36で気付いたって。
気付けたんだから。」
500円を使い切った自分たちは可能性ゼロだと答えた衛。



ラーメンを分けてやる衛
「私らは今、同じとこに立ってる。
学生君。
世の中 金やな。
明日からお互い考えよう。
どうやって金を稼ぐのか。
そして それを 何に使うのか。」

ラーメン屋を後に、二人は別れる。
「じゃあ 頑張って 学生君。」
「春野優です。」
「優君。じゃあね。」
「衛さんも お元気で。」
しかし衛が歩いても歩いても付いてくる春野優
「で、何?」
「フフッ。」



ラーメン、最初から二人で分け合うのかと思ったら、食べさしを赤楚くんに分け与えるのねw
序盤の赤楚くんは子犬のようだったから・・・ここで序列が決まった。
いや、社長とインターンの序列なんて最初からあるわねw
赤楚くんはなぜ電話しなかったのか。
そこが問題よねぇ。
あんな風に情に訴えるのはなぁ
インターンになったとしても・・・専門学校の授業料は払えなさそうだけど。
卒業するつもりは無かったのかな。
なんて思っていたけど、最後・・・お金の件に関しては江口のりこに帰ってきちゃった。
他人に言ったことは自分に返ってくるんだなぁ。

ベンチャー企業ってこういうので傾くイメージ。
あ、勝手なイメージですけど。
ちょっと思っていたのとは違ってました。
スーパーリッチな社長が1話にして何もかも失うとか・・・思ってもいなかったなぁ。
江口のりこさんが関西弁で演じるとも思ってなかったし。
江口さんはクセがある関西弁。
兵庫県西部の播磨弁ってとこかな。
もっと濃ゆい訛りだと同じ兵庫県民のワタシもついて行けないくらいクセの強い地域だ。
そうか播磨の富豪だったのか。←違うやろ




表彰されるような順調な会社の女社長でも一ノ瀬(戸次重幸)のことになるとアホになる。
これが情なのかな。
一ノ瀬が社員の誰にも信頼されているのにも気づかず。
一ノ瀬を切るなら大手取引先に切られても仕方ないとか・・・。
「へ?みんな亮のこと・・」
って。なんで気づかぬ。
松嶋菜々子さんが言っていた「情に流される」ってのは江口社長に響かなかったようだ。

スーパーリッチと言いながら、お金はない。
財産を処分しても1億足りない。
財産処分してツンツルテンになっても取引してくれる会社がないなら・・・やってけないよね。

さて思っていた感じではなかったけど、江口さんと赤楚くんの相性は良さそう。
脇の皆さんも面白そう。
いや、面白くな~~~れ!


【主題歌】
『ベテルギウス』優里
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「SUPER RICH」 第2話 ネタバレ 感想~転落から再生へ
キャスト
氷河衛(江口のりこ)
春野優(赤楚衛二)
宮村空(町田啓太)
鮫島彩(菅野莉央)
豪徳尊(板垣瑞生)
鬼頭流星(嘉島陸)
高橋みゆ(野々村はなの)
春野真子(茅島みずき)
東海林達也(矢本悠馬)
田中リリカ(志田未来)
今吉零子(中村ゆり)
一ノ瀬亮(戸次重幸)
春野桜(美保純)
碇健二(古田新太)
島谷聡美(松嶋菜々子)

コメント