「DOCTORS 最強の名医」 新春スペシャル ネタバレ 感想~安定感しかない。

スポンサーリンク

DOCTORS 最強の名医 新春スペシャル

あらすじはコチラ→

シリーズ

相良浩介(沢村一樹)が帰国すると、堂上総合病院は高嶋政伸“新”院長と、彼が連れてきたうさん臭い経営コンサルタント・猿渡圭介(手塚とおる)の手により、大混乱に陥っていた。
関東病院長会の会合で伴財日出彦(石橋蓮司)ら他病院の院長からバカにされ、なんとか見返してやろうと躍起になる高嶋政伸は、コンサルタントの言いなりだった。

その頃、堂上総合病院に折原克也(粟島瑞丸)・聡美(安藤聡海)夫妻とその娘・美都(鈴木梨央)が、相良の評判を聞きやってきた。
先天性胆道閉鎖症を患う美都は、生体肝移植手術を必要としており、その手術を相良に頼みたいと言う。
帝楼会病院からの転院のため、高嶋政伸院長の了承を得ようとしたところ、帝楼会病院院長が石橋蓮司であるという理由からその手術を断るよう命じられる!
その一件が手塚とおるの入れ知恵だと知った沢村一樹は手塚とおるが認可されていない爬虫類を飼育していたことを突き詰め、彼を逮捕に追い込む。←あっさり解決。



時を同じくして高嶋政伸の母・日美子(松坂慶子)が腹痛を訴え、堂上総合病院に搬送されてくる!
松坂慶子の主治医になった高嶋政伸だったが、マザコンぶりが病院内に露呈。
そんな中、高嶋政伸に“ライブオペ”を披露する機会が到来。
腹腔鏡オペのスペシャリストとして名高い高嶋政伸の手術を世界に配信すれば、堂上総合病院の評判も上がるかも?
潰瘍性大腸炎に対する“ライブオペ”の当日、松坂慶子の容態が急変し、緊急手術の必要性が浮上!
松坂慶子は「卓ちゃんの手術でなければ受けない」と言い張り、ライブオペの患者をママに変更した高嶋政伸。
潰瘍性大腸炎の患者のオペは沢村一樹が執刀することに。
コンセプトは自分の母親を切れるか
に変更した高嶋政伸だが、ライブオペは大失敗!

この失敗を取り戻すべく、鈴木梨央ちゃんの生体肝移植に参加する高嶋政伸。

鈴木梨央の父親の肝臓はキレイで、健康的な肝臓だった。
少し手間取ったけれど、オペは成功。
父は、鈴木梨央ちゃんへ肝臓移植することを考え、節制していた。
娘ちゃんのこじらせ反抗期も終了!!




わかっていたけれど・・・野際さんがいない
寂しい。前のシリーズの時も、声の調子があまりよろしくなかったもんねぇ・・・。
ドラマの上ではブータンで開業をしているとのことなので、ずっと頑張っていらっしゃると思える・・・。
ドラマの中だけでも生き生きしているとのことで良かった。

相変わらず、笑いあり、涙あり。
2時間はちょーーっと長かったけれど、何この安定感(笑)
比嘉愛未のナース役も安定しているね〜。
しばらく比嘉愛未はナースとしか思えんよ。
浅利陽介も出演していたし、コードブルー感の出てたね。

で、高嶋政伸。
毎度毎度、最後は改心したかに見えて、次のストーリーになればまたもとに戻っているんだよねー。←Doctorsあるある
それでこそ、卓ちゃん。
高嶋政伸の母に松坂慶子は若すぎると思っていたけれど、かわいかったなー。
卓ちゃんのプライド(バレンタインチョコの自作自演など)をしっかり理解しているのは、さすが(笑)
また新作があるなら松坂慶子さんも是非参加してほしいなー。

最近高嶋政伸のお芝居の、アクの強さにすこーし飽きてきたけど、卓ちゃん役は思う存分楽しんで欲しい。

そして、沢村一樹もさすがでした!
鈴木梨央ちゃん親子のコトは、ライブオペの間、すっかり忘れていたんだけど(ヲイヲイ)、最後はスッキリキレイに。
良い親子だったなー。
自分が親ならあんなふうに子供にしてやれるかな。
少し泣かせてくれるとこもこのドラマらしい。
正月にエエもん見たな。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

CAST
相良浩介  沢村一樹
森山卓   高嶋政伸
宮部佐知  比嘉愛未
相原亜美  黒川智花
田村戸紀子 宮地雅子
佐々井圭  正名僕蔵
渋谷翔子  滝沢沙織
高泉賢也  敦士
千住義郎  斉藤陽一郎
段原保   尾崎右宗
吉川みずき 阿南敦子
瀬戸晃   浅利陽介
桃井正一  小野武彦
皆川和枝  伊藤蘭
(ゲスト)
森山日美子 松坂慶子
伴財日出彦 石橋蓮司
猿渡圭介  手塚とおる
折原美都  鈴木梨央

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする