『わろてんか』第77回 感想~年越し安来節もう和解。

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第77回 (第14週)「みんなの夢」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

てん(葵わかな)は隼也(南岐佐)ととわ(辻凪子)の行方が分からず不安を募らせるが、伊能(高橋一生)が二人を見つけてきてくれた。
とわは踊りができず乙女組の足手まといになるのが怖くて逃げ出したという。
それを聞いた藤吉(松坂桃李)が乙女組を解散すると口にするが、風太(濱田岳)や娘たち四人とも、稽古を続けて安来節で高座に上がりたいと頼み込む。
4人は、一致団結!!

+++++

てんは隼也が、とわと一緒に家出した理由を伊能から聞かされる。

「芸人になりたい」

学校でそう言ったら、友達にからかわれて、喧嘩になったのだった。

「芸人になったら、お母ちゃんとずっと一緒に入られる」

と伊能に聞かされるてん。

藤吉は
「家出のわけも、喧嘩のわけも聞かない。
オレはお前を信じる。
でも迷惑をかけた人には謝らなあかんで。」
と隼也をたしなめる。

母親失格だと反省するてん。
かまってほしかっただけやろうと慰める(?)藤吉。

翌朝、妙に良い子になる隼也。
父ちゃんと母ちゃんに謝る。

おトキはキースとデート!
焦る風太!!

見逃したドラマがあるかも?

もう和解やで!!

なんのための年越し??
今日和解出来るなら、去年和解できたやろ!

都合の良い活躍しかさせてもらえない伊能さんが、都合よく2人を見つけた。

「悪いのは私」 と次々に言い出す乙女組メンバー。

最後は風太が「悪いのは俺や!」ですと。

ダチョウ倶楽部か!!

隼也は隼也で、あんなにクールだったのに、エエ子になって。
伊能様は聞き上手で、説得上手なんやね。

隼也が真剣に芸人になりたいって言ったら、藤吉は反対しそうやなー。と思ったり。

リリコは映画の練習やったね。
もう、リリコと藤吉はええねんけどなー。

まだ紅白を見ていないけれど、チラッと松たか子さんが歌っていたとこだけ見た。
(年越しはいつもガキ使メインで視聴している)
てんちゃん出演していたねぇ。
あ、高橋一生もゲスト審査員だったから、二人がツーショットで、改めて伊能様と結婚したほうが幸せだっただろうと思ったよ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生
てんの付き女中 トキ    …徳永えり
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
組むドケチな芸人 アサリ  …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則
おとめ組 都        …大後寿々花
おとめ組 なつ      …畦田ひとみ
おとめ組 とわ       …辻凪子
おとめ組 あや       …鈴木球予
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加