「指定弁護士」 ネタバレ感想~指定弁護士って何回言ったでしょう?

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→公式サイト
一ツ木唯(北川景子)は指定弁護士を引き受ける。
ワイドショーのレポーターに囲まれていた北川景子。
そのとき、衆議院議員・田金清造(石橋蓮司)の秘書・斎藤益道(伊東孝明)がマンションから飛び降り自殺をした。

その矢先、ボス弁の三塚文則(中村梅雀)が衆議院議員・田金清造(石橋蓮司)の弁護士に就任し、北川景子は指定弁護士を降りなくてはいけなくなった。
そんな北川景子に自殺した秘書の妻・里美(真飛聖)が、夫は自殺ではなく死ぬように仕向けられたと相談にきた。

北川景子は、置き土産として妻の話を橘慎二(北村一輝)に伝える。
それでも指定弁護士を降りると言った北川景子に北村一輝の風当たりは強い。
考え抜いた北川景子は、弁護士事務所を辞め、指定弁護士を続けることにした←前振りが長いよ~~。



北川景子と北村一輝は団結して捜査を始める。
大阪地検は決定的な証拠を握っていたのに、不起訴にせざるを得なかった。
北村一輝の上司・白井逸雄(相島一之)に証拠の書類を見せるが、相島一之も何か隠している。

自殺した秘書の妻・里美(真飛聖)は
「夫は献金を記載するとき、毒まんじゅうを食べる」
と言っていたと証言。

しかし一転、里美は裁判で証言しないと言う。
石橋蓮司の秘書から圧力がかかったのだ。

圧力は北川景子の夫・えなりかずきにもかかる。

んでもって、これまで協力してくれた北村一輝の事務官・生瀬勝久も手を引きたいと言い。
北村一輝も北川景子に指定弁護士を降りるように言う。

孤立無援になってしまった北川景子。
そんな北川景子が酔っ払いながら「正義の味方」だと言っていたと、バーのママ(?)松重豊から聞いた北村一輝は考え直す。←どないやねん。



裁判が始まる。
贈収賄事件を証明するため、内閣官房機密費の不正について暴く、北川景子。

2010年、裁判員裁判が始まった。
裁判員裁判制度は世論は厳しく、表だって予算を組めなかった。
その予算は、内閣官房機密費から出ていた。

石橋蓮司は、当時叩かれていた裁判員裁判に費用がかかればマスコミが騒ぎ、裁判員裁判が廃止されるかもしれない。
だから隠した。
石橋蓮司に不正献金をしたと疑われた辰波紹介にはそのお金が流れていた。

しかし裁判は負けた←結局、負けるんかい!!!

石橋蓮司は、選挙に立候補。
しかし、また失言をして叩かれていた。

誰にも望まれない真実を公にしたと、中村梅雀に責められたが、秘書の妻には「夫の無実を晴らしくれてありがとうございます。」感謝された。



指定弁護士に就任したと思ったらやめる。
でもやっぱり指定弁護士をやる!
でもでも検察官がこの事件の究明をやめよっかなぁ~!
でもでもでも検察官が「弁護士検察官」になるといい。

事件の真相を追究する面白さより「指定弁護士」って言いたいだけやないかい!
ま、タイトルに偽りなしと言えばそれまでだけど。さ。

豪華キャストだったけど、「国有地の払い下げ」にこだわりすぎて、ちっとも面白くなかった。
現実に籠池はんみたいな強烈なキャラクターがいると、ドラマのほうがしょぼい(苦笑)

普通回の2サスなら、ネタ的なことも放り込んで。
京都だ、大阪だって言ってんだから、観光地とかロケーションとかでも魅せてくれるんだが、そんなことはなく。
ずっと「指定弁護士、指定弁護士」って言っているだけ。
そしてラストシーンも

「また指定弁護士やるよな?
俺はやるつもりだ。」

「じゃ、やらない。」

で終わり。
どっちでもエエねん。
やるならやれよ(爆)
ただし、シリーズ化はするな!!



裁判シーンも面白くなかったなぁ。
北川景子、声は張っていたけれど、そのせいか見ているこっちはちょっと疲れた(苦笑)
んでもって、負けたし!!

こういうとこだけ、SPドラマだよねぇ。
このドラマなら、ヒロインが裁判に勝って、スッキリ終わっちゃえば良かったのに。

検察が負ける真実なんて真実ではない。
検察が傷つく真実なんて真実ではない。

なんて、むちゃくちゃなキレかたをする相島一之の怒りもすぐに冷めたみたい。
北村一輝は左遷だろうけど、相島一之だって、飛ばされそうなもんなのに。

最近、映画の宣伝でバラエティに出演している北川景子。
こんな美人でも、似合わないヘアスタイルがあるんだねぇ。
ショートボブがなぜか似合わない。
メイクも髪の色もちょっとなぁ。
顔もむくんでいたような・・・。
元々演技派ではない彼女は、こういうので魅せないと!
米倉涼子的なポジションにいるんだから!!

梅雀もエエ人なのか悪い人なのかわからなかった。
ずっとおとぼけさんだったんだから、最後もとぼけて笑っていればいいのに、なぜか北川景子を叱責。
裁判には勝ったんだし、梅雀は笑とけ、わろとけ!

で、なぜ”えなりかずき”が北川景子の夫だったのか。
なんか面白いエピがあるのかと思いきや、普通に夫婦だった。
いっそ、離婚して北村一輝とくっついた方が面白かったかも(苦笑)

北村一輝は刑事には見えても、検事にはあまり見えず。
だけど、このドラマ、色気が半端ない北村一輝が出ていなければ、見続けられなかったかも。
ありがとう!北村一輝!!

昨日(「乱反射」)は、キツいドラマ、重いスペシャルドラマが続くなぁっと思っていたんだけど、このドラマはキツくも重くもなかった。
しかし面白くもなかったなぁ。

おととい(「Aではない君と」)は、天海祐希さんは正義感あふれる役ばかりやっていると書きました。
違う役も見たいなぁと。
でもこの役は天海祐希が演じたら、安定感があったのかもしれないなぁ。
北川景子さんは、「家売る女」みたいな、無表情な役が似合っているのかもなぁ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

CAST
一ツ木唯++++++北川景子
橘慎二++++++++北村一輝
一ツ木隆司++++えなりかずき
安倍忠一++++++生瀬勝久
筧田吾郎++++++松重豊
神林京子++++++羽田美智子

白井逸雄++++++相島一之
箭内光太郎++++矢柴俊博
津山悟++++++++正名僕蔵
斎藤里美++++++真飛聖

田金清造++++++石橋蓮司
三塚文則++++++中村梅雀

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. たこやき より:

    このドラマを見終わって物凄いフラストレーションにイラつき、ドラマの公式HPに感想(苦情)が書けるか探し書くことができず、たろたろさんのブログにたどり着きました。
    私の言いたいことを全て言ってくださり、ありがとうございます!!!!
    何だかスッキリしました。
    絶対にシリーズ化すんなよテレ朝!
    おじゃましましたm(_ _)m

    • tarotaro より:

      たこやきさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      裁判は負けるってのも、あれだけ正義が云々と言っていたのに、控訴しないのも・・・。
      何をしたかったのかわからないですね。
      「指定弁護士」制度を周知徹底したかったのか、国有地払い下げを糾弾したかったのか。
      そのどっちも失敗してしまいましたね・・・。

  2. なお より:

    北川景子が主演ということで初めから不安でした。
    えなりかずきも北川景子の旦那なのになんか感じ悪いし、夫婦である意味がわかりませんでした。
    話もぜんぜん面白くなく本当に北村一輝が
    いなかったら途中でやめてました…

    • tarotaro より:

      なおさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      北川景子ちゃんは、演技派ではないですからねぇ。
      見た目かっこ良い弁護士ってなら、まだ良いんですけど、ヘアメイクもイマイチでしたよね。
      えなりかずきは家を出た時点で、離婚かなぁと思ったのにひょっこり帰ってくるし。
      一体なんだったのでしょう。
      北村一輝におんぶに抱っこでしたね。

  3. おぺー より:

    初めまして。録画で見て、あまりにモヤモヤしていた所、
    たろたろさんにたどり着きました!
    ありがとうございます。モヤモヤ吹き飛びました。
    まさに「指定弁護士」と言いたいだけ。
    キツクも重くもないけど、面白くなかったドラマ。
    お役所的と言うか、第三セクター的と言うか。
    民間ドラマと思えない「指定弁護士・教材ビデオ」
    みたいなドラマでしたね。
    出ている人は無駄に豪華でしたが。
    また、ドラマレビュー楽しみにしております。
    失礼致しました。

    • tarotaro より:

      おぺーさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      「指定弁護士」を推して欲しいとどこかの機関に頼まれたのでしょうかねぇ。
      国有地払い下げ問題も絡めて。。。
      勘ぐりたくなりますよねぇ。

      びっくりするほど内容がなくて。
      あのストーリーならラストは勝訴で終わって欲しかったかもしれません。
      スッキリもせずに、もやもやのまま終わるなんて思いもしませんでした。

      これだけの俳優を集めたなら、もっと見応えのあるドラマを作れたかもしれないですね・・・。
      残念です。

      10月はSPドラマが多そうです。
      今度は是非、楽しいドラマで(^^)