『スカーレット』 第75回 感想~さようなら、常治。お礼のプー。

スポンサーリンク

『スカーレット』第74回(第13週)「愛いっぱいの器」

「スカーレット」感想はコチラ→

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

深夜、信作(林遣都)は父・大野(マギー)と常治が戦地で約束したマツタケご飯をご馳走しようと考える。
喜美子ら家族が絵付けした大皿も完成。
そこに大野一家が現れ、マツタケご飯を作る。
大皿にマツタケご飯を入れ常治に持って行く。
すでに食べることができない常治。
みんなでマツタケご飯を食べ、家族が描いた絵を見せる。
「お父ちゃんとお母ちゃんはいっぺんも喧嘩したことなんかない。
二人、仲良うせい。
直子も百合子も・・・エエ人・・出会えたらええなぁ・・。」

「うちは・・。
うちは結婚しいひん。」

と百合子。

起きてきた武志が常治のそばに座る。
常治に鼻を押された武志は
お約束の「う~~~」
もうおじいちゃんは鼻を押せない。
これからはお父ちゃんに押してもらえと言われた武志は悲しそうに八郎の膝に座る。




「疲れたから、お前らあっちいけ。
大丈夫や。」

しかし腹が痛む常治・・・かと思えば、屁をこぐ常治。
笑いながらみんなが居間に下がるところで
「喜美子、頭なんかついとる。
こっちこい。」

喜美子の頭に手を乗せる常治。
なでるようにポンポンと叩く。
「ほな・・・またな・・。」
常治の手から力が抜ける。
「お父ちゃん。
寝んといて、まだ起きててーや。
話がしたい。
初めて琵琶湖を見た時の話をしようか。」

回想が始まる。

居間で聞いていた百合子が思わず土間に駆け出す。
信作が百合子に駆け寄り、百合子が信作につかまりしずかに泣く。←まんざらでもなさそうな信作!!!

常治はそのまま目覚めることなく逝ってしまった。


思っていたより早かったなぁ。常治の死。
北村一輝はクズでどうしようもない常治を魅力的に演じたと思う。
多分、小説で読んでいたら常治にここまで気持ちを持って行かれなかったはず。
綺麗な死に顔でしたなぁ。
すこし頬がこけたように見えたのは、メイクなのか絞ったのか。
自然に見えたから体重も絞ったのかもなぁ。
明治の男(大正かも??)の俺様なとこに腹が立つこともあったけれど、常治と喜美子の関係は良好だったと思う。
直子は・・・常治と一番いがみ合っていたけれど、死に目に会えず気の毒だ。

大野家には和ませて貰える。
冒頭の大野家の優しさ。
そして
「俺、かっこええな!!!!」
と言う信作がいなければ、朝から湿っぽすぎて耐えられなかったかも(苦笑)
今日は大野一家に救われたなぁ。

信作父と常治の友情も最高やな。
戦時中の絆。
最初は、常治たちを見放すんじゃないかと思っていたけれど。
ごめん、大ちゃん。
ごめん、サニー(財前直見)。
意地悪するかもって一瞬でも疑ってごめん(爆)

マツタケご飯の約束。
守れて良かったなぁ。
ただ一つ。
大阪の串カツって名物なのか?
21世紀になってから、ブームになったような気がする。
ワタシも食べに行ったことがないw
串カツって観光客のためのものだと思っていたわ。
ワタシの知っている大阪人も
「新世界に観光客が来るようになってフューチャーされだした。
だるまになって行ったことが無い。」
って言う人がほとんどなんやけど(苦笑)
名物と言えるものではないような・・。
あ・・・知らんけどw
きっと時代考証はしているはずとフォロー!

明日からは常治のいない世界。
百合子と信作のめでたい話で、今年が締められたらエエな!

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見

語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント

  1. なな より:

    神様のとこへ行っちゃいましたね、お父ちゃん。
    喜美子に頭ぽんぽんして、なでて。
    苦労かけたなあって思ってたのかな。百合子にも ぽんぽんしてあげて(涙)
    力ないだろうけど。

    このシーンをみて 中井貴一さんが
    年老いた親に絶対 やってもらったほうがいいこととして、
    「頭を撫でてもらう」と話していたのを思い出しました。
    中井さんは お母様が亡くなる少し前に 病室で二人きりになったとき
    「お願いがある。頭を一回でいいから 撫でて欲しい」とお願いをしたそうです。
    「なんで?」と言われても お願いをして 一回だけ撫でて貰ったと。

    大野家は とことん優しいですよね。
    夜なのに 松茸取りに行くと言い出すだろうなとは思いましたけど
    遭難する…と心配になりましたよ。
    無事に採れて まつたけご飯ができたので良かったです。

    プーで また非難されないといいのですが。

    串カツは名物???と怪しいのですね。こっちにも いつのまにか名物ありますよ(笑)

    • tarotaro tarotaro より:

      ななさん、コメントありがとうございます。

      常治・・・思っていたより早かったです。
      常治は常に喜美子を頼りにしていたし、金銭面でも一番苦労をかけたと思ったんでしょうねぇ。
      百合子は・・・一番可愛がって貰っていたんじゃないかなぁ。
      一番長く一緒に住んでいるし。
      直子には帰ってくるなと言うし。
      娘だけど三者三様、親の気持ちも違うんですよね。多分。

      中井貴一さんのエピソード素敵ですね。
      ワタシには思い至らないことですが、いつか別れは来ますから、自分も覚悟しないとなぁと思います。

      大野ファミリーは優しいですね。
      なんせ命の恩人ですもんね。
      絆はスゴいですね。
      これから信作が骨折すると言っていたので、マツタケ狩りで骨折するのかと思っていましたが、無事でしたw

      いつの間にか名物。
      各地にありそうですよね。
      企業の戦略かなw