『スカーレット』 第48回 感想~時代はフカ先生からミッコーへ!

スポンサーリンク

第48回(第7週)「心ゆれる夏」

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

「信楽初の女性絵付け師」として、新聞紙面を飾った喜美子(戸田恵梨香)。
良い宣伝になり、会社には花や酒が届く大騒ぎ。
記事には、深野先生のことや絵付け師としてのキャリアのことは書かれず、ミッコーというニックネームやホットケーキを食べるために絵付け師になったと書かれていた。
それでもフカ先生や1番、2番はニコニコしていた。
しかし八郎(松下洸平)は喜美子にいら立ち、記事についてネチネチと言う。
「川原喜美子さんやったら、ニックネームは川ちゃんとか、喜美ちゃんとか・・」
「適当なことを書かれたんです!」

面倒になって適当でもエエかと思ってしまったという喜美子。

食堂でフカ先生と1番、2番とご飯を食べていたところに、加山がやってきた。
喜美子デザインの火鉢に注文が入ったという。
「時代は深野からミッコーや!」
と加山が本人の前で言うと、社内の雰囲気が・・・。←加山・・・お前も首になる日がくるぞ。

その後、八郎が絵付けの部屋にやってきて、家に深野先生の絵があったと告白。
祖父が好きだった。
どんな絵か説明するが要領を得ない。
「11才の時、深野先生の絵を闇市で売り、卵と白いご飯にしました。」
謝罪する八郎。
フカ先生は
「名もない絵を覚えていてくれてありがとう。」
と言う。


八郎が喜美子にネチネチネチネチ言うシーンで、イラッときてしまったワタシですが、その後、八郎がフカ先生に泣きながら涙ながらに謝罪するシーンではホロッと。
ゴメン。ゴメンよ、ハチロー!!
ネチネチ男って言うてゴメンよ、ハチロー!!
ちょっと長くてちょっとオーバーなハチローだけど、イッセー尾形の顔が良かったw

しかし八郎は真っ直ぐで純粋な人かもしれないけれど、面倒な人だということは証明されましたなw
喜美子は常治のおかげで、面倒な人でもばっちこい!やけど、穏やかに過ごして欲しいよねぇ。
いや、穏やかに過ごしていたら朝ドラにはならんかw

八郎は史実とは違う人として書かれるよねぇ。
多分。
実際の方の旦那はク●に思えるような・・・。
早々に殺しちゃうこともあり得るのかしら?

来週は、照子が妊娠。
そして・・火祭りね。
フカ先生は・・・丸熊を後にするのか?

丸熊の社長は絵付け師との相性が悪いというか・・・。
芸術家と上手くやってけないのねぇ。
そういった面では照子の父も照子の夫も商売人ってことよね。
照子、夫と喜美子の間で板挟み。。。ってこともあるのか?

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
熊谷敏春・・・・本田大輔
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形
庵堂ちや子・・・水野美紀
酒田圭介・・・・溝端淳平
田中雄太郎・・・木本武宏 (TKO)
荒木さだ・・・・羽野晶紀
大久保のぶ子・・三林京子
ジョージ富士川・西川貴教
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント