「路」 第2話 ネタバレ 感想~3話では足りない!来週、最終回!

スポンサーリンク

「路(ルウ)」 第2話 ネタバレ 感想~台湾エクスプレス~


吉田修一『路(ルウ)』

あらすじはコチラ

山尾(寺脇康文)、安西(井浦新)、春香(波瑠)は日本での現場リーダー研修を提案に台湾高鐵・興建本部、担当副総経理・ジャックは拒否。
その後、レスター・王 の尽力でなんとかJRでのリーダー研修が行われることになった。
日本でのリーダー研修の際、春香はエリック(アーロン)に連れられ、葉山勝一郎(高橋長英)宅を訪れた。
葉山の妻の仏前に手を合わせ、エリックと春香は勝一郎を台湾に誘う。
「行きましょう、台湾。
いえ、戻りましょう。」
「ご一緒します。」

名古屋で春香は婚約者繁之(大東駿介)に婚約指輪を貰う。
エリックは会社の同僚有吉咲(草刈麻有)に春香とのことを冷やかされるが、片思いだと関係を否定。

数日後・・・。
エリックが勝一郎と台湾に到着。
空港では勝一郎の同級生で、「二等国民!」と失言してしまった相手・中野が出迎えてくれた、
「よく来たな。」
握手する二人。
「曜子が死んだよ。
戻ってきたよ。」
抱き合う二人。
勝一郎の家が合った場所に行き、やっとこさ中野に謝罪できた勝一郎。
中野は医師になり、結婚し息子も二人いる。
今の生活が幸せだと話す。


エリックは春香に告白。
「僕と付き合って欲しい。
春香に付き合っている人がいるのを知っている。」
エリックは阪神淡路大震災の時、神戸を訪れた。
春香も台湾地震の時、エリックの生地・台中を訪れた。
僕たちにはきっと深い縁がある。
「ごめん・・・。
私、婚約してるの。
ごめん。」
「結婚するの?
どっちが先?
9年前ぼくと出会った時
もう彼とも出会ってた?」
「まだ・・。」
「あの時、春香が僕の電話番号を無くさなかったら、僕たち付き合ってた?」
「かもしれない」
「僕は友達にはなれない。
好きな人と友達にはなれないよ。」
春香の頬に手を当てるエリック
「元気で、春香、」
エリックを見つめる春香。
去って行くエリック



春香は同僚・林の実家、花蓮を訪れた。
豊年祭に参加し、楽しむ春香。
林に
「私たち、別れたの。」
と伝える。
”こうして9年前の濃いは終わった”

安西とユキのターン。
ユキはバーテンダーの男を弟だと紹介するが、店のママは違うよと安西に伝えた。
アフター?の約束をした二人。
ユキは弟は食事がまだなので、同席しても良いか?と安西に聞くと、酔っ払った安西は拒否。
その上
「勘違いするなよ、
俺はお前に惚れているわけじゃない。
お前は台湾人のただのホステスだ!」
とユキの手を振り払う、

陳威志と張美青のターン。
美青は夜間大学に入り直すための勉強を始めた。
子供はかなり大きくなっている。
日本から新幹線が到着した。
セレモニーを見物にきた陳威志は、新幹線の整備士の募集の話を聞く。

新幹線開業まであと1年。
王さんから春香に着信。
王さんは台湾高鐵を辞めると言って電話は切られた。

勝一郎さんの件はもう終わったでOK?
あっさり和解。
中野さんはそこまで怒ってもいなかったのかなぁ。
ってか・・・中野さんは、勝一郎が曜子さんを好きなんじゃないかと思っていたから、結婚の申し込みの許可を得ようとしたんだろうし。
それが面白くなくて、心にもないことを勝一郎が言ったと思ったのか。
いや、心にもないことを言うわけがないか。
勝一郎さんの心の中には自分は言っとう国民だと優越感を得ていたのかもしれない。
それでも。。。許してくれたんですな。

安西とユキ。
安西・・・この人も絶賛、見下し中。
ってか、酒癖が悪いねん。
ホントに仕事が好きなの?
いっつもイライラして。
この人、新幹線は好きなのかも知れないけれど、取引先との交渉には向かない。
ダメだこりゃ。

陳威志と張美青
最後に整備士になって、結婚して終わり??
二人は付き合ってんの???
美青は大学生になったの??
この二人で1時間は必要だ。

春香とエリック
これな。
春香「別れたの・・・」って同僚に伝えたけれど、付き合ってはいなかったよねw
エリック、恋は順番じゃないから先に出会っていようと・・・ねぇ。
春香はエリックへの恋心より、婚約者(大東駿介)への罪悪感のほうが勝っているのかしら?
大東駿介って、当て馬の役が似合うw
ワタシは、結婚の申し込みをしつつ台湾への出向を後押しする気持ちもよくわからない。
結婚式の申し込みをしてから5年待つって男の気持ちがホントにわからい、
「良いなぁって思った」指輪があったからって、勝手に購入して渡すのもわからん。
よくサプライズで指輪を渡すシーンなんてありますが、身につける女性の好みもあるのになぁ。

春香は繁之と一緒にいてもつまんなさそうなのよ。
初回からずっと。
プロポーズされても「は?」だし。
繁之、愛されていないことに気づいてもよさそうなんだけどな。
頑なに名古屋には止まらずに神戸の実家に帰るんだしさ。
原作ではどうなってんのかわからんけど、9年越しの恋愛を実らせたほうがドラマとしては楽しそう。
なのに、「9年の恋が終わった」とナレーション。
エリックのターンこれで終わり!?と思ったけれど、来週も一応出演シーンがございました。




来週が最終回。
こうなると、枝葉を伸ばしすぎたというか。
勝一郎さんのターンも、安西とユキのターンも、陳威志と張美青のターンも中途半端だ。
そしてワンさんね!
普通に考えたら、仕事が出来て優しいワンさんと春香が恋に落ちてもおかしくないくらい。
ワンさんはどういうつもりで春香を食事に誘ったり、退職したことを伝えてぶち切りしたのかねぇ。

恋愛と仕事とその他の登場人物のストーリーも描くなら全3話では入りきらないよねぇ。
ただでさえめちゃくちゃ詰め込んだのに、豊年祭まで。
かなりそそる観光旅行CMだったぞw

お金もかかってるし、映像も美しいんだけど・・・全3話にこれだけの話を着地させようとするとダイジェストみたいになるんだな。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
感想はコチラ
「路(ルウ)」 第1話 ネタバレ感想~切ない純愛。ポニーテール波瑠が可愛い! 
キャスト
多田春香・・波瑠
安西誠・・・井浦新
山尾一・・・寺脇康文
葉山勝一郎・高橋長英
葉山曜子・・岩本多代
池上繁之・・大東駿介
有吉咲・・・草刈麻有
<台湾キャスト>
劉人豪
(エリック)炎亞綸
ユキ・・・・邵雨薇
台湾料理屋のおばちゃん
・・・・・・林美秀
中野赳夫
(呂燿宗)・楊烈
ケビン・・・許光漢
林芳慧・・・安娜李
ジャック・バルト
・・・ギャリー・エドワード・ギッチェル
レスター・王・梁正群
陳威志・・・李梓誠
張美青・・・ウー玳昀←常用漢字ではないので

コメント