『離婚なふたり』後編 ネタバレ感想~岡田将生の恋人が酒井若菜とはこれいかに。

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

原案:樋口卓治『ファミリーラブストーリー』

離婚の理由は漠然としていて理由らしい理由はない。
脚本家の夫・野田隆介(リリー・フランキー)のドラマの脚本を読んで、なにかと理由を見つける弁護士・堂島正義(岡田将生)。
そこで「東京物語」と言う映画のような夫婦になりたい。
自分の脚本は妻へのラブレターだ!
なんていうリリー夫。

ただ離婚したい妻。
理由は漠然としていて、理由らしい理由がない。

その理由を探すために先週受賞した”サンクス・ワイフ・リビング”の副賞・熱海旅行に行く。

「東京物語」は二人が若いときにみた映画だった。
あまり覚えていない妻(小林聡美)。

昼間は観光して食事して眠る・・・眠れないので、映画のシーンを思い出し出掛けてみる。

「ごめんね
笠智衆になりたかったんだよね。
でもね
さっき調べたら、笠智衆は49才だった。
だからわたしたち手遅れだったんだよ。」

夫に寄りかかる妻。

「おかえり。」
「ただいまは言えない。ごめん。」

むりやりキスしようとする夫。
抵抗する妻。

「これじゃドラマにならないね。」

ってことで離婚成立。
財産分与も成立。

弁護士・岡田将生の恋人がまさかのクラッシー編集者・酒井若菜だった!!←ハニトラだったのか?

うん、あ、そっかって言うw
離婚する方向だったんだね。
う~~ん。
もうちょっと面白くなるかなって思ったんだよね~。
なんか、なんか物足りないです。
それは離婚しようと丸く収まろうと、そんなに印象は変わらなかったからかな。

「東京物語」ねぇ。

「東京物語」を引っ張り出してきたのも、小津安二郎と笠智衆に失礼な気がしまして(苦笑)
ただただ「東京物語」の時の笠智衆さんが49才だったっていうのに驚いただけっていう。
笠さん、ホントに老けてたんだね。

それと同じく、岡田将生の恋人が酒井若菜だったことい驚く。
え?なんで?岡田将生ならもっと・・・以下自粛。

来週は、ミタゾノです。
ミタゾノ・・・どんどんパワーダウンしているような気がしないでもない。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
『離婚なふたり』前編 ネタバレ感想~雰囲気おしゃれ満載

キャスト
野田隆介・・・リリー・フランキー
野田今日子・・小林聡美
堂島正義・・・岡田将生
新海恵・・・・酒井若菜
東山英治・・・中村有志
平山真紀・・・渡辺真起子
刈谷エマ・・・峯岸みなみ
東雲哲郎・・・小澤征悦
朝比奈はな・・松本まりか

コメント