「新・浅見光彦シリーズ「漂泊の楽人 越後~沼津・哀しき殺人者」 ネタバレ 感想~もこみちより光彦っぽい平岡祐太登場

スポンサーリンク



月曜名作劇場「新・浅見光彦シリーズ「漂泊の楽人 越後~沼津・哀しき殺人者」

どうしてもこみちは短命で終わったのか?
辰巳琢郎ー13作
沢村一樹-18作
速水もこみちー4作
4作で終わるなんて、前代未聞だなぁ。
弟の件があったからでしょうか・・・?

[あらすじ]

ルポライターの浅見光彦(平岡祐太)は、角兵衛獅子の取材で、発祥の地である新潟は越後の国・月潟村(新潟市月潟地区)を訪れていた。そこで大学時代の同級生・漆原宏(永岡佑)に偶然出会う。静岡の沼津が実家の宏が何故新潟にいるのかを訊ねると、調べ物だという。そして光彦に「もし俺に何かあったら、おふくろと妹を頼めないか」と言い残したのを最後に、帰らぬ人となってしまった。
その数日後、宏の妹・肇子(相楽樹)が浅見家を訪ねてきた。再会を喜ぶも束の間、宏が自殺したことを知る光彦。肇子は自殺という警察の判断に納得がいかず「何かあったら浅見に頼め」という兄の言いつけ通りに東京の光彦の元へやってきたのだと言う。光彦は早速、肇子とともに沼津へ向かった。担当刑事・二宮(岡田浩暉)は、宏が退職後に就職が決まらない事を苦にして無断借用したクルーザーで自殺したのだろうと言うが、光彦は腑に落ちない。その後、光彦は事件の真相を探るため、肇子が勤める中部日本銀行沼津支店の支店長・矢野隆一郎(村井國夫)を訊ねる。そこへ肇子から母・睦子(原日出子)が失踪したとの知らせを受ける。睦子宛に届いていた月潟村からの手紙を頼りに、肇子と共に新潟へ向かうことに。光彦は複雑に絡んだ過去の因縁という糸を紐解いていくのだが…。

[HPから引用]

友人・漆原の死は自殺ではないと信じる光彦坊ちゃま。
色々調べているうちに、漆原の遺体が見つかったクルーザーのオーナーも殺されてしまう。

そうこうしているうちに漆原の母・原日出子が行方不明になる。
母は月潟村の出身で巡査の娘だったが、子供たちにそのことは黙っていた。

原日出子が小学生のころ、窃盗犯を捕まえた父は、少しやりすぎてしまった。
その犯人の仲間の報復に怯え、一家で逃げるように新潟を離れた。

母・原日出子が新潟で殺されてしまう。

「シシ ハマダ コガ」

と言い残していた。

犯人は村井国夫。実行犯は運転手。

漆原をヘッドハンティングしたのは村井国夫だった
漆原が働いていた「保全投資協会」は詐欺師グループだった。
会社を起こしたのは、村井国夫とその幼馴染たち貧困グループ。

漆原は財務管理の仕事をしていたが、村井国夫らの不正に気づく。
漆原がパソコンに残した数字の羅列は海外の銀行口座だった。←ならそう書いとけよw

「保全投資協会」は富裕層をだまくらかして、2千億円もの金を巻き上げていた。
金の隠し場所を聞いたが教えてもくれない漆原。

「原日出子の父親がやったことを、漆原の妹にバラすぞ!」

と脅した。←コレ、脅しになってる???しかもコレ、原日出子の父親の部下がやった不祥事を肩代わりしただけ。

それを聞いた漆原は、新潟に真実を調べに行ったのだった。

「子供の頃、ひもじい思いをした仲間を裏切ることはできなかった。」

コメ一つも食べられない貧しさ。
貧しい家に生まれただけで、ひもじい辛い思いをした。

クルーザーのオーナーは犯行を目撃。
「融資が駄目なら、警察にいう。」
と脅されたので殺した。

原日出子と村井国夫は幼馴染だった。
原日出子だけは貧しい村井国夫と普通に話してくれた。

村井国夫の初恋だった・・・。

なのに・・・。なのに・・・。



村井国夫・・・・ひどいねぇ。
「漂泊の楽人」は4度目の映像化作品だけど、犯人がムカつくんだよねぇ。
小さい頃、ひもじい思いをしたので、詐欺を働くっていうのがなんとも・・。
保全協会に騙された富裕層も成り上がりの人がいたかかも知れないのにさ。
自分の子供時代の貧乏自慢ばっかり!
貧乏だからって2000億円も詐欺したらあかんやろ。
で、自分の保身のために、貧しい時代、世話になった幼馴染まで殺す。
鬼畜なんだよねぇ。

んでもって元光彦の兄(@榎木孝明光彦沢村一樹)が犯人になるなんて!!!

1回目は水谷豊と黒木瞳。
2回目は榎木孝明と藤谷美紀
3回目は沢村一樹と星野真里
全部見ていたんだけど、今日のが一番生ぬるかったかも。
もうちょっとコテンパンにやってほしかったなぁ。
珍しく光彦坊ちゃまが感情的になる作品なはずなのに、平岡”光彦”祐太坊ちゃまは、最後まで犯人に怒りを表さず、家族自慢で終わってしまったw

しかし瞽女さんとか獅子とか・・・でもスマホはある。
時代背景がよくわからないw
これが浅見光彦シリーズなんだよねぇ。
原作が古いから仕方ないんだよねぇ。

さて、新シリーズ。
母に竹下景子、兄に石丸幹ニ。
もこみちと佐久間良子では母子に見えなかったけど、今回はきちんと母子に見えるね。
ただ、平岡祐太ってそこまでお芝居が上手ではないことを初めて知りました。
いや・・・「べっぴんさん」で薄々感じていたけど。
ええとこのお坊ちゃんには見えるけれど、そこまで華はないみたいw
んで、なぜか平岡”光彦”祐太は食いしん坊~~~。
光彦に食いしん坊のイメージがなかったので意外。

ヒロインは若い相楽樹さん。
「私を見捨てないでください」って言っておきながら、あっさり光彦を捨てたわねw

所轄の刑事は、トゥビコン。
トゥビコン刑事とお約束をするのかと思っていたら、ダチョウの竜ちゃんとのお約束でしたわ。
トゥビコンはやけに真面目で、今日はお約束はなしかと思っていたけれど、あってよかったw
これがないと、浅見光彦ではないもんねぇ。
竜ちゃんの手のひら返しもなかなか良かったよ。

光彦の死んだ妹のことが話題に登っていたので、『後鳥羽伝説殺人事件』も平岡”光彦”祐太でやるのかもしれないね~。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

原作はコチラ

内田康夫「漂白の楽人」

CAST
浅見光彦 :平岡祐太
浅見雪江 :竹下景子
浅見陽一郎:石丸幹二

漆原肇子 :相楽 樹
漆原睦子 :原日出子

二宮次郎 :岡田浩暉
畑山義之 :上島竜兵

矢野隆一郎:村井國夫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. saki より:

    こんにちはー。

    もこみち光彦より合ってると思いましたー。棒というのはおいといて(笑)
    不器用なお坊っちゃんという感じがよく出てましたよねー。

    浅見シリーズは、後ろ暗い過去が必ずついてくるので、こっちもくらーくなっちゃいますが、なんとなく背筋がひやっとするのは、この効果なのかも。横溝正史的な。

    設定が古いとは思ってましたが、そんなに何度もドラマになってるんですね。

    ま、村井さんが犯人ってのは出てきてすぐわかったけどw、そして原さんと琴のおばあさんともだいたい同い年設定にもびびったけど。

    トゥビコンの刑事役は新鮮でしたねー。私も「まさかお兄様が!」をやるかと思ってましたが、最初からいい刑事設定でしたもんね。
    それにしてもダチョウ投入とは(笑)

    浅見シリーズ、あんまり見てない気もするので、定番のものをリメイクして欲しいな。
    でもって若返り計るなら十津川もよろしく。

    • tarotaro より:

      sakiさん、書き込みありがとうございます。

      もこみち光彦より、品が良い感じはしましたね。
      もこみちは、嫌いではないのですが、色が黒くてちょっとチャラいw
      エロ男爵はドラマの中では品が良いんですよねぇ。
      バラエティでもエロくても品がいいし。
      その点、もこみちはちゃらかったのが残念。

      浅見シリーズは、暗いですよね。
      原作も古いから、戦後間もない昭和の匂いすらします。
      村井さんは怪しかったですね。
      この作品はほぼストーリーも覚えていたので、「あ、犯人!」って思いました。
      にしても妹・・・銀行休みすぎ(爆)

      瞽女や獅子を出すってことになると、村井国夫くらいの年齢の俳優が適任だと思うんですが、原日出子さんが若すぎて(苦笑)
      なんだか気の毒でしたね。
      いくら貧乏がにくいからって、前途ある若者の命を奪ったことは許せない。
      もっとコテンパンに論破してほしかったです。
      救われたのは、警察と一緒に追い詰めたこと。
      光彦は「逮捕する権利はない」ってことで、犯人がやたら自殺しますが、あの状況なら警察に捕まったってとこだけは良かったです。
      でも村井国夫の息子が「貧乏が!!」って言い出すのはちょっと違う。
      あいつは貧乏じゃなかったはずw

      トゥビコンはシリアス刑事?でしたが、見ているとなんだか笑っちゃいましたw
      ダチョウ竜ちゃんがお約束をしてくれて良かったです~。
      平岡祐太はちょっと華がないのが気になりますが、中村俊介くらいまでは続けてほしいですね。

  2. 信濃のコロンボファン より:

    んでもって元光彦の兄(@榎木孝明光彦)が犯人になるなんて!!!と記載してありますが、榎木孝明はフジテレビでその時の兄浅見陽一郎役は西岡徳馬です、今回はTBSなので辰巳と沢村光彦です、些細なことですみませんが。

    • tarotaro より:

      信濃のコロンボファンさん、書き込み&ご指摘ありがとう御座います。
      勘違いしていました~。
      サクッと訂正しました。

  3. 信濃のコロンボファン より:

    たろたろさんの相棒サイトに書き込みしようとしたらブログ移転となっていました、知りませんでした、すみませんがこのサイトで書き込みします、浅見光彦が3人出ている(水谷豊・榎木孝明・中村俊介)と記載されていますが、浅見陽一郎も2人出ています。

    榎木孝明フジテレビ浅見光彦シリーズで浅見陽一郎
    石坂浩二角川映画浅見光彦で浅見陽一郎(その時の浅見光彦は榎木孝明、ヒロインは財前直見)その他相棒でお馴染みの岸部一徳、フジテレビの浅見光彦で内田康夫役の伊東四朗も出ています。

    • tarotaro より:

      信濃のコロンボファンさん、書き込みありがとうございます。

      石坂さんは浅見陽一郎をしていたんですね。
      映画は見たような気がしますが、すっかり忘れていました。

  4. なお より:

    再放送も含めて何度もこの話見ている気がします(^_^;)
    時代もそうですし村井国夫と原日出子の年齢がおかしいし
    それにしちゃ娘が若すぎるし…年齢○才と
    横に書いてあるといいのに笑
    娘の年齢からすると原日出子は私位の設定だと思うんですけど(^_^;)私が子供の頃はあんな時代ではなかったです(^_^;)

    お決まりのやつ、ダチョウさん中々よかったです。

    あの、ヒロインの子見たことあるなーと思ったら嫌われる勇気の監察医だったんですねー

    • tarotaro より:

      なおさん、書き込みありがとうございます。

      この原作は光彦シリーズの中でも映像化が多いですね。
      村井国夫は戦争を経験していそうですが、原日出子は気の毒だなぁと。
      娘さんはどうみても20代中盤ですよねぇ。
      娘ちゃん役の相楽樹さんはとと姉ちゃんの次女でもあるんですが、べっぴんさんの君ちゃん役の土村芳さんと似ているなぁと思うんですよね。
      この二人、声も似ていて、混同しそうになります。

      あのお決まりのやり取りのない光彦は嫌ですからねぇ。
      竜兵さんがやってくれて良かったです。
      脇役さんの話題に終始してしまいましたが・・・てことはやっぱり平岡祐太さんは地味だってことですかね(苦笑)

  5. なお より:

    再度失礼します
    光彦はじめ皆総取っ替えでしたね笑
    最初は光彦合ってないと思いながら見てましたが最後には慣れました(^_^;)兄上もお母様もいいかんじ。
    再放送の光彦シリーズを見ていると
    もうどの光彦が正解なのか
    わからなくなってきます笑っ
    私は中村俊介がいいですけど(^_^;)

    • tarotaro より:

      なおさん、書き込みありがとうございます。

      内田康夫先生は、榎木孝明さんの光彦が一番原作に近いとおっしゃっていましたが、ワタシも中村俊介が似合っているなぁって思います。
      榎木さん時代は、それはそれで良かったんですが、もう陽一郎さんのイメージがつきましたよね。
      一番ないのは、辰巳琢郎かなぁ~(苦笑)
      石丸幹二さんも上品で良いですね。
      フジテレビの光彦シリーズは終わるのでしょうか・・・。
      野際さんのあとってキツイですよね。

  6. akki より:

    いつも楽しく拝見させていただいてます。
    平岡祐太さん、始めは?って感じでしたが、段々これもありかって思えてきました。慣れってコワイσ(^_^;)
    私も中村俊介に一票です!
    ウィキペディアではフジの光彦シリーズの制作中?の次回作が「浅見光彦殺人事件」になってましたが、もしやこの回から光彦が新しくなるのかなぁ…

    • tarotaro より:

      akkiさん、はじめまして。
      書き込みありがとうございます。

      平岡祐太さん、悪くないんですよねぇ。
      華はあんまりないけど・・・(苦笑)
      中村”光彦”俊介が良いですよねぇ。
      顔も男前でシュッとしているし、声も良いし、品があるし。
      次回作を制作しているんですか。
      野際さんの役も気になります・・・。
      今年、「赤い霊柩車」もなかったし、フジは2時間ドラマを制作しないのかと思っていました・・。
      キャスティング気になりますね。