「新・浅見光彦シリーズ 平家伝説殺人事件(3)」ネタバレ 感想~年の差キスは禁断の愛に見えちゃう

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→
原作コチラ

内田康夫「平家伝説殺人事件」

保険金殺人事件ではなく、保険金詐欺事件。
詐欺事件を計画したのは当山(丸山智己)で稲田教由(窪塚俊介)と萌子(矢田亜希子)が共犯。
なので窪塚俊介は生きていた。
そんな仮設をたてた光彦が、丸山智己の刺殺遺体が見つかる。

丸山智己の兄と吉川愛の母は駆け落ちをして、逃げ切れず投身心中を図る。←冒頭、狐面の男に言われていたカップル。
その心中を見ていた少年たちが、丸山智己と窪塚俊介。
二人は古いしきたりに嫌気がさし藤ノ川を捨てて上京。
10日後には名古屋にいたと連絡をしてきた二人。
その時期の新聞を調べると新聞にある事件が掲載されていた。
嵐の夜、盗みに入った二人は男に見つかる。
躊躇なく灰皿で殺す幼い丸山智己。
その後、稲田教由は嵐に巻き込まれ死んでいた。享年11才。



ってことで、窪塚俊介はニセモノ。
稲田教由になりすましただけだった。
偽装結婚して、保険金ゲット。
窪塚俊介は矢田亜希子のことが好きで、矢田亜希子は丸山智己のことが好きだった。
しかし思い通りにならない窪塚俊介は、矢田亜希子も刺殺した。




平家伝説殺人事件は、浅見光彦シリーズでは特別な作品です。
なんせヒロインと恋に落ちるんですから。
榎木孝明さんは森下涼子さんとキスシーンがあり、「おお!」っと思った記憶があります。
残念がら中村俊介さんは「平家伝説」を演じていない模様。←ウィキペディアを探したがなかった。
見たかったなぁ、中村光彦だったらどんなヒロインが良かったかなぁと妄想しています。



古くは水谷豊さんも。
水谷光彦の第一作目が平家伝説。
ヒロインは有森也実さん。
コチラは詳細を覚えていないのが残念。
大好きな乙羽信子さんと水谷さんの親子。
素敵でした。

▲横顔が美しい水谷さん

沢村一樹版では、バーターなのか黒川智花ちゃんがヒロイン。
親子ほど年の差があるんじゃ?と思いながらキスシーンを見た記憶(爆)


で、今回の年の差は15才。←役者の実年齢ね!
吉川愛(元・吉田里琴)ちゃんは18才。
顔も声も話し方も可愛くて幼い吉川愛ちゃん。
中学生の役でもまだ違和感なさそうな雰囲気なので、教師と生徒の禁断の愛っぽくてハラハラしちゃった。
最後、やっぱりキスシーンもありましたな。
見てはイケないものをみた感じw

さて、ストーリー。
内田先生にありがちの「伝説は関係ないやん!」って言う(爆)
いろんな伝説を教えてくれる内田先生ですが、事件には全く関係ないんですよね。
今回もです。
原作なんて伊勢湾台風も出てきていたから・・・何年前が舞台やったんやろ(苦笑)
だからいろいろおかしいw
まさか酔っ払って甲板から落下なんて間抜けな死に方するとは!
あのフェリーには防犯カメラがないのか。
そして矢田亜希子の役は原作ではゼニゲバ女だったのに、丸山智己が好きだという設定にしちゃって。
本来、丸山智己役を殺害するように命令したのは矢田亜希子の役だったんだけどな。
矢田ちゃんが演じるってことで、「エエ人」に改変したのかしら。
犯人をエエ人に改変した時点で、話もおかしくなるよねぇ。

最近の月曜名作劇場は3時間ばかり。
これまで2時間んでおさまっていたんだから、わざわざ引き伸ばすことはないのに。
間延びして緊張感もないし、どうでも良いシーンが増えて、眠くなってしまう(苦笑)

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。
新・浅見光彦シリーズシリーズ
「漂泊の楽人 越後~沼津・哀しき殺人者」 ネタバレ 感想~もこみちより光彦っぽい平岡祐太登場
「後鳥羽伝説殺人事件」 ネタバレ 感想~”かりんとう”だけでピンとくる?
「新・浅見光彦シリーズ 平家伝説殺人事件(3)」ネタバレ 感想~年の差キスは禁断の愛に見えちゃう
新・浅見光彦シリーズ(4)「華の下にて」ネタバレ感想~秘め事は墓場まで持ってって!
キャスト
浅見光彦:平岡祐太
浅見雪江:竹下景子
浅見陽一郎:石丸幹二

稲田萌子:矢田亜希子
稲田佐和:吉川 愛

稲田広信:篠田三郎

川島警部:ダンカン

当山林太郎:丸山智己

稲田教由:窪塚俊介

橋本克也:金田明夫
ほか

コメント

  1. masa より:

    いやー、3時間もあった割りには結局一人しか殺されてませんよね。
    最初の殺人は死んだフリだったんですから。
    しかも、犯人逮捕は言葉で語られただけで、そのシーンは一切無し。
    光彦が犯人を追及するシーンも無し。
    3時間もあったのにw

    途中、何のドラマを見せられているんだ?と思ったぐらい、どうでもいいシーンばかりでした。
    出演者が豪華なだけで、中身はものすごく薄っぺらいw
    僕は水谷豊版を見たことがないので、一度見てみたいですねぇ。

    • tarotaro tarotaro より:

      masaさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      3時間もあったのに、なんでこんなことになったんでしょう。
      犯人逮捕は、金田明夫の息子の出番だと思っていましたが・・・。
      光彦が犯人と対峙するシーンもないのももの足りないです。
      水谷豊版は見ているはずなんですが、詳細は覚えていません。
      再放送はたびたびしているのですが・・・。
      水谷豊が浅見光彦のイメージに合わないと内田先生がクレームをつけて終了したと聞いたことがあります。
      その後水谷豊さんの地方記者シリーズが始まりました。
      地方記者シリーズも新作が見たいです。

      • はじめまして。

        確かに月曜名作劇場は、開始時間が20時に繰り上がってから、3時間スペシャル増えましたねぇ。しかも、バラエティなどを挟んでニサスの頻度が減ってるから、余計に目立つと言うか。意味のある拡大ならいいんですけど…

        水谷豊の浅見光彦ですが、確か、原作の内田康夫さんのエッセイで、エナメル靴を履いているのが原作のイメージと合わないから変えてほしいと言ったものの改善されなかったので、終わっていただくしかなかったみたいなことが書いてあった記憶があります。(ちょっといましまいこんでて出てこないので、正確な文言は確認できませんが)

        水谷豊が、というよりも、エナメル靴が、だったみたいです。

        私もあまり内容は記憶してないのですが、水谷豊の浅見光彦シリーズは好きだったので、改めて見直したいですね。確か、DVDはレンタルもされてたと思うので、近所のTSUTAYAとか探してみようかな。(セル版のBOXでは、水谷豊とスタッフの座談会が収録されてて、中断理由にも触れられてるみたいですが)

        テレ朝やテレ東は、「土曜ワイド劇場」や「水曜ミステリー9」を終了して以降も、単発スペシャルなどで人気シリーズの新作を放送したりしてるので、日テレもやってほしいですね。(一応、テレ朝は「日曜ワイド」→「日曜プライム」枠が設置されましたが)

        • tarotaro tarotaro より:

          夢野みさをさん、はじめまして。
          コメントありがとうございます。

          月曜名作劇場は、打ち切られると噂がでつつ、なんとか。
          なんとか、維持している印象です。

          エナメル靴を履いているのがイメージに合わなかったんですね。
          水谷さんのこだわりで履いていたんでしょうか。
          原作者の要望を拒否するってことは、そうとうなこだわりのエナメル靴だったんですねぇ。

          ワタシは、水谷豊さんが好きで。
          「相棒」以前の水谷さんがより好きだったんですが。
          その後の事件記者も好きでした。
          「刑事貴族」も「事件記者チャボ!」も。
          日テレの水谷さん、好きですw

          20世紀までは地上波で再放送をしていましたけど。
          最近、BSくらいでしか見られないですね、2サスの再放送。
          そう言えば、日テレの2時間ドラマは年に数度ですね。
          しかもGWあたりは、「天才バカボン実写版」ですし、ミステリーやサスペンスのSPドラマはほぼ皆無。
          火サスは無理でも、もう少し枠がほしいです。
          「6月の花嫁」なんて、人気女優を持ってきたらそこそこ視聴率を取れそうな気がしないでもないんですけど・・・。