『わろてんか』第104回 感想~マンスリーよしもと創刊

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第104回 (第19週)「最高のコンビ」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の漫才は新聞でこき落とされてしまった。
悩むてんは、伊能(高橋一生)に相談するが、一旦やると決めたことは絶対にあきらめるなと励まされる。
隼也(成田凌)は北村笑店で働かせて欲しいとてんに頼み込み、風太(濱田岳)のもと下働きを始めた。

見逃したドラマがあるかも?

人前で悩むな。
へこたれるな。

これが伊能様社長としての教訓。
4年も社長をやり、会社も大きくなった北村笑店だけど、女興行師としては評価されずに悩むてん。
ずっと寄席経営に関わっていて、新しい男女コンビが下積みなしに売れると思っていたのか。
だとしたら甘すぎない?お飾り社長と言われても仕方ないわ。
そりゃ、映画スターだったリリコwに注目が集まるのはわかるけれど、あんなに大きな記事になるほど、当時は平和だったのか?
他にニュースもなかったのかい?

新聞にこき下ろされたから、北村笑店独自の雑誌を創ろうと楓さん。
これはマンスリーよしもと誕生なのか!

++++

アメリカ禁止

隼也・・・・やっぱりなんかチャラい(苦笑)
寄席の世界にアメリカを持ち込むなよ、アホボンw
昭和初期にあんな子いないよなぁ。
ま、籐吉も明治の男には見えなかったから仕方ないけど・・・。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとうれしいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん++++葵わかな
北村藤吉++++松坂桃李
武井風太++++濱田岳
伊能栞++++++高橋一生
北村隼也++++成田凌
トキ++++++++徳永えり
秦野リリコ++広瀬アリス
キース++++++大野拓朗
アサリ++++++前野朋哉
万丈目吉蔵++藤井隆
万丈目歌子++枝元萌
杉田楓++++++岡本玲
川上四郎++++松尾諭
亀井庄助++++内場勝則
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加