「親バカ青春白書」 第2話 ネタバレ感想~漂うLIFE感!

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→
畠山(中川大志)はなんとガタロー(ムロツヨシ)の大ファンだった。
小説は全巻持っている。
「僕を弟子にして下さい。」
畠山は自分の普通に嫌気がさし、普通じゃないガタローに弟子入りしたいと思っていた。
ガタローは弟子は取らないと断る。
しかし畠山はどうしても弟子になりたいとさくら(永野芽郁)に頼み込み、さくらもガタローに頼むのであった。
しかしガタローは弟子の話ではなく、さくらと畠山が恋人同士になると感違いし、畠山に「試練」を与える。
畑作業を頑張るは畠山は熱中症で倒れてしまう。
見舞ったいつもの面々。
そこでガタローは自分の勘違いに気づく。
それでも「弟子はとらない」とガタロー。
畠山は自分のことを普通だと言うが、倒れるまで農作業をすること、それにその顔面。
普通なわけではないと断言。


シソンヌ。
特に、霊媒師!じろう!!
良い味を出してましたなぁ。
二人とも上手いよ!

さて・・・勘違いシリーズ。
ってか、勘違いがないとこの話は機能しないのかも。
毎回、ガタローの勘違いと妄想で進んで行くのでしょうか。
初回のほうが面白かったなぁ(爆)←身も蓋もない
ムロツヨシパパが真面目な話をするとき、ええ話だなぁと思いつつ、あれ?どっかで聞いたことある!って話も多い。
別にわざわざええ話風にしなくても、とことんコメディで言いのにな。



うーん。
面白くないわけではないけど・・・ネタは尽きたのか?ゲスト頼みか?とちょっと2話目にして失速しているように感じてしまった。
中川大志くんとムロツヨシが出ていると「LIFE」っぽく感じてしまうが、今週はとくにそう感じた。
緩くて考えなくても良いってのは良いんだけどさ。
ま、福田色がマイルドなのはとっても良いことだし、中川大志くんと永野芽郁ちゃん目当てに見るってのが正しい見方なのかも。
幸い、中川大志君も永野芽郁ちゃんも期待している俳優さんなので、来週から化けるかも!っと期待しつつ見ます。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです(>ω<)

「公私混同」ゆず

感想はコチラ
「親バカ青春白書」 第1話 ネタバレ感想~モテ期なムロツヨシ。ガッキーだけでなく中川大志も今田美桜まで!
「親バカ青春白書」 第3話 感想~リカのセリフを言わせたかっただけね。
キャスト
小比賀太郎(ムロツヨシ)
小比賀さくら(永野芽郁)
畠山雅治(中川大志)
山本寛子(今田美桜)
根来恭介(戸塚純貴)
衛藤美咲(小野花梨)
尾崎(谷口翔太)
前田のおばちゃん(濱田めぐみ)
小比賀幸子(新垣結衣)

コメント

  1. なお より:

    こんにちは
    福田監督のってハマるとハマるのですが…今日俺は途中で脱落しました。
    映画は結構演者とかで観に行きました。

    今回も出演者で録画始めました。
    永野芽郁ちゃんと大志くんで薄まってるのわかる気がします。

    今田美桜ちゃんもひっぱりどこですね。

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      「今日俺」、興行成績が良いみたいですね・
      日本アカデミー賞にノミネートされたりするんでしょうか。
      ちょっと怖いです(苦笑)

      永野芽郁ちゃんと中川大志君はホント、福田色を緩和してくれていると思います。
      だから見ていられる。
      設定は突飛かもしれないですが、そこまで珍しいわけでもないし。
      ここからどう展開するんですかねぇ。