『おかえりモネ』 第18回 感想~返済こそ正義

スポンサーリンク

第18回(第4週)「みーちゃんとカキ」

あらすじはコチラ→

ガイド本

本土で耕治と新次が対面。
二人で飲むことに。
耕治は新次いはわだかまりがある。
別れ際、雨がまだ降っているからと折りたたみ傘を渡す耕治に
「お前は用意が良いな。」
と新次。
銀行員だから当然か・・・と皮肉っぽく笑って立ち去る

みーちゃんのカキ棚のカキをあげるため雨の中船を出した龍己が怪我をした。
みーちゃんに亜哉子が説教。
暗くなる前に船を出さなければいけなかった。
おじいちゃんはもう暗い海に船を出すことはないのだから。
おじいちゃんに手伝って貰わないと何もできないのだから・・・。
じいちゃんは亜哉子を止める
「たかが高校生の自由研究なんだから。」
その言葉にカッチーンときたみーちゃん。
たかが高校生の自由研究ではない。
地場採苗をしなければ、気仙沼のカキは滅びるかもしれない。
もっと本気で手伝って欲しい。




耕治が龍己とみーちゃんの間に入る。
震災から3年。
やっとおじいちゃんのカキは軌道にのりつつある。
だけど全てが元通りに戻ったわけではない。
金銭的にもみーちゃんの研究を支えられない。
するとみーちゃんは耕治を攻める
「お父さんはお金のことばかり。
さすが銀行員。」
論理立てて反論できないようにするだけど・・・
「りょーちんの家も大変だったのに返済をせまった!」←おお!それか!
亜哉子が
「いい加減にしなさい!」
と止める修羅場。
モネが登米で耕治が作った笛を鳴らして、場を和らげる。
お腹が空いたからはっと汁と作ろう。
みんなで作ろう。
みーちゃんは一人台所に入ってこなかったがモネが声をかけた
「みーちゃんも手伝って」
みーちゃんは耕治と龍己のそばにいき
「ごめんなさい。」
と謝るのだった。



耕治と新次の会話から情報が小出し過ぎて何があってんっと思ったけど、ラスト近くでみーちゃんが答えてくれました。
震災のとき、耕治は大変だっただろうな。
銀行員ではあるが、実家は漁業だし・・・。
板挟みはえげつなかっただろうな。
それでも耕治が島に住んでいられるんだから・・・そんなに悪いことはしていないと思うんだけど。
漁師、全員、敵に回したら・・・あの島に住み続けることは出来なかったと思う。
りょーちんの家は自宅も船も多分母ちゃんも失ったけど、役に立てなくて後ろめたいと思っているんだろうか。
「返済が正義!」
ってキツいことをいうみーちゃん。

みーちゃん、青臭さ全開で高校生らしい。
まだまだ問題は山積だ。
いたたまれなくなったモネがその場をおさめたけど、何も解決していない。
耕治もみーちゃんも素直に謝っていたけど、ワタシがみーちゃんなら、あの笛にイラッとするわ(苦笑)
今週はみーちゃんが主役だけどみーちゃんがヒロインだったら、辛かったかも。
みーちゃんは間違ったことはしていないけど・・・・じーちゃんだって「高校生の自由研究で足を捻っただけだから、そんなに攻めないで」とフォローしただけだったと思うんだけどなぁ。
焦ってんのかねぇ。みーちゃん。
だけど祖父に手伝って貰うより、学校を巻き込んでいくほうがメディアにも取り上げられると思うしさ。
賢い子だから・・・きっと自分で切り開くと思うんだけどな。

モネは父を見て音楽を。
みーちゃんは祖父をみて漁業を?
今日は内容が濃かったなぁ。



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「おかえりモネ」感想はコチラ→

BUMP OF CHICKEN「なないろ」

キャスト
永浦百音(清原果那)
永浦耕治(内野聖陽)
永浦亜哉子(鈴木京香)
永浦未知(蒔田彩珠)
永浦龍己(藤竜也)
新田サヤカ(夏木マリ)
菅波光太郎(坂口健太郎)
佐々木翔洋(浜野謙太)
川久保博史(でんでん)
朝岡覚(西島秀俊)
及川亮(永瀬廉)
後藤三生(前田航基)
野村明日美(恒松祐里)
早坂悠人(高田彪我)
及川新次(浅野忠信)
語り/永浦雅代(竹下景子)

コメント

  1. ネイティブ関西弁 より:

    たろたろさん、こんにちは。

    おかえりモネ、ロケシーン満載で、なんとも贅沢で清々しい気持ちになります。

    朝ドラって、妙にテンションが高くなったり変なノリのやり取りがあったり、いかにも「コミカルな演出してみました!」みたいなシーンがよく入るのですが、私は割とそれが苦手で(^_^;)不自然なので・・・

    今作は、そういう取って付けたような箇所が少なくて、落ち着いて見ていられます。演出がナチュラルというか。

    耕治は多分、新次に返済を迫ったのではなく、そもそもの融資を断ったのではないかと思います。返済は無理だと判断したのでしょうね・・・

    だから新治は船を買えず、かといって「今更人の船に乗れっかよ」・・・

    支える息子が健気で、なんともいえないです。

    そして主人公。常に少し顎を上げ気味で、目はやや虚ろなモネ、彼女の目にいつ力が宿るのか、楽しみです。

    • tarotarotarotaro より:

      ネイティブ関西弁さん、コメントありがとうございます。

      毎朝、贅沢なロケーションを見せて貰えてますよねぇ。
      海、空、とっても素敵です~。
      そこに透明感が半端ない清原さんがマッチしすぎて、ヒーリング効果絶大w
      ナチュラルですよね。
      姉妹の会話なんてホントにナチュラルすぎて、ほんとの姉妹かな?って思うほど。
      耕治と新次の関係は・・・親友というか幼なじみだったんでしょうけど・・・ビジネスとしてはもう・・・。
      モネが死産にならずにすんだのは新次のおかげであるんでしょうけど。
      当時は教員だったはずの身重なお母さんがなぜ島にいたのか・・・そこは気になります。
      融資しなかったので船に乗れない・・それは辛いんですが。
      プライドもあるんでしょうけど。
      奥さんも亡くなったのかなと思いますし。
      なかなか辛いものがありますね。

      でも来週は前向きなモネを見られそうです。
      もちろんすぐにうまくいくはずもないけれど、ひたむきなモネの姿は楽しみです!