『おちょやん』 第34回 感想~千代、失恋。

スポンサーリンク

第34回(第7週)「好きになれてよかった」

あらすじはコチラ→

小暮への恋心を確信した千代。
普通に接することができないが、小暮から一平が劇団を解散し、鶴亀社長のもと脚本家の勉強をしていると知り驚く。
一平の様子を見に行くと・・・スランプ。←一平の人生でスランプでなかったことがない(苦笑)
二人はいつものように口げんか。

そんな時、「太陽の女・カルメン」の撮影。現場から抜け出した高城百合子と鉢合わせた千代。
助監督らが探すなか、高城百合子をかくまう。
「こんなこと前にもあったわね。」
やっと千代のことを思い出した高城百合子。
使っていないセットの中で、千代は高城百合子に自分がやりたいことをやるべきだと言われ、今に至ることを話す。
「全く覚えて無いわ
でもそれを実現できるなんで素晴らしいことよ
私が見込んだだけのことある
覚えて無いけど。」
いつか高城百合子のような主演をはれる役者になりたいという千代に良い役貰えるように所長にごり押しすると言い出す高城百合子。
そんなことをしたら嫉妬されてしまうと千代が答えると
「使えるものは何でも使いなさい。」
この世界でトップになるにはそれくらいのことが必要。
嫉妬する奴らも黙らせる。
誰に何を言われようと自分だけはゼッタイに騙しちゃダメ
自分に正直にならないと良い役者にはなれない。
「私達は自由なのよ!」



そこに小暮がやってきた。
小暮は千代にめもくれず高城百合子に戻って欲しいと言う。
「自分に嘘がつけない」
と言う高城百合子に、それならば監督にきちんと話をしましょうと小暮。
高城百合子は千代に
「またね」
と言って立ち去る。
小暮は千代に少し微笑み後を追う。

しかし高城百合子は相手役と一緒に駆け落ちし現場放棄した。
映画は撮り直しをすることに。
不満タラタラなスタッフが高城百合子に言いたい放題。←ま、当然か
小暮はたままらず
「高城さんはそんな人じゃない!」
と怒鳴る。
殴られた小暮を励まそうとする千代だが、他の助監督にそっとしておくように言われてしまう。
小暮は高城百合子を好きだったのだ。
「太陽の女・カルメン」を新キャストには千代が大抜擢された。
それは百合子の置き土産だった。


きちんと降板したならともかく、相手役と一緒に逃げた女優が置き土産を置いていけるもんか?
この駆け落ちには偉いさんも絡んでいたの?
千代は完全に失恋。
だけど夫に逃げられた役はできるんじゃない?
こうして女優として大きくなっていくのかもしれないけど・・・。
置き土産が都合良すぎてw

前監督の村川は、
「俺のせいだ。高城百合子の本性をだそうとして厳しくしすぎた」
と言っていたけれど、なんなんそれ。
最初からそのつもりなら、もうちょっとやりようがあったのに。
ただ単に高城百合子のお芝居が悪いんやと思ってた。
ヘタレな監督過ぎて驚く。
朝ドラって脇役に個性的な人が多く、そこからブレイクすることも少なくないけど。。。。
今のところ、魅力的な脇役がいないのが残念。

千代と高城百合子の再会。
千代のことを一目で思い出せない高城だったが、千代の存在だけは覚えていたよう・・・。
井川遥さんは杉咲花ちゃんに引っ張られていたようだなぁ。
完全に食われてしまったようだ。
なんなら関西弁にちょっとだけ引っ張られたみたい。
杉咲花ちゃんとお芝居する人は大変だなぁ

「おちょやん」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:「泣き笑いのエピソード」秦 基博

キャスト
竹井千代(杉咲花/幼少期:毎田暖乃)
宮元潔(西村和彦)
若崎洋子(阿部純子)
宇野真理(吉川愛)
岡田シズ(篠原涼子)
天海一平(成田凌/幼少期 中須翔真)
高城百合子(井川遙)
竹井テルヲ(トータス松本)
守屋(渋谷天外)
片金平八(六角精児)
小暮真治(若葉竜也)

語り/黒衣・桂吉弥

コメント