「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」 第2話 ネタバレ感想~オタクも米津もディスってる?

スポンサーリンク

「トモダチ母娘のラブストーリー!」

あらすじはコチラ→

整体師の渉(東啓介)と良い感じになったのは、空(浜辺美波)。
碧(菅野美穂)は空の初デートを応援。
自分の恋のテクニックは古くないか担当の漱石(川上洋平)に試してみる。
潤んだ瞳で漱石が落ちる??ってなとこで、漱石をまるでストーカーのように行動を追跡している沙織(福原遥)を連れて空が帰宅。
沙織は嫉妬のあまり過呼吸になり眠る。
碧は沙織に「漱石ではなく恋に振り回されているだけだよ」と忠告。
漱石は沙織のことが好きだから心配しないようにと。
空は自分も恋をしなきゃと思う。



母親世代が「オタク」を馬鹿にするのはなんとなくそんな風潮もあるのかなぁと思うけど・・・。
だけどその母親が小説家だったら違和感。
そして編集者の漱石も「あのオタクの娘さんがデート?」って驚くのも違和感だし、大学生の子が「オタク」なのを気にするのもどうかも。
漫画家になりたい。
ジャンプのトップになりたい。
そんなことを言ってバカにする人いるのかな。
オタクだから隠したいっていうより、おこがましいから言えないならわかる。
漫画家になれるのは一握りだし、トップになれるのは一粒と言って良いくらいだからさ。
ワタシだってなれるなら漫画家になりたかったわ~。
りぼんに投稿してたわ~(爆)
光(岡田健史)くん、陽キャラが圧倒的に似合っていないし・・・。
空の陰キャもなぁ。
身も蓋もないことを言うけど、浜辺美波ちゃんがどんなキャラでも、どんなに地味な格好をしても、ゼッタイ誰かが見つけてくれるよねぇ。
浜辺さんの弱点なんて滑舌だけですもの。



このドラマがバカにしているのはオタクだけではない。
米津玄師も。
浜辺美波ちゃんに「私が広瀬すずだったら」と言わせるのも、菅野美穂さんに「ワタシが井川遥だったら」って言わせるのも。
なんか、やたら実名を出すのはいかがなもんか?
ギャグ?面白いと思ってる?
実名を出された方が貰い事故みたい。

オタクって言っても、いろいろだし。
推しがいる生活は楽しいだろうし。
オタクといえばアニメや漫画って認識なんだよねぇ。
脚本家さん世代の人はとくに「大人でも楽しめるアニメ」「大人でも楽しめる漫画」「大人でも楽しめるゲーム」なんて言う人が多いけれど、アニメも漫画もゲームも子供のものではない。
偏見がありすぎる。
そして絵が上手ければ漫画家になれるわけでもない。
なぜ漫画家に絡むのか。



女優陣はみんな美しいのにみんな変キャラ。
男性陣は・・・・あの整体師のどこが良いのかわからんのだよ。
「女の子は小さいほうが可愛いよ」
なんて言うヤツ信用できないよ。
中村雅俊さんの息子が沢村一樹さんってのもなんか無理があるし。
二人とも格好良いけどねぇ。

浜辺美波ちゃんは眼鏡で地味な服着てても本当にかわいい。
ラストのデート服より地味な服のほうが可愛いくらい。
浜辺美波ちゃん、岡田健史くん、福原遥ちゃんでド直球の恋愛ドラマで良かったんじゃって思っちゃうなぁ。
ま、菅野美穂さんの相手は沢村一樹さんだろうから・・・そこらへんでベタな恋愛ドラマになるのか・・。
来週はどうしようかしら。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌:「空と青」家入レオ

感想はコチラ
「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」 第1話 ネタバレ感想~思い出す「半分、青い」
「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」 第5話 ネタバレ感想~川上洋平さん、退場?
「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」 第9話 感想~まったく理解できていない
キャスト
水無瀬碧(菅野美穂/幼少期:稲垣来泉)
水無瀬空(浜辺美波)
ゴンちゃん(沢村一樹/幼少期:宮下柚百)
橘漱石(川上洋平/Alexandros)
散英社の碧担当の編集者。
小西(有田哲平/くりぃむしちゅー)
入野光(岡田健史)
小田俊一郎(中村雅俊)
ケンタ(中川大輔)
ナオキ(大地伸永)
愛梨(長見玲亜)
伊藤沙織(福原遥)
田山(本坊元児/ソラシド)
渉周一(東啓介)
未羽(吉谷彩子)

コメント

  1. じろじろ より:

    たろたろさん、先日はコメント返しありがとうございました。
    “辛口”というのは“甘口ではない”ということで、個人的には、カレー同様、スパイスが効いていないと物足りない…
    今後ともスパイシーなコメント楽しみにしております。

    「ウチの娘…」も1話、2話ともリアタイでは見ていなかったのですが、たろたろさんのコメントを拝読して、逆に興味が湧き、見逃し配信で見てしまいました。
    ご指摘の通りオタクカルチャーに対してもそうですが、40歳を卑下するのには首を傾げます。
    40歳って、そこまで身体の老化は感じられないし、顔も素材プラスその人のそれまでの生き様等が加わって、若い時とはまた違う味わいになるのにと思います。芸能人にも歳を重ねて美しくなる方もいますよね。
    今期ドラマの「ジルバ」では、よりその傾向が強く、池脇さん、見ていて辛い(あくまでも役柄です)。

    今日から医療ものが得意なテレ朝で岡田さん脚本のドラマが始まりますね。
    あとは、明日スタートのクドカンさんのファミリーもので今期ドラマが出揃う感じでしょうか。

    たろたろさんのコメントとセットで楽しみです。

    • tarotarotarotaro より:

      じろじろさん、コメントありがとうございます。
      スパイシーなブログを目指して頑張りますw

      「ジルバ」の場合は、熟女バーの皆さんが生き生きしていて、ちょっと沈んでも人生はあかるいんじゃないか?って思えるところに救いを感じます。
      しっかし・・・このドラマは・・・とにかく選民意識みたいなものが苦手なのかなぁと。
      オタクを見下し、恋愛しない人を見下し・・・
      オタクになるのって難しいのになぁと思いますけどね。
      その上、年齢。
      年齢には誰もあらがえないのに。

      ワタシも今日のクドカン脚本ドラマ楽しみです~~!!
      長瀬智也主演の「うぬぼれ刑事」も好きだったんですよ。

  2. ミートゥ より:

    たろさんこんばんは。遅ればせながら、本年も宜しくお願いいたします。
    今回も笑かせていただきました!

    私、どうしてもあの整体師の方が…
    お化粧した大輔お兄さんに見えてしまってならない(爆)
    (注※大輔お兄さんの方が好感度は高いですw)
    親子して一目惚れするほどの、彼の良さがわかりませんw

    そしてやっぱり鼻につく北川先生独特の台詞回し…あの親子の会話に、とても違和感が(汗)
    せっかくの菅ちゃん主演なのに、北川臭が見え隠れするのが辛い。
    そしてオタクオタクと。今はそんな時代でも無いのにね。
    「チェーンソーマン」を何故かオタクの代名詞みたく扱ってましたが、普通に運動部のうちの子とか好きみたいだし、高校生にも人気あるみたいですよ。

    せっかくの俳優さんを揃えて、なんか拭いきれない痛々しさが、やっぱり北川作品なのだと思いました。
    突っ込みながらも、出演者目当てでなんとなく観てしまうかも、ですが(泣)

    • tarotarotarotaro より:

      ミートゥさん、コメントありがとうございます。
      本年もどうぞ宜しくお願いします。

      大輔お兄さんのほうが爽やかですよねw
      変顔も面白いし。
      整体師・・・背は高いけど・・・だからなに??って言う。

      親子の会話・・・キツいですよね。
      自己投影が過ぎる。
      オタクってのは、センセが若い頃とは違って多様化してますよね。
      一つのことに一生懸命になり詳しくなるのは・・・ダメなこと?とも思います。
      それに・・センセの頃とちがって、漫画やアニメなんて大人も楽しむものなのに・・・。
      オタクってひとくくりにしちゃうセンスのなさ。

      このドラマか火曜日のボス恋か・・・どちらかのリアタイを諦めようかなと思っていますが・・・。←倍速で見てもいいかもと思っているw