『おちょやん』 第28回 感想~千鳥のスパルタ発声練習

スポンサーリンク

第28回(第6週)「楽しい冒険つづけよう!」

あらすじはコチラ→

すべてのセリフを覚えている千代が主役の正ちゃん役を託された。
千鳥は猛反対するが、お客様を裏切れないと千代は引き受けた。
立ち稽古が始まる。
棒読みなのは仕方ないが、千代の声は客席まで充分に届かない。
千代は腹式呼吸もできない。
夜遅くなり、とうとう一人で練習する千代。
そこに千鳥がやってきた。
千鳥は千代が苦しむ顔を見るのが楽しいとまんじゅうを食べながら練習する千代を見る。
途中からは「もう飽きた!」と千代に腹式呼吸のスパルタ練習。
「棒読みで良いから音を響かせろ!」
なんどもなんどもダメ出しされ、とうとう本番を迎える。
見違えるように上手くなった千代。
しかし途中、小道具の探検を忘れピンチに。
山賊をやっつけてお姫様を救うはずが・・・山賊に友達になろう!とアドリブ千代。
アドリブ部分はコテコテの大阪弁。
最後には
「みんな一緒に楽しい冒険続けよう!」
と言い。
見に来ていた監督が拍手して。。。。。満場拍手の中、本番はは終わった。


本番前日、どうやってもうまく行かない千代。
遅くまで練習する千代。
とうとう一人になって、そこに千鳥がやってくるんだけど・・・。
他の座員は帰ってしまうってどういうこっちゃねん。
清子さんまで千代を放って帰るとは・・・。
やっぱり千鳥との熱が違いますなぁ。
さっさと帰ったくせに本番の前には
「だんない。千代ならできる」
って清子さん、無責任過ぎる。
しかも小道具な。
初舞台で主役を押しつけられたと言ってもいい千代なのに、小道具の用意ぐらいしたれよ。
清子さん、骨折してるだけやんか(爆)
最後のアドリブ・・・。
あれは余計だったような気がするけど、このあと効いてくるんでしょうか、
初舞台、初主役でお腹いっぱいですやん。
そこに初アドリブって・・・。
しかも筋が変わるって。
あそこは聖なる短剣でやっつけな盛り上がりには欠けると思うわ・・・。
明日からも公演は続くのに、毎回友達になる気なんやろか?



一夜漬けで演技が上手くなるのは無理。
だから千鳥は声の出し方にスポットを当てて教えてくれた。
千鳥も千代にデレてるんだろうなぁ。
なぎなたを持っての発生練習はなるほど・・・と思った。
ますます千鳥と他の座員たちの芝居への熱量を感じる。
他の座員たちが一人前になったから千鳥劇団は解散するってのはちょっと違うと思う。
この芝居が成功して、ほかの皆さんは。。。引退したほうがいいんじゃないかなぁ。
繰り返しになるけど・・・清子さん。
優しいけれど、初舞台初主演の千代に最後までつきあったらへんのはどうかと思う。
ま、清子が最後まで練習に付き合ったら、千鳥の出る幕がなくなるので仕方ないとは思うんですが。

「おちょやん」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:「泣き笑いのエピソード」秦 基博

キャスト
竹井千代(杉咲花/幼少期:毎田暖乃)
宮元潔(西村和彦)
若崎洋子(阿部純子)
宇野真理(吉川愛)
岡田シズ(篠原涼子)
天海一平(成田凌/幼少期 中須翔真)
高城百合子(井川遙)
竹井テルヲ(トータス松本)
守屋(渋谷天外)
薮内清子(映美くらら)
山村千鳥(若村麻由美)
語り/黒衣・桂吉弥

コメント